SNSで発見♡産休中のママが作った「ハンドメイド育児グッズ」6選

source:https://www.instagram.com

もうすぐ、赤ちゃんに会える妊娠後期。

仕事も一段落して産休に入り、身体も安定しているママも多いのではないでしょうか?

そんな産休中の約2ヶ月を使って、ベビーグッズを作ってみませんか? 

生まれてくる赤ちゃんを想ってグッズを作る時間は、一生の思い出となるでしょう。

今回は、SNSで配信されていた産休中のママが作ったかわいいベビーグッズを6種類ご紹介します!

 

▼(1)初めての「スタイ」は手作りで!

source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com

赤ちゃんの必需品といえば、“スタイ(よだれかけ)”ですよね。

洋服よりも、スタイの方が目立つといっても過言ではありません。

お気に入りの布を表にし、裏はガーゼ素材にするなど、赤ちゃんの肌に優しく、そしてオシャレなスタイを作ることができます。

写真に残るわが子の姿には、必ずママお手製のスタイが見える。というのは、思い出として宝物になります。

関連記事:【冬生まれの赤ちゃん編】実は「喜ばれない出産祝い」5選

 

▼(2)手作りな好きな色が選べます!抱っこ紐の「よだれカバー」

source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com

抱っこ紐などのよだれカバーは、市販でも買えますが、取り替えたり、洗うことを考え枚数を多く買うと予算オーバーだったり、柄が好みに合わないことがあります。

手作りとしては、そんなに手間がかかるものではないので、好きな柄でサッと作ることができますよ。

また、”抱っこ紐のカバー”も手作りできます。

source:https://www.instagram.com

家での保管だけでなく、ベビーカーに赤ちゃんを乗せているときやカフェなどで食事をしているときの抱っこ紐は、ベビーカーやカバンにしまっておくことが多いかと思います。

そういうときの抱っこ紐は、かさばりバラバラとまとまりがないので、邪魔になります。

このカバーは、抱っこ紐が束ねられ収納できる、とても便利なグッズです。

 

▼(3)必ず使う「オムツポーチ」は手作りでもっと便利に!

source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com

オムツを持ち歩くときに便利な“オムツポーチ”は用途に合わせて大小あると便利ですね。

1枚目のようにウェットコットンが一緒を一緒に使えるよう一体型ケースを使ったママも!

さらに、“オムツ替えシート”とセットで作るのもいいですね。

オムツ入れと、オムツ替えシートの2つは、近所に買い物に行くときでも、児童館に遊びに行くときでも、必ず必要になるものです。

“授乳ケープ”もお揃いで作れたら、ハンドメイドが好きなママが話しかけてきてくれそうです。

関連記事:多機能なのにオシャレで可愛い!優秀「おむつポーチ&バッグ」5選

 

▼(4)着替えなども入れられる「巾着」

source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com

子どもが生まれると、カバンが大きくなます。そして、カバンの中は、物であふれる……。

そんなカバンを整理整頓するのに使える“巾着”は、色々なシリーズで作るといいですよ。

赤ちゃんの着替え用、哺乳瓶セット、赤ちゃんの小物(帽子、手袋や靴下の小さなもの)などなど。

ティッシュケースや母子手帳ケースをお揃いで作ると、カバンの中がよりスッキリしますよ。

 

▼(5)ハンドメイドの「王冠」でニューボーンフォト

鳥居千恵子@London

新生児28日間で撮る写真を“ニューボーンフォト”と言いますが、その準備を進めてみませんか?

王冠や、蝶ネクタイ、パンツや一緒に置くぬいぐるみなどを作り、ニューボーンフォトのときに一緒に写真に撮ります。

将来、子どもが大きくなったとき、その写真を見ながら話が弾みそうです。

 

▼(6)初めて触れる「肌着」に愛情込めて

source:https://www.instagram.com
source:https://www.instagram.com

退院する日の肌着を作ってみませんか? ママの愛情が肌から伝わり、赤ちゃんの潜在意識に残るかも?

肌着は、難しそうなイメージですが、赤ちゃんは小さいので意外とすぐに仕上がるんだとか。

作っている間も、ママは温かい気持ちで満たされ、赤ちゃんにもその幸せな気持ちがへその緒を通じ伝わるかもしれませんね。

 

その他にも、靴下(シューズ)や髪飾り、帽子を作っている人もいました。

ちょっとしたグッズを作るのなら、手芸や布の専門店でなくても100円均一で揃いますよ。

今までハンドメイドとは無縁だった人も、産休を使ってチャレンジすると思い出に残り楽しいかもしれませんね。

関連記事:出産準備に大人気!フィンランドで有名な「ベイビーボックス」って?

 

【参考・画像】
※ @limblim @mi__375 @maixyamazaki @mayuge_bom @ma_manami @dandelion_yuki @meme.kchun / Instagram
※ 鳥居千恵子@London

【関連記事】

毛糸じゃない編み物!「ズパゲッティ」に夢中なママが増加中!?

お産入院バックの中身見せて!「実際に使って役立ったグッズ」8選

【妊娠3ヶ月】いつまで続く?辛いつわりの始まり 25歳はじめての妊娠 #3

※ ほしい…と思ったらオススメ!「わかりやすい・使いやすい」排卵日予測の方法とは[PR]

※ あの人気ドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【今週の人気記事をピックアップ★】

※ 【冬生まれの赤ちゃん編】実は「喜ばれない出産祝い」5選

※ 「打たれ弱い子」の特徴って?親が無意識にやっているNG行動5つ

※ 欲しいけど踏み切れない…ママ達が「2人目妊娠」に消極的な4つのワケ

※ 外国人が「素晴らしい!」と大絶賛している日本の常識トップ5

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る