肩こりや頭痛の改善に!理学療法士おすすめ「簡単タオルストレッチ」

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

ストレートネック”は大人だけでなく、スマホを長時間使用している4~5歳前後のお子様にもその危険性が指摘されています。

過去の記事でもお伝えしていますが、主な原因としてスマホの見過ぎなどによる不良姿勢が影響しています。

今日は、理学療法士の筆者が、これまで1,000人以上の患者さんを治療してきた経験を元に、ご家庭でできるストレートネック予防体操をご紹介します。

▼タオル枕を使って首回りをストレッチする方法

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(1)バスタオルを写真のようにロール状に巻いて枕を作ってみましょう

写真ではワインボトルをさらに一回り大きくしたサイズをロール状にしています。

ちょうどよく首にフィットする枕の大きさは年齢、性別によって個人差がありますので、ご自分で微調整してみましょう。

いきなり大きすぎる枕を使うと、逆に首を痛めてしまうことがありますので、やや小さめからスタートしてみてください。

 

(2)この枕を首の裏側の隙間にぴったりと合わせて、5分ほど横になってみましょう

一般的な枕の高さよりも低い感じがするかもしれませんが、首の後面の筋肉がマッサージされて、首回りが軽くなる感じがあると思います。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(3)弱くなっている首の前面の筋肉を動かしていきましょう

両膝を立てた姿勢で、顎を手前に引くようにして10秒キープしてみます。

よく写真をとるときに「もう少し顎を引いてください!」と言われる時のあの動きです!これを10回繰り返し行います。

関連記事:スマホに夢中のわが子!「姿勢」は大丈夫?

 

▼ストレートネックと猫背を同時に矯正する方法

今度は立った姿勢でのストレッチです。

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(1)両手を背中の後ろで写真のように組んで、グッと胸を張ります。

このときストレートネックの方は一緒に顎が上に上がりやすいので、タオル枕を思い出して顎をグッと手前に引いてください。

この姿勢を30秒キープ、これを5回繰り返します。首も胸も両方とも自然に“グッと”動かすのがポイントです!

photo by author
出典: It Mama(イットママ)

(2)そのままの姿勢で組んだ腕を後ろに反らしていくと、猫背の原因になりやすい大胸筋のストレッチにもなります。

気持ちよく伸びたところで30秒止めてみましょう。この動きを3セット行います。

このようにゆっくりと身体をほぐすことで血流もよくなりますので、姿勢の改善だけでなく肩こりや頭痛の改善にも効果が期待できます。

 

簡単にできますので、お正月にテレビばかり見てなんだか身体が硬くなったかな? という時にぜひご家族で試してみてください!

関連記事:「肩こり・頭痛」は何が原因?ストレートネック&猫背チェック法

 

【参考・画像】
※1 子供の首が「ゲームやりすぎ」でピンチ!?お母さんも喜ぶ、新対策は「枕」でした。- 株式会社あしたるんるんラボ
※2 ストレートネックとは – 稲毛整形外科
※ 画像著者提供

【関連記事】

スマホに夢中のわが子!「姿勢」は大丈夫?

「肩こり・頭痛」は何が原因?ストレートネック&猫背チェック法

※ 90%以上の親が不安!3歳未満の「スマホ利用」で設定すべきこと

※ 赤ちゃんの肌を守る!助産師が教える0歳児のスキンケア[PR]

※ 人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る