【東京・足立区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

source:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜出産〜産後まで、多様なサービス・助成金などの制度を用意しています。

そんな各自治体の制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、足立区をご紹介していきます。

足立区といえば、JR・東武線・東京メトロ千代田線、日比谷線・つくばエクスプレスと5つの路線が交錯するビッグターミナル北千住駅がありますね。

また、隅田川と荒川に挟まれ、荒川の土手は『金八先生』オープニングのロケ地としても有名です。

駅前の商店街には活気があり、ファミリー層も多い地区でもあります。そんな足立区の子育て支援について、お届けします。

 

足立区のHPで「妊娠・出産・子育て」に関する情報をチェック!

source:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

足立区の公式ホームページにアクセスしたら子育て・教育という項目をチェックして下さい。

妊娠・出産、手当・助成など項目ごと一覧となっていますので調べたいことを簡単にチェックすることができますよ。

妊娠が分かったら、区役所や保健センターなどに妊娠届を提出しましょう。そこで、母子健康手帳と「母と子の保健バッグ(妊婦健康診査受診票等在中)」が交付されます。

source:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

また、『あだち子育てガイドブック』というものがあります。(画像:29年度版)

妊娠期のママから産後のママまで、子どもの成長に合わせた情報や支援、各種保育サービス、幼稚園、子育てサロン、公園などの情報も掲載されているガイドブックです。

区役所内(南館6階・子ども政策課、中央館3階・子ども施設整備課、子ども施設運営課、子ども施設入園課、親子支援課)区民事務所、保健センターなどで配布されていますので、母子健康手帳と「母と子の保健バッグ(妊婦健康診査受診票在中)」と一緒に、大切に保管しておきましょう。

妊娠届を保健予防課窓口もしくはお近くの保健センターなどで提出した後は、“妊婦面接”がご利用可能です。

支援を必要とする妊婦さんには「母子保健コーディネーター」が個別のケアプランを作成してくれ、出産後のサポートやアドバイスなども相談することができますよ。

妊娠中に足立区へ転入した方も対象になっているようなので、ぜひ活用くださいね。

▼詳しくは妊娠届・母子健康手帳の交付・赤ちゃん訪問連絡票(出生通知票)をご確認下さい。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&足立区の助成内容

出産・子育てサポートの各種制度は国・都道府県・市区町村とそれぞれのメニューがあり、何がなんだかわからなくなってしまうことがありますよね。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、足立区のサービス内容を以下に記載していきます。

具体的には、(1)妊婦健康診査費用助成、(2)子ども医療費助成制度、(3)認証保育所等利用者助成制度、(4)幼稚園補助金、の4つについて触れていきます。

それぞれ助成を受けるための手続きが異なりますので、区ホームページの内容をしっかり確認してください。

 

(1)妊婦健康診査費用助成

妊娠確定後、妊娠届を提出した方に対して妊婦健康診査受診票を交付し、費用(超音波検査・子宮頸がん検診等も含む)の一部を助成してくれる制度です。

対象は、足立区内に住民登録のある妊婦さんとなります。

・妊婦健康診査の公費負担は14回(初回と2回目以降の内容が異なります。)
※HIV抗体検査は平成28年度から追加。旧受診票でも初回分が残っていれば受診可能。

・妊婦超音波検査の公費負担は2回

・子宮頸がん検診の公費負担は1回(平成28年4月~)

 受診できるのは、東京都内の契約している病院や医院となっており、里帰り出産等の妊婦さんにも還付請求の制度があります。

また、足立区では、助産所等での妊婦健康診査費用の助成制度多胎妊娠に伴う妊婦健康診査費用の助成もあります。

詳しくは妊婦健康診査をご確認下さい。

 

(2)子ども医療費助成制度

対象は、足立区内に住民登録があり、健康保険に加入している乳幼児(出生から6歳に達した日以降の最初の3月31日まで)及び小・中学生(15歳に達した日以降の最初の3月31日まで)のお子さまを養育している保護者の方となります。

0歳~15歳(中学3年生)の子どもが医療機関等で診療を受けた時、医療機関等に支払う医療費のうち保険診療の自己負担分を保護者の所得制限なく足立区が助成してくれる制度です。

医療機関等で診療・調剤などを受けたときの保険診療に係る医療費助成は本当に助かりますが、入院時の食事療養標準負担額、薬などの容器代、差額ベッド代、他医療機関からの紹介状のない大病院の初診料などの医療費は助成対象外になるので気をつけて下さい。

詳しく子ども医療費助成制度(マル乳・マル子医療証)についてをご確認下さい。

 

(3)認証保育所等利用者助成制度

足立区では、認証保育所等の認可外の保育施設に入所し、要件を満たしている児童の保護者の方を対象に、保育料の一部を助成してくれる制度があります。

助成金の金額は下記のようになっています。

認証保育所等利用者助成制度では、4月1日現在の満年齢で当該年度の助成金対象年齢を区分します。この区分は年度末まで同じです。

このため、年度途中で受託児の年齢が上がった場合でも、年度内の助成金月額は変わりません。

【助成金の金額】※児童1人あたり

・0歳児・・・月額20,000円
・1歳児・・・月額18,000円
・2歳児・・・月額16,000円
・3歳児以上・・・月額13,000円

足立区では、世帯の多子または所得に応じた利用者助成もあります。

児童の年齢に応じた利用者助成、世帯の多子または所得に応じた利用者助成ともに要件を満たした方が対象となります。

詳しくは認証保育所等利用者助成制度のご案内をご確認下さい。

 

(4)幼稚園補助金

世帯の所得状況に応じ、私立幼稚園へ通園する園児の保護者に対し保育料と入園料を補助する制度があります。

足立区では次の方が対象となります。

■1:保護者・園児の住民登録が足立区内にあり、現にそこに居住し、そこから通園していること

■2:保育料、入園料を納めていること

■3:父母の平成29年度の住民税課税額が年度内に判明すること

■4:私立幼稚園等へ通っているお子さんが

5歳児・・・平成23年4月2日から平成24年4月1日生
4歳児・・・平成24年4月2日から平成25年4月1日生
3歳児・・・平成25年4月2日から平成26年4月1日生
満3歳児・・・平成26年4月2日以降生まれで3歳に達した幼児(※)
2歳児・・・平成26年4月2日以降生まれで3歳に達していない幼児(※)
(※)5から3歳児と同様に保育されている園児に限り対象

■5:保護者・園児が外国籍の場合、在留資格が有り、在留期間が1年以上あること
※「子ども・子育て支援新制度(平成27年度開始)」に移行した園のうち5歳児から満3歳児は、入園料補助金のみが支給対象となります。

補助金の種類は、入園料補助金と保育料補助金となります。詳しくは幼稚園補助金をご確認下さい。

 

予防接種の管理がカンタンに!「足立区あんしん子育てナビ」

source:https://www.city.adachi.tokyo.jp/

足立区では保護者の方々からの「予防接種の管理が大変」という声に対し、予防接種情報提供サービスの「足立区あんしん子育てナビ」の配信を始めました。

子ども1人ひとりの予防接種スケージュールを配信してくれるこのサービスは、つい忘れがちな予防接種をしっかり受けられ、ママの負担も軽減できる嬉しいサービス。

他にも「すこやか赤ちゃんメール」など、妊娠週数にそった身体状態や生活面でのアドバイスが配信されています。

登録はこちらの足立区あんしん子育てナビからご確認下さい。

 

頑張るママをサポートする制度がたくさん!

育児を応援する足立区は、子育てサポート事業を展開しています。

0歳〜12歳の子ども(区内在住)をご自宅、または子育てホームサポーター宅で預かる「子育てホームサポート」。

初めての出産、育児に不安を持つママの悩みやグチを聞いてくれる「きかせて子育て訪問事業」。

育児に対する不安や負担を軽減する為、保育士等による子育て相談「あだちマイ保育園」。

区内に居住し、産前6週間から産後(退院後)1か月までの妊産婦がいる家庭へのヘルプサービス「あだち子育てホームヘルプ」。

無料で使用できるものもあり、このようなサービスで妊婦さんや育児に頑張るママを応援しています。

詳しくはこちら育児を応援しますをご確認下さい。

 

足立区の子育て支援いかがでしたか?

不安なこと、困ったことがあれば一人で悩まず電話窓口も設置しておりますので、こども支援センターげんき等へ遠慮せず相談することをオススメします。

きめ細やかなサービスで育児を応援してくれる足立区、もし妊娠したら? と思ったら早めに自治体のホームページで医療施設、制度や助成金、補助金等のチェックをしてくださいね♪

 

【画像・参考】
足立区ホームページ「子育て・教育」

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

 

人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」を防ぐ!赤ちゃんスキンケアのポイントは?[PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る