【東京・墨田区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

source:https://www.city.sumida.lg.jp/

子育て世代のママの妊娠〜出産〜産後までをサポートする、自治体の多様なサービス・助成金制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、墨田区。

墨田区には、世界的な観光スポットであるスカイツリーや両国国技館、江戸東京博物館があり、東京三大花火大会で有名な隅田川花火大会が催されることでも有名なエリア。

下町の風情たっぷりで区の各地に商店街が多数あり、子育てスポットとして都立向島百花園、隅田公園魚つり場、堤通公園内交通公園などがありファミリー層に人気のエリアです。

その中で区はどんな子育て支援を実施しているのか、早速お届けします。

 

墨田区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

source:https://www.city.sumida.lg.jp/

まず、ホームページにアクセスしたら、「子育て・教育」カテゴリーをチェックしましょう。

その中に「すみだ子育て応援サイト」が設置されています。

この特設サイトには、妊娠・出産・子どもの健康・医療費の助成、保育園・幼稚園・小学校など子育て支援に関する情報が項目ごとに見やすくなっています。

 

妊娠が分かったら「ゆりかご・すみだ」で面接を!

source:https://www.city.sumida.lg.jp/

妊娠が分かったらまず、区へ妊娠届を提出すると「親子健康手帳(母子健康手帳)」と「母と子の保健バッグ」、「妊産婦歯科健康診査のご案内」、「すみだいきいき子育てガイドブック」などが交付されます。

こちらのバックの中には、妊婦健康診査の受診票などが入っていますので大切に保管して下さい。

妊娠期〜出産・育児、保育サービスから学童クラブ情報が入ったすみだいきいき子育てガイドブックはPDFでも確認することができます。

さらに、専門職の方による「ゆりかご面接」を受けることができます。

すべての妊婦さんが安心した妊娠ライフ・出産ができるよう不安なこと、妊娠中の過ごし方などの相談ができます。

そして、面接終了後育児負担軽減のため「育児パッケージ(こども商品券一万円分)」が渡されます。

また、当日面接ができない方は後日予約をすることでゆりかご面接が可能です。

詳しくは「 出産・子育て応援事業「ゆりかご・すみだ」が始まりました」をご確認下さい。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&墨田区の助成内容

妊娠、出産、育児と喜びの中でもめまぐるしく変化する暮らしの中で気になるけれども、よく分からないのが育児支援、助成金や補助金。また、各種制度は国・都道府県・市区町村で異なります。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、墨田区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診査費用助成

墨田区では、以下の妊婦健康診断費用の一部を負担してくれます。

●妊婦健康診査 14回

●妊婦超音波検査 1回

●妊婦子宮頸がん検診 1回

●妊産婦歯科健康診査 1回

※ 受診票は都内の委託医療機関(妊産婦歯科健康診査は区内のみ)で使用できます。助産所や都外の医療機関等で受診する場合は、「妊婦健康診査費用助成金」の申請が必要です。
※ 受診票は原則、再発行できません。やむを得ない事情がある場合には、窓口までご相談ください。

また、助産所や都外の医療機関で妊婦健康診査を受診した方は「妊婦健康診査費用助成金交付制度」があります。

詳しくは「妊婦健康診査」のページをご確認下さい。

 

(2)子ども医療費助成

15歳到達後最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前の児童)の、入院・通院にかかる医療費を助成してくれる制度です。

対象者は、区内に住所があり健康保険に加入している0歳の乳幼児(乳幼児医療証(マル乳))〜小・中学生(15歳到達後最初の3月31日まで。子ども医療証(マル子))となっています。
 
助成を受けるには、医療証の交付申請をする必要があります。

詳しくはこちら「子どもの医療費の助成」をご確認下さい。

 

(3)認証保育所保育料助成

墨田区では、認証保育所に在園する児童の保護者の皆さんに対し、保育料の一部について助成を行っています。

●助成金額

認証保育所の月極保育料と認可保育園に在園する場合の保育料との差額に応じ、児童1人につき、1月あたり15,000円から25,000円

詳しくは「平成29年度の認証保育所保育料負担軽減助成金のご案内」をご確認下さい。

また、平成30年度より段階的に変更があるので、来年度入園予定の方は「平成30年度以降の認証保育所保育料負担軽減助成金のご案内です」をチェックしましょう。

 

(4)私立幼稚園等保育料などの補助

墨田区では私立幼稚園に通園する児童の保護者の皆さんに対し、入園料と保育料の補助金があります。

●入園料補助金(平成29年度)
40,000円(入園時に1人1回支給)

●保育料補助金(就園奨励費補助金+保護者負担軽減補助金)
世帯年収・きょうだいの人数により変動

補助金支給の対象者はこちらの条件を満たした方になります。

入園料の補助金は保護者の所得に関係なく一律ですが、保育料に関しては保護者の所得や児童の人数により変動します。補助額、補助区分については、毎年見直しが行われます。

詳しくは「補助金額の種類と金額」をご確認下さい。

 

すみだ子育てアプリをダウンロードして子育て情報をチェック!

source:https://www.city.sumida.lg.jp/

こちらのアプリは、区からのお知らせや、イベント情報が配信されるほか、赤ちゃんや子どもを連れて遊びにいける、おむつ替え・授乳スペースのある施設や、幼稚園・保育園等の施設をマップで紹介しています。

「きずなメール」では妊娠期は胎児の成長過程・妊娠生活のアドバイス、出産後は赤ちゃんの月齢に応じた育児情報など、子育ての不安を解消するためのプッシュ通知を受け取ることができます。

他にも予防接種の時期を教えてくれたり、保育サービスについて相談できる質問コーナーと、とても便利でママに心強いアプリとなっています。

こちらは無料でダウンロードできますので興味のある方はこちら「すみだ子育てアプリ」をご覧ください。

Android版 すみだ子育てアプリ

iPhone・iPad版 すみだ子育てアプリ

 

パパの育児参加サポートやファミサポも充実!

妊娠はママ一人だけでのことではありません。他にも活用したいサービスをご紹介です。

 

●パパのための出産準備クラス(両親学級)

墨田区ではパパの妊婦疑似体験、赤ちゃんのお世話の仕方、情報交換を目的としたパパのための出産準備クラスを開催してます。

妊婦疑似体験をすることで父親としての自覚が芽生え、仕事で忙しく地域の方を触れ合うことも少なかったパパ達、ここでパパ友ができたりと大好評な出産準備クラスです。

 

●すみだファミリー・サポート・センター

子育ての援助を受けたいご家族向けにすみだファミリーサポートセンターを設置。

会員登録をした方同士で、子どもの一時的な保育、送迎などサポートするサービスです。地域における子育ての相互援助活動を実施しています。

子育て支援ネット“はぐ(Hug)”というサービスもあります。

ファミサポとの違いなど、詳しくはホームページの「はぐ」と「ファミサポ」の違いをご覧ください。

 

●赤ちゃん休けいスポット

墨田区内に授乳やおむつ替えができる赤ちゃんの休けいスポットも設置されてます。

source:https://www.city.sumida.lg.jp/

休けいスポットに認定されたお店にはこちらのシールが貼られていますので気兼ねなく訪ねてみて下さい。

 

いかがでしたか?

様々な支援を打ち出している墨田区。

子ども・子育て支援新制度と保護者の就労状況に関係なくすべての子育て家庭が子育て支援を受けることができる認定こども園の普及に向け財政支援の見直しを図ると宣言しました。

妊娠が分かったら、育児に悩んでいたら、不安なこと分からないことがあればホームページをチェックしたり直接、専門職の方へ遠慮なく相談して下さいね。

また、早めに医療施設、制度や助成金、補助金等の確認も忘れずにしましょう。

 

【参考・画像】

すみだ子育て応援サイト – 墨田区公式ホームページ

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

人気のドラマ【コウノドリ】で話題になった抱っこひも![PR]

乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」を防ぐ!赤ちゃんスキンケアのポイントは?[PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る