お産の進みをサポート!陣痛中にできる「エネルギーチャージ」法

source:https://www.shutterstock.com/

出産は、エネルギーを大量消耗するほど、ママの気力も体力も消費します。

そのため、ママが陣痛中に「エネルギーチャージ」を心がけて行動することが大切だと筆者は思います。

今回は、助産師である筆者が、陣痛が始まってからぜひ妊婦さんに実践してもらいたい、お産の進みを助ける「エネルギーチャージ」方法についてこれまでの経験をもとにお話していきます。

▼ママができる!お産を進める「エネルギーチャージ」方法とは?

(1)水分補給、食事の摂取でエネルギーチャージ! 

お産の最中に、特に医師から制限がなければ、適宜水分補給をしましょう。

お産の入院グッズの中に、500mlのペットボトルで2~3本お茶やお水など準備しておきたいですね。

陣痛中はペットボトルからは直接飲みずらいこともあるので、ストロー付きキャップなどをつけておくと飲みやすいですよ。

ピップベビー ストローキャップ 本体 飛び出すストロー ボトルでチュー N 沸騰消毒ができて衛生的
source:https://www.amazon.co.jp

人によって陣痛中に吐き気で食事が食べれないこともあります。食べられるときに食事をして、体力も温存しておきましょう。

固形物が気持ち悪くて食べられない方もいるので、手軽に食べられるゼリータイプの栄養補助食品などの準備もオススメです。

森永製菓 ウイダーinゼリー エネルギー 180g
source:https://www.amazon.co.jp

また、自分の好きなものを準備しておくと陣痛を乗り切るモチベーションアップにつながりますよ。

著者自身、お産の時は、大好きな高級チョコを用意して、陣痛中に食べました。

お産が進むごとにチョコを食べ、それを楽しみに陣痛を乗り切った思い出があります。

陣痛中のお楽しみをとっておくのも、お産を乗り切るためのモチベーションアップに繋がりますよ。

 

(2)リラックスしてエネルギーチャージ!

自分がリラックスできる環境をお産の最中も整えてみることで、体も心もリラックスして、お産のスムーズな進行にも繋がっていくと著者は考えています。

普段から自分はどんな状態だとリラックスできるのかを事前にリーサーチしてみましょう。

好きな音楽を聴いたり、好きな香りのアロマを使用したり、誰が一緒だとリラックスできるのか?一人の方がリラックスできるかなど。

著者の助産師経験では、お産の時に気持ちを高めるために、プロレスのテーマソングをかけている方もいましたよ。一方、自分の世界に入るため、目を閉じて瞑想している方もいたり、皆さんお産の時の過ごし方は様々でした。

事前に助産師やお産に立ち会う家族と相談して、バースプランにご自身のリラックス法を書き、準備しておくのも良いですね。

 

(3)からだを温めてエネルギーチャージ!

妊娠後期の冷え性が分娩に与える影響の研究では、冷え性である妊婦の

早産発生率は約3.4倍

微弱陣痛は約2倍

遷延分娩は約2.44倍

前期破水は約1.7倍

妊娠後期の冷え性と、早産、前期破水、微弱陣痛、遷延分娩の発生率との間に因果関係があることが推測されました。(※1)

冷えの改善のために体を温めることで、陣痛の増強、ママの体の緊張がとれ、子宮口の開大や分娩の進行が促されると著者自身の助産師経験からも感じています。

破水などしておらず、医師や助産師の許可があれば、余裕のある時にお風呂でからだをゆっくり温めるリラックスをオススメします。入浴ができない時は足湯をするのも良いですね。

入院すると病院では、火が使えないのですが、火を使わないお灸『せんねん灸太陽を安産のつぼと言われている「三陰交」に貼ってみても良いですね。

せんねん灸太陽 火を使わないお灸 12コ入
source:https://www.amazon.co.jp

著者が大学病院で助産師として勤務していたときは、売店にこちらの太陽灸を置いてもらい、陣痛が始まった妊婦さんに三陰交にお灸をしてもらっていました。

三陰交とツボの位置などは『安産のツボを試して!助産師オススメ「妊婦のお灸」実践方法』にありますので、詳しくは本コラムをご覧ください。

 

(4)姿勢と呼吸でエネルギーチャージ!

お産は初産婦さんの場合は特に長期戦になります。

ベッドの上でじっと痛みに耐え過ごすのではなく、妊婦さんが自由に動けるようにすることは苦痛を軽減し,結果として麻酔薬や鎮痛薬の使用を減らすことができると報告があります。(※2)

医師や助産師の許可があれば、お産中も歩いたり、できるだけ体を動かす様にすると良いでしょう。

姿勢も立ったり座ったり、あぐらをかいたり、四つんばいになったり、自分が楽だと感じる姿勢をとる様にしてみましょう。

そして、姿勢とともに重要となるのが“呼吸”です。

陣痛がくると多くの妊婦さんは緊張して力が入ってしまい、呼吸を止めてしまいます。緊張すると、息を吸いすぎて「過呼吸」になるかたも多くいますので、基本は、吐くことに集中すると自然に吸うことができますよ。

陣痛がきたら、できるだけ声を出して、「はぁ〜」と長く吐くことで、からだも無駄な力が入らずリラックスします。

お産が始まったら、陣痛の波に身を任せ、自分が気持ち良いと感じる姿勢、自然体でいることが、安産への近道と著者は考えます。

 

陣痛が始まるまでのマタニティーライフをどんな風に過ごしたのかも分娩の進行には、影響してきますので、安産に向けての体力作り、心とからだの準備は妊娠期からしっかり取り組んでおきたいですね。

 

※本記事の医療情報は、専門家の知識と経験をもとに監修や監修を行っております。しかしながら、医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【参考・画像】
※1 産む力をはぐくむ助産ケア: 妊婦のセルフケアを支援する! 助産外来が充実する! (ペリネイタルケア2012年新春増刊)
※2 分娩体位の種類とそのメリット – 日産婦誌51巻3号
ピップベビー ストローキャップ  – Amazon
森永製菓 ウイダーinゼリー エネルギー 180g – Amazon
※ せんねん灸太陽 火を使わないお灸 12コ入 – Amazon

【関連記事】

※ 安産のツボを試して!助産師オススメ「妊婦のお灸」実践方法

【無痛分娩リアル体験談】陣痛・出産中・術後の痛みについてレポート

陣痛なんて怖くない!? 4児のママから学ぶ「ハッピーお産」への準備とは

※ バースデープランナーママが厳選!「フェイラー」のオススメ出産祝いBEST3[PR]

※ 赤ちゃんにも使えて安心!日焼け・虫よけ対策になる多機能UVミルクとは[PR]

※ 「葉酸サプリメントは、何を選べば良い?」管理栄養士ママが徹底解説![PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る