お出かけ時「渋滞・人混み」の中にいる子どもの心理って?

source:http://www.shutterstock.com/

お出かけシーズン到来。連休中に、家族で外出をするご家庭も多いでしょう。

そこで、今回は、外出時、人混みの中にいる子どもの心理や家族のお出かけで気をつけたいことについて、心理学的な視点からお伝えしていきます。

佐藤めぐみ

▼子どもにとってのお出かけは大人とは別次元!?

パパやママにとってのお出かけと、小さい子にとってのお出かけは、求めるものや得るものが違ったりします。大人は、

・いい景色を見たい

・美味しいものを食べたい

・話題のスポットに行ってみたい

そして、それらを、「子どもたちにも経験させたい」と思ったりします。

source:http://www.shutterstock.com/

しかし、肝心の子どもたちは、そんなパパやママの思いとは全く別の次元で楽しんでいることって多いですよね。

“テレビで見た話題のスポット”に行っても、やっていたのは足元に転がっていた石ころ集めとか、段差からの繰り返しジャンプとか、これじゃあ、いつもの公園と何も変わらない……?

 

▼渋滞・人混みの中にいる子どもの心理とは

「子どもって大人とは視点が違うな」と感じることはしばしばですが、お出かけでもそうです。それもそのはず、一度、お子さんの目の高さに合わせて、歩いてみてください。

人ごみであれば、見えるのは大人の足だけ。

渋滞であれば、窓から見える空だけ。

しかも、自由に身動きは取れないし、電車や飛行機の中であれば、お口にチャック……。

これでは、飽きる気持ちも分かりますし、ぐずりたくもなります。とくに、お出かけに伴う移動は、子どもにとって苦痛なものになりかねないのです。

 

 ▼お出かけの際、気をつけたい3つのこと

source:http://www.shutterstock.com/

「せっかくの連休だから、どこかに連れて行ってあげたい」

そんなとき、親はなんとなく遠くに行ったり、行ったことがない場所に行った方が、満足度が高いお出かけになる気がしてしまいます。

でも、これは親の心理であって、お子さんはもっともっと単純なことを望んでいるかもしれません。お出かけを計画する際に考慮したい心理的な側面を、ここで3つお伝えしたいと思います。

(1)目線の満足度を上げる

話題のスポットもいいですが、まずは「子どもの目線的に楽しい光景かどうか」を考えるのが一番。やむを得ず、人ごみを歩くときなどは、抱っこをしたり、肩車をしたりして、目線を上げてあげる工夫をしてみてください。

(2)心の疲労度を下げる

2~3歳の子は、どこに行ったとしても、結局はパパやママと楽しい時間を過ごしたいというのがメインになります。

それなのに、渋滞や行列にイライラしたり、夫婦喧嘩をしていては、元も子もありませんので、家族全体が穏やかに過ごせる範囲にとどめるのが賢明です。

無理して話題のスポットに行っても、子どもの心にもたらす影響としてはマイナスになってしまいます。体が疲れる分にはOK、でも心の疲労に関しては、極力下げるに越したことはありません。

(3)親の主観を押しつけない

「有名な〇〇」「話題の〇〇」と聞くと、それを満喫しないと、わざわざ来た意味がないと大人は思ってしまいがち。

だから、「ここからの眺めが最高」と言われる場所で、子どもがどっかりと座り込んで、地面に転がる石を集めたりしていると、「そんなこと、近くの公園でできるのに」と思ってしまったりします。でも、大人と子どもは楽しみ方が違うもの。

大人の主観に合わせて、子どもを楽しませようとすると、結局、イライラしたり、ぐずったりといいことはありませんので、「子どもに見せてあげたい」という大人的な理由はいったん横に置き、大人は大人の、子どもは子どもの楽しみ方をするのが賢明です。

 

子どもからしたら、“遠出=いいお出かけ”ではないということを覚えておきましょう。

家から歩いて行ける公園にお弁当持参でピクニックの方が、「最高!」だったりするのです。

せっかくの連休だからこそ、無理をしないというのが、子ども心にはおすすめですよ。

 

【参考・画像】
※ Monkey Business Images、 Anna Nahabed、nd3000 / Shutterstock

【関連記事】

※ お出かけ前に要チェック!「チャイルドシートに乗りたがらない子」への対応方法

※ 【10ヶ月】よちよち歩きベビーとお出かけ♪東京・神奈川のおすすめスポット5選

※ GWはプチ消費で楽しもう!「ほぼ無料」の都心・近郊プレイスポット5つ

※ 赤ちゃんにも使えて安心!日焼け・虫よけ対策になる多機能UVミルクとは[PR]

※ 「葉酸サプリメントは、何を選べば良い?」管理栄養士ママが徹底解説![PR]

※ 英語デビューに〈こどもちゃれんじぷち English〉が支持される理由[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る