「美土路」→読める?出会いの時期に知っておきたい難読名字5つ

source:https://www.shutterstock.com/

春も間近になり、いよいよ職場復帰をするママさんも多いのではないでしょうか?

産休・育休の間に職場では人が入れ替わっているので、「あれっ? この人誰だっけ?」なんてこともあるはず。

もし変わった名字の方がいて、漢字が読めないなんてことがあったら申し訳ないですよね。

そこで、今回はIt Mama編集部が独自に集めた“難読名字”をご紹介します!

いくつ読めるかチャレンジしてみてくださいね♪

▼あなたはいくつ読める?難読名字5選

(1)―

読み方は「にのまえ」さん。

普通に読んだら「はじめ」さんかな? と思いますが、“一”は“二”の前にあることが由来だそう。

由来を聞くと「なるほど!」と感じる名字ですね。

 

(2)西玉得

読み方は「にしたまえ」さん。

沖縄出身の方に多い名字だそう。 西玉得さん本人に聞いたところ、自分の親族以外にはまだ出会ったことがないそうです。

 

(3)寿松木

読み方は「すずき」さん。

「鈴木」さんと同じ読み方なんです。

やはり、よく“鈴木”と間違って記載されることが多いようです。

関連記事:「寿松木」→なんて読む?難読名字さん10選 ~漢字3文字編~

 

(4)美土路

読み方は「みどろ」さん。 先祖代々、四季折々の美しい自然が溢れる場所に住んでいたのでしょうか? 情景が目に浮かぶ美しい名字です。

関連記事: 日本では一般的だけど…海外では誤解されやすい「日本人の名前」

 

(5)纐纈

読み方は「こうけつ」さん。

「纐」は「交」、「纈」は「結」の読み方と一緒なので、予測はできそうです。

しかし、なにやら複雑なこちらの漢字。なかなか使用しない漢字の場合、パッと見た瞬間は読み方がわからないこともありますよね。

 

今回ご紹介した名字をサラッと読むことができたら、きっと新しい環境でもすぐ打ち解けられるはず。

また、知ってるだけでも一目置かれる存在となること間違いなしかも!?

 

【画像】
 ※ yavyav / Shutterstock

【関連記事】

「寿松木」→なんて読む?難読名字さん10選 ~漢字3文字編~

日本では一般的だけど…海外では誤解されやすい「日本人の名前」

元カノの名前を娘に!? 本当にあった「仰天名付けトラブル」3つ

超意外!今年人気の名前が「海外ではこう聞こえてた」5選

漢字一文字の名前が人気?「男女両方に人気の漢字」最新版

※ 妊娠中は想定外の心配ごとも?ママがしておきたい安心の備えとは[PR]

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

人前ではイヤ?妻の「外で授乳」に対する夫の本音とは?

食料品以外もおトク!「コストコ」で買いたい便利収納グッズ6選

本当に「かわいそう」なの?0歳から保育園に預けるメリット3つ

ママが「ニューバランス」を選ぶポイントは?おすすめ人気スニーカー4選

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る