知っておトク!【品川区】の妊婦さん&育児支援サービスまとめ

source:https://www.shutterstock.com/

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜出産〜産後まで、多様なサービス・助成金などのおトク制度を用意しています。

今回は、「産後ドゥーラ」制度の助成や、区内のホテルを利用した産後ケア事業など、産後ママの不安解消やリフレッシュを支援する取り組みも行っている「品川区」のおトク情報の“超基礎編”としてまとめを作成しました。

品川駅や羽田空港と交通アクセスが良く、戸越銀座や武蔵小山など商店街も充実しているので働くママにも嬉しいエリアですね。

※産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの期間、日常生活(くらし)を支える専門家

 

▼品川区の妊婦・子育てに関する助成金はここを見れば分かる!

source:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/

区のホームページって開いてみると、色々と書いてあるけど、どこを見たら良いのかよく分からないってことありませんか?

品川区の場合は区のホームページの「子ども・教育」ページをチェックしてみてましょう。

また、母子健康手帳の交付時や、各種子育て相談窓口で配布されている『いきいきあんしん子育てガイド』に品川区の相談窓口やサービスが1冊にまとまっているので、手元に置いておくと安心です。

またPDF版もダウンロードもできるので、失くしてしまっても安心です。

 

▼出産・子育て応援(妊娠期からの相談事業)

source:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/

品川区では、妊娠・出産から育児まで切れ目のない支援を行う「しながわネウボラネットワーク」の一環として、保健師・看護師・教員・保育士などの資格をもった「子育てネウボラ相談員」が区内5箇所の児童センターで相談を受け付けています。

妊産婦ネウボラ相談員(助産師)が保健センターで面談を行い、妊娠中にお伝えしたい母子保健情報・子育て情報を紹介します。 

初回面談後にお祝い品(育児用品カタログギフト)ももらえるので気軽に相談してみましょう。

「県外から引っ越してきたばかりで頼れる人がいなくて助かりました!」・「発育が遅れているかも? という悩みにも優しく的確にアドバイスをいただけました」というママの声も。

初めての妊娠って何がなんだかよく分からないということだらけ。

しかも混んでいる妊婦健診でたくさん質問することも難しいかと思いますので、ぜひこの場で不安を解消しておきたいものですね。

関連記事: 港区とあの区がお得!? 「妊娠をきっかけに引っ越し」する時チェックしたいコト

 

▼国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&品川区の助成内容

出産・子育てサポートの各種制度は国・都道府県・市区町村とそれぞれのメニューがあり、何がなんだかわからなくなってしまうことがありますよね。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、品川区でのサービス内容を以下に記載していきます。

具体的には、(1)妊婦健康診断費用助成、(2)子どもすこやか医療費の助成、(3)認可外保育施設の保育料補助、(4)私立幼稚園保育料などの補助、の4つについて触れていきます。

それぞれ助成を受けるための手続きが異なりますので、区のホームページの内容をしっかり確認してください。

 

(1)妊婦健康診断費用助成

その名の通り、妊婦健診などに要した費用の一部を負担してくれる制度です。

品川区では

・妊婦健康診査受診票(14枚)

・超音波検査受診票(1枚)

・妊婦子宮頸がん検診受診票(1枚)

に対する助成制度が用意されています。

妊婦健康診査受診票等は都内契約医療機関で妊婦健診を受ける際に利用できるもので、妊婦健康診査に係る費用の一部を助成してくれます。(公費負担限度額を超えた部分の費用は自己負担となります。)

品川区内の契約歯科医院で、歯科健診を妊娠中に1回無料で受けることができる「妊婦歯科健康診査受診票」も1枚ついてくるので、これは嬉しいですね。

 

(2)子どもすこやか医療費の助成

中学3年生までの児童が医療機関等で診療を受けた時、保険診療の自己負担分を品川区が助成しまする制度です。(通院・入院・入院時の食事負担金)

東京都では0~6歳までの『マル乳(乳幼児医療費助成制度)』、と6~15歳までの『マル子(義務教育就学児医療費の助成)』に分かれています。

品川区では

・健康保険診療の自己負担分(都内医療機関では窓口での一部自己負担なし)

・入院時の食事の自己負担分
支払は後に返金してもらう制度となっており、いずれも受給するための所得制限はありません。

詳細は区ホームページの「子どもすこやか医療費の助成」をご覧ください。

 

(3)認可外保育施設の保育料補助

品川区の場合、認可保育園【以外】の施設の保育料についても助成制度が設けられています。

(1)区内の認可外保育施設のうち、ベビーホテル・その他施設(これらに準ずる施設として、区が特に認める施設を含む。)

(2)東京都から認可外保育施設の指導監督基準を満たす旨の証明書が交付されている施設
(東京都の立入調査の結果により、指導監督基準を満たす旨の証明書が新たに交付された場合は交付の月から対象となります。また、指導監督基準を満たさなくなり、東京都が証明書の返還を求めた場合は、返還を求めた日の属する月の翌月(その日が月の初日の場合は当月から対象外となります。)

(3) 上記(1)および(2)の要件を満たす区外施設を区民が利用した場合も助成の対象となります。

認証保育所の保育料の上限は66,000円なので、保育料が月額66,000円以内の認証保育所の場合は、実質認可保育園と同じ金額で通えるということです。

認可外保育園の助成については定額で

0歳児     50,000円
1歳児     45,000円
2~5歳児    40,000円

とのことです。

※認可外保育施設の基本保育料が助成月額を下回る場合は、基本保育料と同額が上限となります。 
※児童の年齢は、4月1日現在の満年齢を基準とします。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

品川区では【私立幼稚園】に対する、入園料・保育料の助成制度があります。

入園料の助成は所得関係なく1人につき10万円の助成が受けられます。

また保育料の助成に関しては、所得や何人目の子どもかによって変動があります。

また、新制度か旧制度かでも違ってくるのですが、新制度の場合ですと保育料の補助金は最大で月額13,200円(年額158,400円)の助成が受けられます。

詳しくはホームページの「私立幼稚園等補助金のお知らせ」というページをご覧ください。

 

▼初産のママに!産後2ヶ月まで利用できる産後ケアサービスを有効活用

品川区では、産後に家族などから十分な支援を受けられない、また産後の育児に不安を感じているママのために、産後ケアの助成もおこなっています。

初産のママ限定なのですが、指定の医療機関に宿泊し赤ちゃんやママのケア、食事の提供や育児相談も受けることができます。

1泊10,000円なので、民間の産後ケア施設に比べると5倍以上は安い金額ではないでしょうか。

1~2日家のことを気にせずに休むことができるとかなりの回復になるかと思いますので、是非妊娠中からチェックしておくと良いと思います!

詳しくは区のホームページの「【モデル実施】産後ケア(宿泊)事業」というページをご覧ください。

 

▼しながわパパママ応援アプリのサービスも

source:http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/

区内の全25児童センターや子育てに関するそれぞれの事業やイベント・講座などの情報を、随時発信しています。

受け取りたい情報の地域や種別(イベント・講座・子育て応援コラム・緊急情報など)を選択することで、情報の取捨選択を可能です。

また、子育て日記や予防接種スケジュール帳やGPS機能を活用して現在地から最寄りの子育て関連施設を検索できる地図などの機能もあるのでダウンロードしておくのがおすすめです!

iPhone端末はこちら

Android端末はこちら

 

いかがでしたか?

妊娠・出産・育児に関する助成金って、自治体によってかなり差があるので、もし引越しを検討されている方は事前に自治体のホームページで助成額など細かくチェックしておくことをおすすめします。

品川区は比較的交通の便が良いので、出張の多いパパはとても便利だと思います。

また品川区内の全ての小・中学校で「小中一貫教育」をスタートさせ、教科担任制、早期からの英語教育導入などにも先陣をきって取り組んでいるので教育観点でも注目ですね。

関連記事: マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年8月23日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください

【参考・画像】
子ども・教育 – 品川区ホームページ
※ Iakov Filimonov / Shutterstock

(2017年9月2日の記事を再掲載しています。)

【関連記事】

 これだけは知っておいて!【世田谷区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)

 これだけは知っておいて!【目黒区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)

 港区とあの区がお得!? 「妊娠をきっかけに引っ越し」する時チェックしたいコト

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法とは[PR]

※ あの人気ドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

※ 【冬生まれの赤ちゃん編】実は「喜ばれない出産祝い」5選

※ 「打たれ弱い子」の特徴って?親が無意識にやっているNG行動5つ

※ 欲しいけど踏み切れない…ママ達が「2人目妊娠」に消極的な4つのワケ

※ 外国人が「素晴らしい!」と大絶賛している日本の常識トップ5

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

 

LINEで送る