2歳「お友達にやられっぱなしの子」の親ができるコトって?

source:http://www.shutterstock.com/

筆者には4人の子どもがいます。3女は2歳の時に、毎日お友達の男の子につねられ、泣かされるという経験をしました。

そのときの筆者の対応を思い出しながら、わが子が“やられっぱなし”のときに、親はどんなことをしたらいいかを考えてみたいと思います。

▼Nくん2歳、人を見てつねる

Nくんは三女と誕生日も数日違いの同い年の男の子。2人が2歳だったある時期、毎日のように遊ぶ関係でした。

しかし、遊び始めてから少し経った後に必ず、Nくんにつねられた三女の泣き声が聞こえるのが常でした。三女はつねられても、やり返しもしないし、怒りもしません。ただ泣くだけだったのです。

Nくんのお母さんも、私も、何度Nくんに働きかけたか分かりません。怒っても、諭しても、脅しても、泣き落としても、お願いしても、何をしてもNくんは三女をつねり続けました。

一方で、一緒に遊んでいた長女と次女に対しては、「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と低姿勢。Nくんの賢さがよく分かります。

ところが三女は、Nくんが大好きでした。その光景は、見ている大人が不思議になるくらいでした。

Nくんがポイポイと投げるおもちゃを拾い集め、Nくんが玄関に出れば靴を揃えて履くのをお手伝い。そしてしばらくすると、つねられてギャーと泣く……。

 

▼Nくんママに筆者が伝えたこと

“やられる側の方が、やる側よりずっといい”というのは、4子それぞれの友だち関係で何かがあるたびに、思うことです。

source:http://www.shutterstock.com/

やられる側にいるわが子を見るのは、もちろん心が痛みます。でも、やる側にいる子の親は、いたたまれません。わが子がよその子を傷つけている。想像するだに、申し訳なさで縮こまってしまいます。

ですから、筆者はNくんのママに、何度も言ったような気がします。

これはそんなに長くは続かないと思う。三女は、自分でこの状態をどうにかしなければいけない、だから出来るだけ大人は見守る姿勢でいたい。Nくんを止めないでほしい、Nくんママも、気にしないでほしい、というようなことを。

そしてある日、それまでただただ泣くだけだった三女が日突然、ばん!とNくんを叩き返したのです。

華奢なNくんと、がっちりとした三女。勝敗は明らかでした。そしてそれを機に、面白いくらい2人の関係が変わりました。

簡単に言うと、Nくんが三女に一目置くようになったというような感じです。

 

▼子どものケンカを見守るときに、大人が意識した方がいいこと

現代は核家族化が進み、公園で未収園児が3人遊んでいたら、3人のお母さんが監視しているような状況が当たり前です。

そんな状況では、子ども同士のケンカは未然に止められてしまいます。問題が起こらず、大人は楽でかもしれません。

ですが、子ども同士で関わりあうことでしか、育たない部分についてはどうでしょうか。誰もその埋め合わせをすることは出来ません。

三女の例で言うと、Nくんとの関わりから彼女は、“イヤなときはそれを表明する必要がある”という学びを得ました。それは親や、優しい姉達から教えられることではないのです。

特に、やった、やられたのやりあいは、子どもが小さければ小さいほど、力は強くないので危険性も低いです。筆者は親がある程度この時期の子どものケンカを見守ることは必要に思います。

そのために、次のことを意識する必要がありそうです。

source:http://www.shutterstock.com/

(1)危なくないように見守るに徹する

子ども同士のいざこざを止めたくなるのは、大人自身が面倒に巻き込まれたくないからです。危なくないように見守るに徹し、子どもの育ちに責任を持ちましょう。

(2)子どもの能力を信じる

どんなに小さな子でも、自分の好き嫌いは分かります。それを、となりの同じような年代の相手に伝える練習こそが、コミュニケーション能力を育みます。小さいなりに試行錯誤するものです。子どもの能力を信じてみてくださいね。

(3)相手の親との連携を

いくら子ども同士での育ち合いが大切とはいえ、世の中には色んな親がいます。ですが、どの親も大元の考えは共通しています。それは、子どもを大切に思っていること。

もし、子どものケンカを止めてしまう対応をしていたら、「一緒に見守ってみませんか?」と一度提案してはどうでしょうか。

 

小さい頃は陰湿ないじめなど存在しません。そこにあるのは、個性の違いだけです。思う存分関わらせてあげてくださいね。

 

▼画像
※  AlohaHawaii、 Tyler Olson /Shutterstock

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥かく!? 「育ちが悪い」と思われるNG行動6つ

※ 成長を妨げる!? ネガティブな子育てスタイルとママのNG行動3つ

※ 親が子どもを叩く→「お友達を叩く子になる」!?

※ 噂の「Clova Friends」を徹底調査!超便利な活用テクニックとは?[PR]

※ 妊婦・子どものことも考えて!ママがパパの禁煙を成功させるコツ[PR]

※ 「野菜の味」以外にも理由があった!子どもの野菜嫌いの原因&克服方法[PR]

 

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る