入学前に「時計の読み方」は覚えた方が良いの?【小学校入学前Q&A】

source:http://www.shutterstock.com/

「小学校入学前に、ある程度時計が読めないとマズいでしょうか?」
「何を使うと、時計が読めるようになりますか?」

小学1年生の算数の時間に、読み方を習うことになる“時計”。

幼稚園年長時代の子どもたちでも、時計が読めるようになる子は一定数いますよね。一方、小学生でつまずいて自信を失ってしまうケースもよく見られます。

また、時計の概念は教えにくいため、教えようとすると親子でケンカになってしまうというご相談も……。

今回は塾講師の筆者が、ママ達からの相談事で多い“時計が読めるようになる教え方”をご紹介します。

▼小学生になって時計が読めないと困る!?

学校生活は時間の約束事が多いもの。

ひとつひとつの授業も時間で区切って行われますし、準備や移動の際には「〇〇分後に▲▲教室に集まろう」などと時間で指示が伝えられることもあります。

放課後に友だちと遊ぶために、時間を決めて待ち合わせをすることもあるかもしれませんね。

時計が読めないと、なかなか理解できずパニックになってしまうだけでなく、指示通りに行動できないことで自信を失ってしまうなど、リスクもあります。

そのため、時計を読めること・時間を意識できることが必要になってくるのです。

関連記事:入学前に「時計を読める子」の親がしているコト【入学準備シリーズ#02】

 

▼家庭で時計の読み方を身につける!カンタン4ステップ

子どもたちがストレスなく時計を理解できる、ご家庭での教え方を紹介します。  

(1)家にアナログ時計を設置する

日頃から時計の読み方に馴れ親しむために、アナログ時計を置いておきましょう。周りにいる大人たちがアナログ時計を活用し時間を確認する姿を見ることで、時間の概念も伝わりやすくなります。

「あ、短い針が“8”になった! 保育園に行く時間だ!」 「短い針が“3”になったら、3時のおやつを食べようね」

などと、まずは“短い針”の示す数字と時間とを対応させることができるような言い方で会話をすると良いでしょう。

(2)5とびの数を言えるようにする

数字が言えるようになったら、「5ずつまとめて数えるよ」「5、10、15、20、25、30、35、40、45、50……」と口ずさんで遊びましょう。ひとりで60まで言えるようになったらハイタッチ! 

自然に口ずさめるようになると、短い針の理解がぐんと早まります。

5分の5分先は……と、“足し算”の考え方が入ると考えるのに時間がかかり嫌になってしまう子もいるので、ママと一緒に楽しく言えるようにしてしまいましょう。  

(3)短い針=「○時」を学ぶ

 ●おすすめグッズ:ラーニングリソーシーズ ラーニングクロック LNR2095  

ラーニングリソーシーズ (LEARNING RESOURCES) ラーニングクロック LNR2095
source:https://www.amazon.co.jp/

時間を学ぶ時には、ぜひ自分で針を動かすことができるアナログ時計を使ってください。

まずは長い針を“12”に固定。

「短い針が時間を教えてくれるよ」と伝え、「短い針が12のときは12時、1にいくと1時……」と短い針の指す先が時間を示していることを学ばせましょう。

(4)5とびの数を長い針に当てはめる

●おすすめグッズ:【時計の読み方ポスター】学習ポスター 知育教材

【時計の読み方ポスター】学習ポスター 知育教材
source:https://www.amazon.co.jp/

短い針をマスターしたら、今度は長い針。

「5、10、15、20……っていう風に、時計で“何分”は5とびの数で書いてあるんだよ」と仕組みを伝えます。

この時、時間の数字が書かれていない時計を使うこともおすすめです。“12”をスタートとして、ぐるっと一周「5、10、15、20…」と指で指しながら文字盤の12箇所に数を当てはめる練習を。

何度も指して慣れてきたら、「何分?」を聞く“ママクイズ”。ランダムに場所を指差し、「12までの数字は何分を意味するか」を言い当てるゲームなどをすると良いでしょう。

時計のポスターを見えるところに貼っておくと、時間に慣れ親しむことができます。

関連記事:壁紙化した“ひらがな表”は無意味!子どもに「文字や時計の読み方」を覚えさせるコツ

●おすすめグッズ:とけいえほん  

とけいえほん
source:https://www.amazon.co.jp/

時計って、面白い! と思える子は、時計の読み方の吸収がとても早いです。

日頃から時計を読む背中を見せ、一緒に遊びながら時計に親しませてあげましょう。

絵本などで時計に触れることもおすすめですよ。

 

もうすぐ新生活が始まる季節がやってきます!

ぜひ、子どもが楽しめる方法で教えてあげてくださいね。

 

【参考・画像】
※ Ann in the uk / Shutterstock
ラーニングリソーシーズ (LEARNING RESOURCES) ラーニングクロック LNR2095
【時計の読み方ポスター】学習ポスター 知育教材
とけいえほん

【関連記事】

入学前に「時計を読める子」の親がしているコト【入学準備シリーズ#02】

壁紙化した“ひらがな表”は無意味!子どもに「文字や時計の読み方」を覚えさせるコツ

早生まれっ子に「小学校前にしておきたい」2つのことは?

「小1プロブレム」に陥らないために!年長クラスで慣れておきたい事2つ

※ 妊娠中は想定外の心配ごとも?ママがしておきたい安心の備えとは[PR]

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

人前ではイヤ?妻の「外で授乳」に対する夫の本音とは?

食料品以外もおトク!「コストコ」で買いたい便利収納グッズ6選

本当に「かわいそう」なの?0歳から保育園に預けるメリット3つ

ママが「ニューバランス」を選ぶポイントは?おすすめ人気スニーカー4選

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る