刻んで混ぜれば野菜も食べられちゃう!「2色多菜丼」【野菜嫌いの幼児食】#8

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

筆者は3歳と1歳の息子がいるのですが、パパは夏休み中ほとんど家にいないので、夏休みでも2人の子どもの育児に追われる日々……。

そんな時は、友達を家に呼んで遊ぶことが多いのですが、そうなると、子ども達とママ達のお昼ご飯を作ることもしばしば。

おもてなしというほどでもなく、時間がない中でさっと作れて、子どもも喜ぶメニューを筆者はチョイスします。

今回はそんな時のオススメのメニューをご紹介します!

▼刻んで混ぜれば野菜をたくさん食べられる!「2色多菜丼」

【材料】(幼児5人分)

合挽肉・・・300g
玉ねぎ・・・1/2
ピーマン
 赤パプリカ・・・小1/2
 黄パプリカ・・・小1/2
人参・・・小1/2
卵・・・3、4個
牛乳・・・大さじ1
ご飯・・・ 5人前

<手作りダレ>
醤油 ・・・ 50ml
みりん・・・50ml
酒・・・25ml
砂糖・・・大さじ1,5~2
水・・・60ml

※忙しい時は市販のタレを使ってもOK

焼肉のタレ・・・大さじ5くらい(味の加減は好みで)

(1)野菜をみじん切りにして、耐熱皿に入れて500w1、2分チン

(2)フライパンを熱し油を引き、合挽肉を炒める

https://pixta.jp/
出典: It Mama(イットママ)

(3)肉に火が通ったら(1)を入れて炒め、炒め終わったらタレを回し入れ、水分がなくなるまで煮る

(4)卵に牛乳を入れてよく混ぜる

(5)別のフライパンに(4)を入れて、火が通ってきたら菜ばしで混ぜて、炒り卵を作る

(6)ご飯を器に盛り、その上に半分半分になるように(3)と(5)を盛り付けたら出来上がり

《ポイント》

・みじん切りにした野菜を炒める前にレンジでチンすることで、時短にもなり、しんなりとしてお肉と混ざりやすく味もすぐ馴染む

・赤パプリカは、体の代謝を促進するため、疲労回復や冷え性の改善、ダイエットの助けにもなります(夏バテ回復!大人にも嬉しい効果)

・黄パプリカは、ビタミンCが豊富。苦味が少なく、甘みが感じられるので子どもも食べやすい野菜です

・緑ピーマンは、疲労回復、風邪予防、肌荒れ改善の助けになります

・パプリカは栄養価が高く、6~8月が旬なのでスーパーで普段より安く購入できるはず!

 

今回は子どもたちが遊びにきた時に、パパッと作れるメニューをご紹介しました。

余ったら冷凍もできるのでストックしておくのもオススメです。

子どもたちのご飯に迷ったときに、簡単にすぐに作れるご飯として、レパートリーにぜひ入れておいてくださいね。

次回は暑さで食欲のない時でも食べやすい、子どもも大好き麺メニューをご紹介します!

【画像】
※  Graphs / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

※ 旬の夏野菜、ナスで作るくるくる豚巻き【野菜嫌いの幼児食】#7

※ 夏バテにとろとろナスの夏野菜カレー!【野菜嫌いの幼児食】#6

※ 夏野菜で作る!子どもが喜ぶ「じゃが餅」レシピ【野菜嫌いの幼児食】#5

※ 「日本製=安全」とはいいきれない!? 赤ちゃんのアイテム選び、本当に安心なのは?[PR]

【野菜ソムリエ監修】野菜を安心・安全に食べたい!ママ達が使っているものとは?[PR]

※ ビューティセラピストママ伝授!産後のシミケアのために今すぐできること[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

LINEで送る