便利な「冷凍野菜」…NG調理法とおすすめ野菜ってある?

source:http://www.shutterstock.com/

野菜の高騰が異例の長期化をしているというニュースがありました。(※1)

家族のためにも野菜をしっかりとりたいと思っても、なかなか手が出ないという方も多いのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが価格が安定した“冷凍野菜”です。

ストックしておけて便利な冷凍野菜、たっぷり食べにくいからこそ、栄養を損なわずに食べたいものですね。

そこで今回は、管理栄養士の筆者が“栄養を損なわない冷凍野菜の調理法”についてご紹介します。

▼冷凍野菜って栄養があるの?

冷凍野菜には栄養がないというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。実は、冷凍野菜は生の野菜とそんなに栄養価は変わりません(※2)

冷凍野菜は、栄養価が高い旬の時期に収穫した野菜を“急速冷凍”したものです。

凍るまでに時間がかかると栄養価が落ちてしまいますが、今は速やかに凍らせることができるので栄養価がほとんど落ちないのです。

関連記事:秋冬バージョン!朝の時短に便利すぎる「自家製冷凍カット野菜」

 

▼電子レンジは要注意!冷凍野菜調理法

source:http://www.shutterstock.com/

冷凍野菜を調理する際は、凍ったまま調理するのがオススメです。ゆっくり解凍すると食感が変わりやすいので、炒め物ならそのままフライパンへ、茹でる際はそのまま鍋に入れて素早く解凍しましょう。

また、冷凍野菜はあらかじめ加熱してから冷凍してあるため、加熱時間は生の野菜の2割程度で大丈夫です。

注意が必要なのは電子レンジを使う場合です。電子レンジは氷より水の方が温度が上がりやすいという性質があります(※3)

冷凍野菜が半解凍の状態だと“加熱ムラ”が生じやすいので、電子レンジを使う際は途中で様子を見ながらムラにならないようにしましょう。

また、解凍したものの再冷凍は品質が劣化してしまいます。一度に使う分だけ解凍しましょう。

関連記事:手づかみ食べ期にオススメ!「缶詰&冷凍食品」を使った時短メニュー2つ

 

▼オススメの「冷凍野菜」2選

(1)ほうれんそう

ほうれんそうには、βーカロテンのほか、ビタミンCも豊富に含まれています。

おひたしやスープなど、幅広く使えますが、βーカロテンは油に溶けやすい性質があるので、炒め物にして食べるのがオススメです。加熱しすぎにならないよう、最後に加えてさっと炒めましょう。

(2)ブロッコリー

ブロッコリーは食物繊維やさまざまなビタミン、ミネラルを含みます。中でもビタミンCの含有量が群を抜いています。

シチューやスープなどの彩りにもピッタリ!さっとゆでてお弁当に添えたり、サラダにしたり、さまざまな用途に使えます。

 

野菜の値上がり時は少ない量でも効率よく栄養をとりたいですね。

最近では冷凍野菜も種類が豊富です。野菜が高くて買うものが限られている時は、料理のバリエーションを増やすのにも便利ですので、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

 

【参考・画像】
※1 悪天候に基盤弱体化 野菜高騰 異例の長期化 5年平均の3割以上 出荷量伸び悩み 所得減の農家も – 日本農業新聞
※2 「冷凍野菜の比較テスト結果」- 独立行政法人国民生活センター
※3 家庭でできる科学実験シリーズ「極性分子 とける氷、とけない氷!?」- NGKサイエンスサイト
※ AshTproductions、Voyagerix / Shutterstock

【関連記事】

安い時にまとめ買い!高騰しがちな野菜の保存方法と時短レシピ4選

秋冬バージョン!朝の時短に便利すぎる「自家製冷凍カット野菜」

手づかみ食べ期にオススメ!「缶詰&冷凍食品」を使った時短メニュー2つ

※ 妊娠中は想定外の心配ごとも?ママがしておきたい安心の備えとは[PR]

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

知ってる?ひなまつりに隠された「女の子の性教育」

プチプラなのに優秀!今すぐ試したい「ニベア」の賢い使い方6選

妻が妊娠しづらい体と判明…。夫のベストアンサーは?【妊活QA#24】

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る