卒園・進級シーズンにやろう!「子どもの作品」簡単&プチプラ整理術

photo by author

いよいよ卒園・進級シーズンですね。

この時に整理をしておきたいものの1つが“子どもの思い出作品”

今回は、思い出整理アドバイザーでもある筆者が、次年度も続いて楽しめる作品の整理方法をご紹介します。

▼増えがちな「絵やイラスト」は学年ごとのファイルで収納

photo by author

上記の写真は、筆者宅で使用している”学年ごとのファイル”です。きょうだいで色分けするとわかりやすくなりますね。

学年ごとに分ける理由としては、年度末に持ち帰ってくるモノとは別に、季節ごとに作成した母の日、父の日、クリスマスなどの作品は、その時期によって持ち帰ってきます。

ファイルをスタンバイしておくこととで自宅で飾った後も、整理がしやすくなります。

子どもも閲覧できる手軽さから家族が共有して観られるファイルになります。

関連記事:子どもの作品どうしてる?整理収納のプロが教える「判断力が身につく」お片付け育児がスゴイ!

 

▼「かさばる立体作品」の保管はどうする?

photo by author

筆者のお客様より多く寄せられる立体作品の保管方法についてご紹介します。

立体の作品を全て保管するとなると大きなスペースが必要となってしまいます。

幼稚園や保育園によっては、空き箱の廃材を利用して子どもの発想を育むための作品づくりが推奨されています。

そのため制作意欲が増すことで毎日新しい作品が増えることも。そうした場合も踏まえて、整理の流れを決めておけば、管理がしやすくなります。

(1)作品に作成日と作品名を明記

photo by author

上記の写真のように、思い出の作品として作成日と作品名を入れることで明確になります。

 

(2)写真撮影

photo by author

作品は毎回写真に残します。その他傑作の作品限定として、本人と作品を一緒に撮影をすることで、その時のいい顔をした記憶と共に残るためおすすめです。

筆者宅では、保存がすぐにできる手軽なスマホ撮影をしています。

 

(3)作品集としてデータを保存

photo by author

思い出作品のデータを保存する場所をあらかじめ決めておきます。保存先を決めておくことで写真撮影後も保存がスムーズになります。

上記の写真のように筆者宅では、クラウドサービスの『Evernote(エバーノート)』を作品集の一時保管先としています。

関連記事:アプリで簡単♪「1年間の成長記録」におすすめフォトブック3選

 

▼作品を「残す量」はどうやって決めたらいい?

残しておく作品の量は、”ご自宅の収納スペース”から決めます。

子どもが楽しく作成した作品は、“保管するだけではなく、お部屋に飾る”ことで制作意欲につながり、家族で観て鑑賞する楽しい時間にもなります。

筆者宅では、時々「ママはどの作品が一番好き?」などと聞いてくることから、親子のコミュニケーションの一つにもなっています。

また、整理ができないと困り果ててしまった結果、子どもには聞かずに捨ててしまうケースも良くきかれます。

子どもは、自分が楽しんで作ったモノは、しばらく手に取って観ることもあります。

なるべく大人の判断で決めず一緒に相談して作品の管理をおすすめしています。

子どもが判断できない場合は、“写真に残しておくこと”や“期間を決めて保管する”お話ができるといいですね。

記憶に残る形がわかれば、子どもも段々と整理する量に納得できる様です。

関連記事:「捨てられない子どもの作品」を劇的にスッキリ収納する極意

 

▼作品整理に活用できる「プチプラアイテム」

(1)ダイソー・セリアなどのB4サイズファイル

photo by author

上記の写真のように、学年ごとに収納できるファイルとして活用できます。

1学年分の平面作品がファイルできるため、無理に厳選せず保管して楽しめますよ。

ちなみに筆者宅では、卒園後にはファイルをひとつにまとめることから、空いたファイルには同じように、小学校の作品保管ファイルとして活用します。

(2)コストコ 作品ファイル ¥698

photo by author

まとめて収納できるファイルです。卒園を期に、これまでの作品を子どもと一緒にファイリングをしていくのも楽しい時間になります。

photo by author

ファイルのポケットは、6ポケット12作品と少ないところではありますが、筆者宅では、1ポケットに数枚の作品を収納しています。

無理に厳選せず入る量をみながら大切な思い出の作品を整理したいですね。

 

(3)イケア KLATTAデコステッカー ¥699

photo by author

上記の写真のように、デコステッカーを活用して子どもの作品を引き立てることができます。

これまでの作品の中からお気に入りの作品を飾ることも楽しめますね♪

 

子どもの作品は成長がわかる大切な思い出です。

新学期が始まる前に、子どもと一緒に作品を整理することでまた楽しい時間をお過ごしくださいね。

 

【画像】
※ 著者撮影

【関連記事】

子どもの作品どうしてる?整理収納のプロが教える「判断力が身につく」お片付け育児がスゴイ!

「捨てられない子どもの作品」を劇的にスッキリ収納する極意

気軽&簡単記録で三日坊主を卒業!? オススメ「育児ダイアリー」4選

「生後28日間」がポイント!新生児のうちにしておいた方がイイこと7つ

アプリで簡単♪「1年間の成長記録」におすすめフォトブック3選

※ 妊娠中は想定外の心配ごとも?ママがしておきたい安心の備えとは[PR]

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

人前ではイヤ?妻の「外で授乳」に対する夫の本音とは?

食料品以外もおトク!「コストコ」で買いたい便利収納グッズ6選

本当に「かわいそう」なの?0歳から保育園に預けるメリット3つ

ママが「ニューバランス」を選ぶポイントは?おすすめ人気スニーカー4選

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る