初詣で知らないと恥ずかしい!? 「参拝のお作法」4つ

source:https://www.shutterstock.com/

新年を迎え、多くの方が初詣に出かけることと思います。

なんとなく出かける神社への参拝ですが、実は意外と知らない参拝の作法があるのはご存じでしょうか?

そこで今回は、It Mama編集部が新年を控えた今だからこそ知っておきたい“参拝のお作法”をご紹介します!

 

知らないとご利益ダウン!? 初詣の 「参拝のお作法」4つ

source:https://www.shutterstock.com/

(1)鳥居をくぐる前にするべきことって?

神社の鳥居をくぐる前にするべきこと、それは“一礼”です。

神様は人間以上の存在と考えられていますよね。ですので、目上の方を訪問するのと同じ気持ちで、一礼をしてからくぐるのが丁寧だとされています(※1)

初詣は参拝客で賑わっているので、うっかり忘れがちになりますが、ぜひ一礼をしてから鳥居をくぐって下さいね。

 

(2)鳥居のどの部分を通るべき?

鳥居のくぐり方にも作法があります。

実は、参道の中央は“神様が通る道”と捉えることがあるそうです。なので、堂々と中央を歩くのではなく、端を歩くことが神様への礼儀となります(※1)

また、参道の中央を横切る時にも、「通らせて頂きます」というような気遣いがあるとよいそうです(※1)

普段生活している時にも人の前を横切る時に、頭を下げて邪魔にならないような配慮をしたり、「すみません、通ります」と一言かけたりすると思いますが、それと一緒ですね。

 

(3)参拝の服装は、デニムでもOK?

目上の存在である神様へご挨拶をするので、服装に気をつけることもマナーだそう。

しかし冬は寒いので、どうしても見た目よりも防寒重視になりますよね。

それならば、神殿の中で参拝する場合などには、正装とはいかないまでも、気持ちが引き締まるような服装を心がけてみてはいかがでしょうか。

デニムはマナーとしてなるべく控えましょう。

 

(4)お願い事をする時には、住所も伝える?

お参りをする時に、お願い事しか言わない方もいますよね。しかし、実は心のなかで住所と名前も言ったほうが言いそうです(※2)

特に声に出す必要は無いので、心の中で唱えて下さいね(※2)

 

意外に知られていない参拝の作法ですが、ぜひ初詣で実践してみて下さいね♪

 

【参考・画像】
※1 参拝の作法 – 東京都神社庁
※2 神社参拝の心得 – 高宮八幡宮
※ Bogoshipda / Shutterstock

【関連記事】

伊達巻きは「学問」栗きんとんは「金運」!? おせちの意味いくつ知ってる?

夜更かしが続くのはNG?年末年始の「生活リズム注意点」

※ 人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

※ 乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」を防ぐ!赤ちゃんスキンケアのポイントは?[PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る