夏野菜が食べられる!栄養満点お弁当レシピ【野菜嫌いの幼児食】#3

photo by author

夏野菜が美味しそうに実り出しましたね。筆者の息子の保育園の送り迎えで毎日通る畑には、ナス、トマト、きゅうりが植わっています。

日に日に赤くなるトマトを見て嬉しそうな3歳の息子。そんな息子ですが、困ったことに野菜が大好きなわけではありません。日によって食べる野菜もあれば、絶対に食べないものもあります。

今回は旬な夏野菜を沢山食べて欲しい!という願いを込めて、お弁当メニューを考えましたのでご紹介します。

▼1:夏野菜が沢山食べられる!「スコッチ夏ベジタブル」

photo by author

【材料】(10個分)
牛豚合挽き肉・・・・250~300g
玉ねぎ・・・・1/2
ミニトマト・・・・5、6個
オクラ・・・・3本
ウズラの卵 水煮・・・・6つ
・・・・1つ
パン粉・・・・大さじ3
牛乳・・・・50cc
塩胡椒・・・・少々
ナツメグ・・・・お好みで
<A>
ケチャップ・・・・大さじ2
・ウスターソース・・・・大さじ2
または、
・醤油、みりん、酒、蜂蜜 ・・・・各大さじ1

(1)玉ねぎをみじん切りにして、レンジに1分かける

(2)合挽き肉に(1)を入れ、牛乳、パン粉、卵、ナツメグ、塩胡椒を加えよく混ぜる

(3)オクラを茹でて、2cm幅に切る

(4)ウズラの卵、ミニトマト、オクラを同じ大きさになるように(2)で包む

(オクラは切れ目のことを考え、少し俵形にするとわかりやすいですよ)

(5)フライパンを熱し、油をひき(4)を焼く。

コロコロと転がして全体に焼き目がついたら、蒸し焼きにする

(6)混ぜ合わせたA、またはBを回し入れて味をなじませたら出来上がり

photo by author

<ポイント>

・夏野菜いであるミニトマト、オクラを摂取!

・切ると見た目が可愛いです。おうちで食べるときは、切らずに何を入っているか当ててもらうのもいいでしょう。知らないうちに嫌いな野菜が食べられているということも。

 

▼2:焼きとうもろこし

photo by author

【材料】
・とうもろこし
<A>
・みりん、醤油・・・・各大さじ1

(1)とうもろこしを塩茹でする

(2)フライパンを熱して、油をひく

(3)Aを刷毛で塗りながら焼く

(4)焼き色がついたら、フライパンから取り出す。食べやすいように削ぎ切りにする。

<ポイント>

photo by author

・夏野菜の一つとうもろこしでエネルギー補給

・とうもろこしの胚芽部分には、ビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い野菜で夏バテ予防にもなるそうです。(※1)

・食べやすく切ることで、歯に挟まったり、手が汚れたりするのを防ぐ

 

▼3:ツナとコーンの炊き込みご飯

photo by author

【材料】
・・・・2合
ツナ・・・・1缶
コーン・・・・1/2缶
白だし・・・・大さじ4杯
醤油・・・・小さじ1

(1)米を研ぎ、白だし、醤油を入れ、2合分の目盛りまでお水を入れる

(2)ツナ、コーンを入れ炊いたら出来上がり

<ポイント>

・エネルギー補給で疲労回復

・つぶつぶイエローで色合いアップ

・すりおろした人参や、きのこ類を入れるとさらに栄養充実です!

 

今回は野菜嫌いっ子のためのお弁当メニューを考えてみました。

夏野菜は色合いもビビットで綺麗ですし、旬な野菜だけに栄養も抜群!

どうせ作るなら、フタを開けた瞬間、食べる意欲を掻き立て、笑顔になるようなお弁当を作りたいですね。ぜひお試しください。

 

【画像】
 画像著者撮影
※1 とうもろこしの基本情報 – キユーピー

【関連記事】

「朝食に野菜が摂れる!」簡単おかずレシピ4つ【野菜嫌いの幼児食】#2

※ お弁当が傷みやすい温度は?「気をつけたい定番おかず」3つ

※ 野菜嫌いにしない!栄養バランス満点「幼児食おかずレシピ」5つ

※ 噂の「Clova Friends」を徹底調査!超便利な活用テクニックとは?[PR]

※ 一足お先に「フェイラー」の新作をチェック♡ 2018年秋・冬のイチオシ5選[PR]

※ 「野菜の味」以外にも理由があった!子どもの野菜嫌いの原因&克服方法[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る