保育園ではどうやって「震災や避難訓練」を教えているの?

source:https://www.shutterstock.com/

ここ最近、地震が頻繁に発生していますよね。

もしも大きな地震が来たら、保育園の子どもは大丈夫なのか心配になるママもいることでしょう。

そこで今回は、 東日本大震災からの経験をもとに、保育園の避難訓練についてを元保育園園長の筆者がご紹介します。

保育園での避難訓練は月に1回、抜き打ちで行うところも

保育園では、毎月1回の避難訓練が義務付けられています。

また、火災や地震、水害などその月によって想定を変えて行っています。

日にちを決めて計画的に行う園もありますが、園長が抜き打ちで行うという園もあります。

災害はいつ起こるかわかりませんから、このような抜き打ち訓練が一番効果的です。

そして災害時に重要となるのが、“保育士の判断能力”と“チームワーク”です。

東日本大震災では、小学校や幼稚園で先生の判断ミスによって助かるはずの子どもたちの命まで奪われてしまったという悲しい出来事もありました。

その一方で、保育士たちの判断によって津波に飲み込まれた保育園の園児たち全員が無事に避難して助かったという事実もあるのです。

関連記事:関東でも地震…!万全にしたい震災対策、これさえあれば超助かる「即席ベビー用品」豆知識

 

東日本大震災時、都内の保育園では訓練の成果が…

東日本大震災の際、筆者の勤務していた都内の保育園でも大きな揺れを感じました。

その際に、保育士が「いつもの避難訓練と同じだからね」と言うと、子どもたちはとても冷静に行動することができました。

大きな揺れの中、子どもたちは素早く部屋の中心に集まり、保育士は赤ちゃんをおぶり、子どもたちの頭の上に布団を被せて揺れが収まるのをじっと待ちます。

一人の子が、「怖いよ」と言うと、隣にいた子が「一緒にいるから大丈夫だよ!」と励まし、ぎゅっと手を握り合いながら、静かに揺れが収まるのを待っていました。

これほどまで落ち着いて行動している子どもたちの姿を親が見たら、きっと驚いたことでしょう。

 

避難訓練をはじめとした「保育園で行う防災教育」がある

source:https://www.shutterstock.com/

小さな子どもたちが、なぜこれほど冷静に行動することができるのでしょうか。

それは毎月必ず行っていた避難訓練をはじめ、様々な“防災教育”を行っていたおかげです。

その防災教育の一つは、消防署見学です。

保育園の子どもたちは園外保育の一環で消防署の見学に行くことがあります。

憧れの消防車を間近で見ることができ、子どもたちにとっては忘れられない行事の一つです。

ただし、消防車を見ることだけが目的ではなく、子どもたちが「災害について知る」という大きな目的も含まれています。

消防士さんは命がけでみんなを守っているというのを知り、子どもたちも自分たちにできることを考えるようになるのです。

実際に、消防署を見学した後の避難訓練は子どもたちのやる気が変わっているほどです。

 

災害はいつどこで起こるかわからないからこそ、日頃の訓練が大切なのです。

保育園の訓練を参考に、家庭でも防災について家族で話し合い、いつどこで災害が発生しても落ち着いて行動できるようにしておくことが大切です。

 
【参考・画像】
※ maroke , yoshi0511 / Shutterstock 
※ 保育施設のための防災ハンドブック(経済産業省)
※ 事例で見る園の防災・危機管理 脇貴志著(フレーベル館) 

【関連記事】

 「収納ボックス」が地震やほこり対策に!? 賢い使い分け方法とは

 保育園の訓練に学ぶ、家庭でも実践できる「防災対策」2つ

 さらし1本が命を救う!? 災害時に役立つ「さらしの活用術」8つの方法

※ 赤ちゃんの肌を守る!助産師が教える0歳児のスキンケア[PR]

※ 人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る