【助産師に聞いた】赤ちゃんに「でべそ」が多い理由と治る時期

photo by author

赤ちゃんの「でべそ」がいつごろ治るのかと心配している人が多いようです。

なぜ赤ちゃんには「でべそ」が多いのでしょうか。

今日は助産師である筆者がこれまでの経験をもとにその対処法と、治る時期についてまとめました。

助産師の切り方は関係ない

昔は、へその緒を産婆さんがうまく切らないと“でべそ”になるといわれていましたが、実は全く関係ありません。

生まれて間もない時期には、おへその真下の筋肉が完全に閉じていないため、泣いたりいきんだときにおなかに圧力が加わると、筋肉の隙間から腸が飛び出しやすい状態のためにでべそが多いのです。

つまり、赤ちゃんのおなかは”でべそになりやすい状態”なのです。

 

「でべそ」はいつごろに治る? 

「でべそ」になる頻度は5~10人に1人程度で、少なくありません。

おへそを触るとやわらかく、圧迫するとグジュグジュとした感触がして、簡単におなかに戻ります。そして赤ちゃんが泣いておなかに力が加わると再びおへそが出てきます。

この「でべそ」は生後3ヶ月ころまで大きくなることが多く、ときに直径が3cm以上にもなります。(※1)

しかし1歳ごろになって立てるようになり、おなかの筋肉が発達すると自然に治ることがほとんどです。

数十年前には、医師が上から5円玉で押さえる、絆創膏を貼ることもあったようですが、最近ではやらなくなりました。

その理由は、長い間押さえていることで表面の皮膚が化膿して傷あとが残ることがある、もしくは感染症を起こしやすいからです。現在は、押さえないで経過を見る方法が一般的です。

関連記事:うんちが出ない!「赤ちゃんの便秘」の意外な原因とは?

 

「でべそ」の赤ちゃんにしてあげたいこと 

photo by author

では、ママにできることはなんでしょうか。

でべその赤ちゃんの腹圧がかかる機会を減らしてあげることはできるはずです。

たとえば、おなかの筋肉がゆるむように体が丸くなるように(Cの字)抱っこする。

また、必要以上に腹圧をかけていきまなくてもいいように、ウンチが固いときにはおなかをマッサージをする。

そして、ときどき指でおへそを押し戻しながら、「正しいおへその位置を教える」ことをするのもおすすめです。

なかには、1~2歳を過ぎてもでべそのままのことがあります。もしもおへそが5cm以上あるときには手術をすることもありますが、そのようなことは全体のうちごく少数です。

でべそが気になるときには、大きさの変化が分かりやすいように、お写真を撮って大きさや形を記録しておくとよいかもしれませんね。

関連記事:いつもの「お腹が痛い」でも、もしかして…遺糞症かも?

 

【参考・画像】
※1 臍ヘルニア(でべそ)- 日本小児外科学会
※ 著者提供

【関連記事】

いつもの「お腹が痛い」でも、もしかして…遺糞症かも?

ずりずりずり…6~10ヶ月の赤ちゃんが「ずりばい」を始めた時の注意点

赤ちゃんの頭の形を良くしたい!「向き癖」に注意するのはいつまで?

※ 赤ちゃんの肌を守る!助産師が教える0歳児のスキンケア[PR]

※ 助産師ママもオススメ!人気ドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも[PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る