パパ・ママになっても「仲良し夫婦の秘訣」は!? タケト×ゴロー パパ対談 #01

Photo by It Mama

It Mamaでは過去に2回、芸歴21年の“よしもと芸人”でありながら育児系の資格を7つも保有し、各地でママ・パパに向けた講演なども行っているタケトさんのインタビューをお送りしました。

第3~6回は、6歳の女の子のパパであるタケトさんと、It Mamaライターで3歳の男の子のパパである村橋ゴローさんとの対談の様子をお届けします。村橋さんは過去に千原ジュニアさんや田村淳さんなど、よしもと芸人の連載構成を手掛けたことがあり、タケトさんとも過去にお仕事を一緒にされているそうです。

今回は、奥様と仲良しのタケトさんと、“兼業主夫”としてフルタイムで働く奥様を支えるゴローさんに聞いた「夫婦円満の秘訣」をご紹介します!

【連載目次】
【1】タケトさん✕ママ対談 「ベビーサインって難しい?」
【2】タケトさん✕ママ対談 「児童館での困ったこと…ママVSパパ !?」
【3】タケトさん✕パパ対談 「夫婦円満の秘訣は…あいさつ!?」★今回のテーマ
【4】タケトさん✕パパ対談 「不妊治療を経て…夫婦でどのように乗り越えてきた?」

【5】タケトさん✕パパ対談 「パパとしての自覚が芽生えたのはいつ?」
【6】タケトさん✕パパ対談 「娘はNo1キャバ嬢!? つい尽くしてしまうパパの気持ち」

▼結婚後10数年…「パパ・ママ」になって夫婦関係は変わった? 

タケトさんは結婚12年目、ゴローさんは13年目。そんなお2人に子どもが生まれて“パパとママ”になってからの夫婦の変化について語っていただきました。

タケト:僕は結婚12年目ですが、20歳頃から同棲しているので一緒に住み始めてからはもう22年目です。妻とは、“人生の半分”くらい一緒にいるかも!

ゴロー:長いですね~! 父親になってから夫婦関係に変化はありました?

タケト:これといって特に変わらない気がします。お笑い芸人という職業なので、収入や仕事のペースは不安定ですし、営業で地方に行っていていないことも多い僕と一緒にいてくれる妻は尊敬できる存在です。

ゴロー:そうですよね。子どもが産まれてから、僕の奥さんは“産後うつ”になるなどちょっとだけ大変な時期があったのですが、それさえ乗り越えたら以前と変わらずに接することができるようになりました。

 

▼夫婦円満の秘訣は「挨拶」!? タケトさんに教わる夫婦のコミュニケーション術

大学に招かれ、コミュニケーション術の講義を行うほどだというタケトさん。そんなタケトさんに夫婦円満の秘訣を聞いてみました。

ゴロー:夫婦円満の秘訣、ってあると思いますか?

タケト:“挨拶”だと思いますね。自分自身、毎日元気に明るく「行ってきます」・「ただいま」・「いただきます」を言うようにしています。あとはちょっと物を取ってもらった時には明るく「ありがとう」って伝えるようにしています。毎日のそういった挨拶をすることで、長年大きな問題もなく過ごせている気がするかなあ。

ゴロー:僕はそういった挨拶は、なんだか恥ずかしくて言えないですね……。

タケト:どうして!? それは言ったほうが良いよ!(笑)

ゴロー:でも、妻は言っていますね。朝起きたら「おはよう!」って明るく挨拶してくれるんです。でも僕は「うぃ~っす」って。他にも「行ってきます」「うぃ~っす」、「ただいま」「うぃ~っす」みたいに……。(笑)

タケト:僕は自分の子が挨拶だけはきちんとできる子になってくれればいいって思っているんです。なので心がけています。最近は“普通”に挨拶できない大人って多いと感じますし……。

Photo by It Mama

(ゴローさんの方をチラッと見るタケトさん)

例えば、デパートなどのエレベーターでボタンを押して待っている時に、子どもは「すみません!」「ありがとう!」と僕に言うのに、大人は何も言わずに降りていきます。

子どもの保育園や幼稚園参観に行った時に、挨拶しても反応がない親が多くて。逆に子ども達の方が、こっちから声をかけなくても「こんにちは~!」って元気に挨拶してきますよ。

……ちょっと話が脱線しちゃいましたが、夫婦関係は“最低限の挨拶だけ”していれば大丈夫だと思う。それくらい挨拶を大事にしていると良いですね。

 

▼仲良し夫婦がやっていることは?

ゴロー:奥さんは、平日の朝から晩までずっと仕事なので、土日の朝くらいはゆっくり寝ていられるようにしますね。僕が子どもと一緒に公園に出かけたり、たまにだけど土曜日にホテルを予約してあげて“一人の時間”を過ごせるようにしてあげたりしているかな。

タケト:すごい優しいじゃないですか! 僕は普段恥ずかしくて言えないような事を間接的に伝えていますよ。「ママの作ったご飯おいしいね~」とか「ママ、髪の毛切って可愛くなったね~」とかを子どもと話している時に間接的に褒めますね(笑)子どもが生まれてからできるようになったワザです。

ゴロー:僕、奥さんから「今のあなたが一番好き」って言われるんですよ。

タケト:え、毎回ですか!?

ゴロー:そう、毎回。「今のあなたが一番好き」って言ってくれるし、チューも向こうからしてくれますし、気を遣ってもらっているのかなあ。

タケト:それって、安室奈美恵さんみたいな存在だ。(笑)だって、いつでも“その時”が一番輝いているじゃないですか……。そう言われるって本当に凄いことだと思います。最高ですね!

 

▼奥さんには敵わないと思う瞬間 

これだけ仲良しご夫婦のおふたりでも、やっぱり「奥さんには敵わない!」と思う瞬間があるようです。

ゴロータケト:子どもがいるとどうしても男性は「おっぱい」には敵わないですね……。

ゴロー:ライターとして執筆の仕事をやりつつ、家事や育児をやっていますけど、結局おっぱいだけは敵いませんね。

タケト:それは主夫であるゴローさんが言うから重みがありますけどね。僕みたいなパパは誰もが1回は思うと思います。家事・育児をどれだけやっても、ママ(おっぱい)には敵わないですね。それだけ、ママのお腹の中にいた事実はスゴイことなんだなあ……。

でも、このパパの「おっぱいがあったらな~発言」はママの怒りポイントだそうですよ。

タケトさんの育児ブログでは、他にも一般の方から寄せられた“妻が怒る、夫の失言”がイラスト付きでたくさん紹介されています。旦那さんにぜひ呼んでおいて欲しいほど、リアルな日常が描かれていますよ!

出典:妻が怒る、夫の失言(タケト公式LINEブログ)

人生の半分ほど一緒にいる奥さんとの円満の秘訣は“挨拶”だと語るタケトさん。

確かに、夫婦生活が長くなってくると一緒にいることが当たり前になり、当たり前なはずの挨拶もないがしろになりがち。

「そういえば、最近、挨拶が適当だったかも……。」と心当たりがある方は、タケトさん流夫婦円満の秘訣をマネしてみては?

次回はおふたりが経験した「不妊治療」に関して、語っていただきます。お楽しみに!

(2018年6月29日 金曜日 配信予定です。)

 

【参考】
タケトさん公式ブログはこちら
タケトさんのイラスト満載!育児用Instagramはこちら
※ 中道あすかのブログ「~オシャレ子育てDIARY~」はこちら
※ 村橋ゴローの人気連載はこちら

【関連記事】

※ ベビーサインで育児がラクになる!? 育児系資格を7つ持つ芸人・タケトの子育て #01

※ 授乳中のママへ物申す!?「育児系資格を7つ持つ」芸人・タケトの子育て #02

※ 【ツレが産後ウツになりまして】第3回:おっぱいが出ない!沈みゆく妻<前編>

※ 噂の「Clova Friends」を徹底調査!超便利な活用テクニックとは?[PR]

※ 妊婦・子どものことも考えて!ママがパパの禁煙を成功させるコツ[PR]

※ 「野菜の味」以外にも理由があった!子どもの野菜嫌いの原因&克服方法[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る