8月1日は「世界母乳の日」!生後1時間以内の授乳で生存率が3倍に…!?

source:https://pixta.jp

8月1日は“世界母乳の日”だということをご存じですか?

また、8月1日~7日を“世界母乳週間”と言うそうです。

筆者は今年第2子を出産し育児中ですが、幸いにも、産後すぐから現在まで母乳の出はとても良いので“完全母乳”で育てています。

そのおかげなのかは定かではありませんが、第1子の時も周りのお友だちの子どもに比べると風邪を引くことが少なく、両親が風邪をひいていてもめったに移らずにいるので、免疫は高いのかな?と感じています。

もちろんミルクで育てた場合にも健康にすくすく育つ子もたくさんいますが、今日はせっかくの母乳の日なので、母乳のメリットや、何でも気軽に相談できる“母乳110番”などについてご紹介します。

▼生後1時間以内の授乳は「生存率が3倍」に!?

セーブ・ザ・チルドレンの報告によると、生後1時間以内に“初乳”を与えることで、赤ちゃんの免疫システムが機能し、生存率が最大3倍になるということが分かっています。(※1)

日本のように設備などが整った環境ですと、赤ちゃんがきちんと生きられるかという問題はあまり深刻ではないのかもしれませんが、途上国では話は別です。

とは言え、環境の整った日本でも同じように、赤ちゃんの免疫機能は高い方がその後も風邪や病気に強くなりますから、可能な限り1時間以内の授乳は試みたいものですね。

 

▼頼もしいママの味方「母乳110番」ってなに?

母乳110番とは、「よこはま自然育児の会」を母体に1992年から始まった、先輩ママスタッフによるボランティアの電話相談のこと。(※2)

妊娠中や育児中の母親に向けて、母乳、混合栄養、ミルクの話や、離乳食、卒乳など様々な疑問に、答えてくれるそうです。

出産後、入院中は常に助産師さんがそばにいて、毎日毎日「母乳出てますか?」「困ったことない?」などと細かくケアしてもらえますが、退院したその日からママは家で1人、母乳との格闘ですよね。

「乳首が痛すぎてもう無理!」「母乳が本当に出ているのか不安」「おっぱいをあげても泣き止まない」など、初めての育児で右も左も分からず、相談する人も身近にいないといったママは、このような団体の先輩ママに気軽に相談してみてください。

母乳の出を良くするにはまずは初乳を産後すぐにあげること。

産院の助産師さんや実のお母さんが身近にいたら、母乳についてすぐに相談できますが、それが難しい場合は「母乳110番」などの団体に相談してみましょう。

不安やストレスは母乳の出にも影響するはずです。

 

▼イライラを減らして!母乳の出が悪い時の「ストレス緩和術」

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

母乳の出を良くするには食事ももちろん大事ですが、ママの“精神状態”も重要です。

どうやっても赤ちゃんが泣き止まない時など、つい頭に血が上って“きーッ!”となってしまうような状態が誰しもあるかと思います。

そんな時は、心が爆発する前に、赤ちゃんを安全な場所(ベビーベッドなど)に置いて、スマホを持ち1度トイレに行きましょう。

そして産まれた瞬間の写真をもう1度見てください。「あーこんなに小さかったっけ?」「陣痛辛かったけど産まれたらそんな痛み忘れたな」etc…たくさんの感動的な思い出を振り返ることで、今の辛さも一時和らぐはずです。

5分以内に赤ちゃんのもとに戻って顔をみると、その時はきっと少し心が落ち着いて「産まれてきてくれてありがとう」と素直に言えるのではないでしょうか。

●緊張を手放す呼吸法

また、赤ちゃんが寝て静かになった時には、ママも静かに座り深呼吸をしてみてください。目を閉じて、背筋を伸ばし、息を深く吸ったら、吐くときに余分な身体の緊張を手放します。

それを1分でも良いので毎日取り入れてみてください。呼吸が深くなり、身体の緊張も緩んでくると、心も穏やかになります。

 

いかがでしたか?

ストレスが限界になりそうな時には、パパに相談して育休を取ってもらうのも1つの方法かもしれませんね。

(2016年8月1日の記事を再掲載しています)

 

※1 生後1時間以内の授乳で赤ちゃんの生存率が最大3倍に – セーブ・ザ・チルドレン
※2 母乳110番 – よこはま自然育児の会
※ Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)、EpicStockMedia / Shutterstock

【関連記事】

いつまでも完全母乳は問題なの? 赤ちゃんの「脳の発達」と離乳食との関係性

「冷凍母乳」はどうやって飲ませる?正しい解凍方法とは

搾乳した母乳の保存方法と、最適な保存期間は?

※ 「日本製=安全」とはいいきれない!? 赤ちゃんのアイテム選び、本当に安心なのは?[PR]

【野菜ソムリエ監修】野菜を安心・安全に食べたい!ママ達が使っているものとは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

LINEで送る