寒い冬こそ子連れで美術鑑賞へ!「都内おすすめアート施設」3選

source:http://www.shutterstock.com/

子どもは風の子とばかりに、外で思いっきり遊ぶのも良いですが、寒い冬は美術鑑賞もおすすめです。

筆者は結婚前、現代美術ギャラリーに勤務していました。子どもが産まれてからは、親子での美術鑑賞が気に入り、まだ小さな姉妹を連れて、“美術館行脚”をしたものです。

今回はそんな筆者が親子でアート鑑賞をオススメする理由と、楽しみ方をご紹介します♪

▼子ども時代にこそアートに触れるべき!その理由…

筆者はギャラリーに勤務していましたが、特に専門的に美術を勉強したわけではありません。ちなみに、筆者が就職したそのギャラリーの社長も、自分は美術は専門ではないと言っていました。

アートは自由そのもの。どんな風に楽しんでもいいのです。歴史的なことも、技術的なことも分からずに、「コレが好き」「コレは嫌い」と言ってもいい。それがアートだと筆者は思います。

そして自由に世界を楽しむ天才なのが、子ども達ではないでしょうか?

時間に追われ、後片付けに必死になり、きちんとルールを守ることを気にする大人にとって、子ども達の自由さは時に邪魔と感じるときも。

そんな子ども達を、思う存分解放出来るものこそがアートだと筆者は思います。

関連記事:スポーツや芸術に影響!? 赤ちゃんが「空間認識力」を伸ばす6つの方法

 

▼子どもはアートを純粋に楽しむ

source:http://www.shutterstock.com/

年子の上姉妹がまだ幼稚園児の時に、とある有名な現代美術画家の個展に行きました。その人の絵は、ユーモラスがあり、そしてシュールでビックリする組み合わせがたくさんある絵ばかり。

姉妹は周りを気にせず、「ぶー!」と噴き出したり、クスクス笑ったり。面白くて、思わずスキップしたり。

そんな子ども達を尻目に、行列を成して絵を鑑賞する大人達はしかめっ面……。どちらがアートを楽しんでいるかは、一目瞭然でした。

筆者はそんな子ども達を観ていると、まるでこちらの心まで自由になるように思えたものです。

子どもが小さい頃は、アートに意味などを探さず、純粋に楽しみます。そんな子ども達に多くのことを学べるのが、親子でアートを鑑賞する良さだと思います。

関連記事:音楽、絵、文学…感性豊かな子になってほしい!芸術性を高めるには「幼児期からの子育て」がカギ

 

▼都内のおすすめアート施設3選

source:http://www.shutterstock.com/

(1)世田谷美術館

企画展はもちろん、美術館のコレクションも見応えのあるものばかりです。

クラシックな絵画は一見退屈そうに思えますが、子どもと美術鑑賞するときのコツは、“自分の好きな物探し”。「ココの色が好き」などと、好きな部分でもいいのです。

まずは親がたくさん、自分の好きな物を探して下さいね。広い公園の中に位置するので、観賞後に思いっきり駆け回れるのも魅力の1つです。

 

(2)ICCインターコミュニケーションセンター

「インタラクティブ・アート」を体験するなら、断然ココがオススメです。

最新の技術を使って、鑑賞者と作品がお互い働きかけて完成するアートを経験出来ます。

ここの良いところは、インタラクティブなデジタルアートをいつでも鑑賞出来ること。

描いたお魚が壁を泳ぐお魚美術館や、音の全く無い部屋、永遠に繰り返されるジャグリングなど、子どもが釘付けになること間違い無い作品ばかりです!

 

(3)ギャラリーTOM

東京・渋谷の閑静な住宅街、「松濤(しょうとう)」の一角にひっそりとある小さなギャラリーですが、好奇心旺盛な子どもとぜひ訪れて欲しい場所です。

ここは、盲人が彫刻に直接触れて鑑賞出来るというコンセプトのギャラリー。

もちろん一般鑑賞者も、作品に堂々と触ることが出来ます。

よく美術館では、「それは触っちゃダメ!」などと叱らなければならない場面もありますが、ここではその必要はありません。

観ているだけでは分からないアートの魅力を“触って感じる”ことの出来る珍しいギャラリーです。

優しく、そっと、大切なものを扱うように触るんだよ、と教えてあげてくださいね。

きっと子ども達は、それまで使ったことの無い感覚で、アートを楽しみ始めることと思います。

 

冬は天候も寒かったり雨や雪の日があって引きこもりがち。

週末などに退屈さを感じたり、おでかけしに行く場所に困ったらぜひ、今日ご紹介したアート施設に親子で訪れてみてくださいね♪

 

【参考・画像】
※ 世田谷美術館
※ ICCインターコミュニケーションセンター
※ ギャラリーTOM
※ Romrodphoto、 Chubykin Arkady、 Iakov Filimonov / Shutterstock

【関連記事】

スポーツや芸術に影響!? 赤ちゃんが「空間認識力」を伸ばす6つの方法

音楽、絵、文学…感性豊かな子になってほしい!芸術性を高めるには「幼児期からの子育て」がカギ

見た目も可愛い♡「#ジャムアート」がインスタグラムで流行中!

赤ちゃんでも作れる!? 父の日はオシャレでカワイイ「手形アート」をプレゼント!

※ 妊娠中は想定外の心配ごとも?ママがしておきたい安心の備えとは[PR]

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

人前ではイヤ?妻の「外で授乳」に対する夫の本音とは?

食料品以外もおトク!「コストコ」で買いたい便利収納グッズ6選

本当に「かわいそう」なの?0歳から保育園に預けるメリット3つ

ママが「ニューバランス」を選ぶポイントは?おすすめ人気スニーカー4選

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る