【東京・葛飾区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

source:http://www.city.katsushika.lg.jp/

子育て世代のママの妊娠〜出産〜産後までをサポートする、自治体の多様なサービス・助成金制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、葛飾区の紹介です。

葛飾区と言えば、国民的映画『男はつらいよ』の寅さん(葛飾柴又)や、国民的大ヒット漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の両さんなど、ちゃきちゃきの江戸っ子を思い浮かべる人が多いのでは?

公園や緑も豊かで夏は江戸川の花火大会があり、ファァミリー層が多いエリアでもあります。

そんな葛飾区の子育て支援、早速お届けします。

 

葛飾区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

source:http://www.city.katsushika.lg.jp/

葛飾区のホームページにアクセスしたら、ページ下部の「ライフイベントからさがす」という項目から、「妊娠・出産」、「子育て」のページをチェックしましょう。

妊娠がわかったら、ゆりかご葛飾〜妊婦子育て丸ごとサポート

source:http://www.city.katsushika.lg.jp/

妊娠がわかったら、なるべく早く区へ妊娠届けの提出をしましょう。

届け出をした際、交付される母子健康手帳妊婦健康診査受診票、出生届などは、重要な書類ですので大切に保管して下さい。

この時に育児支援ガイドブックも交付されます。このガイドブックには、妊婦さんが安心して出産や育児ができるよう作られたものです。

お役立ち情報や「もしも」の時の連絡先、葛飾区で利用できるサービス等、あらゆることが網羅されてますのでこちらも大切に保管して下さい。

詳しくは「妊娠届出と母子健康手帳の交付」をご確認下さい。

妊娠届を提出後、助産師や保健師と妊婦さんの面談が行われます。

この時、区の子育てサービスを案内する、葛飾ゆりかごプランが渡されます。

妊娠期の過ごし方、出産に対する心構え、不安なこと、心配ごとなど気になることは遠慮せず相談しサポートプランを作ってもらいましょう。

詳しくは「ゆりかご葛飾~妊娠子育てまるごとサポート~」をご確認下さい。

 

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&葛飾区の助成内容

妊娠が分かると、気になるのが子育てにかかる費用。

自治体では様々なサポート制度や助成制度を用意しています。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と葛飾区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診断費用助成

 葛飾区では、東京都内の契約医療機関での妊婦健康診査の一部を助成する制度があります。

◆健診内容

●初回:問診、体重測定、血圧測定、、尿検査(糖・蛋白)、血液検査(血液型(ABO、Rh)、貧血、血糖、不規則抗体、梅毒血清反応検査、HBs抗原検査、風しん抗体価検査、HIV抗体検査

●2回目以降:問診、体重測定、血圧測定、尿検査(糖・蛋白)、保健指導、その他(クラミジア抗原、C型肝炎、経膣超音波、血糖、貧血、B群溶連菌、NST、HTLV-1から1項目を選択可)

●超音波健康診査

●子宮頸がん検診

●妊婦(マタニティ)歯科健康診査

詳しくは「妊婦健康診査のご案内」をご確認下さい。

また里帰り出産にも一部、妊婦健康診査費の費用助成をおこなっています。

 里帰り出産への助成に必要な申請書類、申請方法など「里帰り出産等妊婦健康診査費用の一部助成について」をご確認下さい。

 

 

(2)子どもの医療費助成

子ども医療費助成とは、子どもが病気やケガで病院にかかった時の診療費や薬局等の調剤を受けた時、健康保険の適用される医療費を区が保護者の所得関係なく負担してくれる制度です。

対象者は、葛飾区にお住まいで健康保険に加入している0歳〜6歳(6歳に達した日以降の最初の3月31日まで)の乳幼児医療証(マル乳)と小・中学生(15歳に達した日以降の最初の3月31日まで)の子ども医療証(マル子)となっています。

助成を受けるためには申請が必要なので早めに申請するようにしましょう。

詳しくは「子どもの医療費助成(乳幼児医療証、子ども医療証)」でご確認下さい。

 

 

(3)認証保育所保育利用料助成

保育料の負担を軽減してくれるこちらの制度。葛飾区では、保護者の所得関係なくこちらの助成を受けることができます。 

●入所児童1人あたり(月ごと)の助成金

 (1)月額保育料が40,000円以下の場合、20,000円

 (2)月額保育料が40,001円以上の場合、保育料の1/2(100円未満切捨て)、ただし30,000円が限度

※平成29年4月分から適用となります。

詳しくは「認証保育所の保育料助成」をご確認下さい。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

私立幼稚園に通園する児童の保護者の皆さんに対し、入園料と通園料の補助金があります。

補助金の種類は、

●入園料補助金

●保育料補助金 ※就園奨励費補助金(国・区の制度)と負担軽減費補助金(都・区の制度)からなります。

の2種類があります。

詳しくは「平成29年度私立幼稚園等園児の保護者に対する補助金」をご確認下さい。

 

 

保健師や看護職の専門職の方に窓口で子育てについて相談を

葛飾区では、妊娠や出産、子育てに不安や心配ごとのあるママのために新たな妊娠・子育て相談窓口を開設しました。

保健師等の看護職と児童指導員などの専門職の方が連携し妊婦さんや子育てに頑張るママをサポートしてくれます。

また、妊娠28週から36週までの妊婦さん向けに、お宅に専門職の方が訪問し相談に乗ってくれる妊娠後期訪問もあるので活用してみましょう。

さらに嬉しいのが、出産されたママへご家庭の負担軽減を図るため、子ども服、ベビーカー、ベビーベッド等の子育て用品を購入できる「子育て応援券(1万円分)」をお祝いとしていただけます。

詳しくは「すこやか子育て応援隊」でご確認下さい。

 

ファミサポや育児ママのサポートを賢く活用!

家族が忙しく育児の協力を得るのは難しい、産後の具合が思うようにならない様々な理由で育児のサポートを必要としているご家庭はたくさんあります。

そんな時に活用したい2つのサービスをご紹介します。

 

(1)かつしかファミリー・サポート・センター

「かつしかファミリー・サポート・センター」では会員登録が必要となりますが、サポート会員の方が一時的に子どもを預かってくれます。

◆利用時間

原則として午前7時から午後10時まで

◆利用料金

子ども1人あたり、援助活動開始から1時間まで800円(おやつ、ミルク、おむつ等は別)。
1時間経過後、30分400円

 

(2)家庭的保育者(保育ママ)

source:http://www.hoiku-mama.jp/

区内在住の0歳(産後42日を経過した翌月1日)から3歳未満のお子さんを対象に、資格や経験のある保育ママが自宅で子どもを預かってくれるサービスです。

定員は、3名から5名です。保育時間は、午前8時から午後4時までですが、家庭的保育者によって開所時間が異なります。

保育料は、認可保育園と同様に、住民税に基づき算定します。

保育ママのプロフィールなどはこちらからチェックすることも可能なので、保活の選択肢のひとつにしてみてください。 

 

葛飾区では他にも、体調の変化などで外出が困難になってくる妊婦さんへの外出支援マタニティパスなどの支援もあります。

応援隊を作りいつでも気軽に相談できる体制を整えている葛飾区。

妊娠がわかった場合は、早めに妊娠届けを提出し、自治体のホームページで医療施設、制度や助成金、補助金等のチェックを忘れずにしましょう。

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年12月29日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

 

【参考・画像】
葛飾区公式ホームページ
葛飾区保育ママ情報

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」を防ぐ!赤ちゃんスキンケアのポイントは?[PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る