シムス位で快適な睡眠を…「妊婦の腰痛を和らげる」対策グッズ

source:https://www.shutterstock.com/

妊娠中の“マイナートラブル”のひとつである腰痛。妊婦さんの多くが腰痛に悩まされています。

腰痛が影響してなかなか寝付けなかったり、寝てもすぐに痛みで目がさめてしまい、不眠につながっている方も多いです。

そこで今回は助産師の筆者が、寝つきをよくするための腰痛緩和の姿勢“シムス位”とおすすめの腰痛対策グッズを、これまでの経験をもとにご紹介します。

 

妊娠中、どうして「腰痛」になってしまうの?

●姿勢の変化

妊婦さんは、赤ちゃんの成長とともにお腹が前にでて、お尻は後ろに突き出て“腰を反らせた姿勢”となります。

これを「反り腰」と言います。この姿勢は、腰に負担がかかるため、腰部の筋肉の緊張により腰痛が生じています。

 

●ホルモンの影響

妊娠によるホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)の影響で、骨盤の仙腸関節(せんちょうかんせつ)というお尻の関節が緩み、可動域が広がることが影響していると言われています。

 

身体の緊張や腰痛を緩和する「シムス位」とは?

シムス位とは、もっとも身体の緊張をとる体位と言われています。(※1)

そのため、腰痛があり身体の緊張がとれない、なかなか寝付けない妊婦さんに大変オススメです。

Photo by Author
出典: It Mama(イットママ)

【シムス位の取り方】

(1)リラックスしやすいよう、左右どちらでも体が楽な方に横になります
(2)体の下側になった足を伸ばします
(3)上側になった足は、曲げて前に出します
(4)体の下側になった手は、背中の方に回すか、頭の下に伸ばしてもどちらでもOK
(5)上側の手は力を抜いて前におきます

妊娠後期に入るとさらにお腹が大きくなるため、シムス位をとっても、からだがリラックス出来ずに緊張したままの方もいます。

そんな時は座布団を上手に活用すると、からだが一気にリラックスできますよ。(シムス位の座布団の活用方法は下図参照)

Photo by Author
出典: It Mama(イットママ)

(1)上側になった曲げた足の下に、座布団をおきます。座布団は2つに折って使ってみてください。

(2)上側の手の間にクッションをおきます。座布団は2つに折って使ってみてください。

この2箇所に座布団を2つに折って置くことで、シムス位でよりリラックスしやすくなりますよ。

 

オススメのグッズ「ハッピーピロー」とは!?

source:http://medicalcraftpro.com/happy_pillow_j.html

シムス位を安楽にできるよう、専用のクッションも販売されています。

著者が妊娠中産後と愛用して大変使いやすかったのが『ハッピーピロー4G』です。

『ハッピーピロー4G』を使用すると、シムス位がよりとりやすくなります。

また産後は、自分とクッションの間に赤ちゃんを入れて添い乳も楽々できますので、産後も大活躍しますよ。

source:http://medicalcraftpro.com/happy_pillow_j.html

 

著者は妊娠中、ハッピーピロー4Gを活用したおかげで、出産当日まで朝までぐっすり眠ることができました。

いまでは、筆者の鍼灸治療室にくる妊婦さんに鍼灸治療の際使用して、皆さんに好評頂いております。

妊娠~出産~産後まで、幅広くご使用いただける抱き枕です。
大きな抱き枕の中身は超極小のマイクロビーズ。自由に移動するマイクロビーズが安楽な姿勢を保ちます。

<特長>
自由な形で体にフィット
お腹が大きくなって寝苦しい、背中や腰が痛いなど、妊娠中のつらさを軽減。妊婦さんの安楽な姿勢を保持します。

産後も使い方色々
ハッピーピロー、ハッピーピロー4Gを折り曲げてうつぶせ寝。添い寝しながらの授乳。背当てにしながらの授乳ベッド。赤ちゃんのベッドや、お座りの背当てにも活用できます。(※ 赤ちゃんに使用する際は、目の届く範囲でご使用下さい。)

株式会社エムシーピー「ハッピーピロー」より引用

お腹の赤ちゃんの成長とともに、妊娠中のママのからだも変化。

特にママの腰の変化は大きく、負担が強くなります。

妊娠中の疲れた腰は、シムス位とクッションを上手に活用して疲れを和らげ、快適な睡眠につなげてみてくださいね。

 

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【参考・画像】
※1 妊娠中の生活 – 松戸市
※2 産む力をはぐくむ助産ケア: 妊婦のセルフケアを支援する! 助産外来が充実する! (ペリネイタルケア2012年新春増刊)
※3 赤ちゃんと一緒に!ペリネのエクササイズ 著ベルナデット・ド・ガスケ – メディカ出版
※  Olena Yakobchuk / Shutterstock

【関連記事】

妊娠後期に起こりやすい「マイナートラブル」と腰痛改善ポーズ

どの体勢もつらい…「妊娠後期のお悩み解決に」シムス位がオススメな理由

5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫

※ 赤ちゃんの肌を守る!助産師が教える0歳児のスキンケア[PR]

※ 人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 「妊娠前はこんなことなかったのに…」産前産後は肌トラブル多発![PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る