意外と見られている!? 「外出先での授乳」困ったエピソード

source:https://www.shutterstock.com/

レストランなどの“公の場での授乳”について、日本のみならず、各国でさまざまな意見が飛び交っていますね。

ママは、乳首さえ見えなければ“授乳姿”を見られても大したことではない、と思っている人も多いかと思いますが、授乳という環境に慣れていない人から見たら、思わず目を背けたくなる事態かもしれません。

今回は2人の子どもを完全母乳で育て、現在6ヶ月の赤ちゃんを母乳育児中の筆者が、外出先での困った授乳エピソードと、よりスムーズに母乳育児ができるためのオススメアイテムを伝授します!

「外出先の授乳」困ったエピソード

外出好きな筆者は、外出先の授乳でたくさんの「困った!」に遭遇してきました。その中でも特に困ったな~と感じた体験をご紹介します。

●授乳に必要なグッズを一式忘れてきた!

授乳ケープ、赤ちゃんの吐き戻しを拭くガーゼやタオル、バッグに入れたはずなのに、全て家に忘れてきたことがありました。

外出先でお腹が空いて泣き叫ぶ赤ちゃんに、すぐ授乳できないという状況はとても焦りました。

●授乳室が満室でなかなか空かない!

ショッピングモールなどは授乳中のママにやさしい施設だから……と安心していたら、休日の授乳室は激混みなんですね。

授乳待ちの列ができていました……。赤ちゃんは泣くし、並んでいるママたちも心なしかイライラしている様子で「相席にします?」と、隣にいた見知らぬママに提案したこともあります。

このように、外出時には、いつでも授乳するわけにはいかない場合もありますよね。そんな時のママの工夫をお伝えします!

関連記事:意外に見られてますよ!外出時の授乳の注意点

 

授乳ケープは「ママの洋服」で代用が便利!

よく外出するママは“授乳ケープ”を買うのをおすすめしますが、忘れてしまった時などは“カーディガン”でも十分代用できます。

カーディガンのボタンをすべて外し、袖をママの首に巻くか結び付け、エプロンのような形にして使用すると、赤ちゃんをすっぽり隠す授乳ケープのようになりますよ。

薄手のカーディガンなら持ち運びもかさばらず、肌寒い時には赤ちゃんにかけてあげることもできます。

カーディガン同様、ママのそのとき着ている“パーカー”や“アウター”、“大判のストール”などでも代用できるので、困ったときはぜひお試しください。

 

授乳しやすい服、授乳には向かない服ってある?

source:https://www.shutterstock.com/

第1子の時はYシャツなど、すぐに胸が出せる“前開きの服”が授乳しやすいと思って着ていました。

ですが、第2子・第3子と経験すると、Tシャツやセーターなど“被りタイプの服”のほうが授乳しやすくなってきました。

というのも、Yシャツでの授乳だと素肌が見える部分があるので、隠す必要があるのです。

一方Tシャツなどの被りの服なら、赤ちゃんの頭を服の中にすっぽり入れて授乳することができます。

赤ちゃんが苦しくない? 洋服が伸びるのでは? など思うところがありますが、ゆったりとした服やストレッチが効く服なら筆者は問題なく授乳ができました。

さらに赤ちゃんは景色も音も遮られ、授乳に集中できるのでよく飲んでくれることが多いような気がします。

また、小さなボタンがたくさんついているYシャツは、ふとした時に赤ちゃんの目に入りそうになり、危険だなと思うことがありました。

他にも、“モヘア”など毛がふわふわした服は赤ちゃんの目や口に毛が入ることがあるので、授乳中は避けるのがベターだと思います。

抱っこが多いうちは、赤ちゃんの肌に負担が少なく、じゃぶじゃぶ洗えるような素材の服を着るとママもラクですよ。

外出先では周囲のことも考慮しつつ、スマートでスムーズな授乳を心がけたいですね!

 

【画像】
※ Iryna Inshyna,Evgeny Atamanenko / Shutterstock

【関連記事】

意外に見られてますよ!外出時の授乳の注意点

※ 【助産師が語る】育児が大変なのは「おむつ替えや授乳ではない」理由

※ 泣いたら授乳で乗り切った寝かしつけ、でもオッパイは大変なことに! #02

※ 双子のママ看護師に聞いた!国内初販売の「液体ミルク」その魅力とは?[PR]

育児のお供!LINEの『Clova Friends mini』の魅力をママ達が徹底レビュー[PR]

忙しいママの救世主!? Clova Friends miniを使うと育児がラクになるそのワケは?[PR]

ワーママ必見!ヤクルトレディに学ぶ働き方と“笑顔の連鎖”[PR]

月齢バナー001

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る