ヤバイ…!「信頼関係」ゼロ夫婦!? の共通点4つ #18【逃げられ妻】

source:https://www.shutterstock.com/

いつまでも仲のよい夫婦でいるためには、「信頼関係」を築くことが何よりも大事なことです。

信頼し合うことができないままでは、いずれは夫婦関係そのものが崩壊してしまいかねないでしょう。

そこで今回は、なかなか「信頼関係」が築けない夫婦の共通点を紹介します。

 

なかなか「信頼関係」が築けない夫婦の共通点4つ

(1)いつも「疑い」から入る

まず信用することから入るのか、それとも疑うことから入るのかでは、相手に与える印象は大きく変わってしまいます。

何かあったときに常に疑いから入ると、「俺って信用されてないんだな」と夫も感じることでしょう。

また、何も悪いことなどしていないのに頭ごなしに疑われたら、腹だって立つはず。

そんなことが続いたら、信頼関係を築けるどころか、どんどん溝が生じてしまうだけです。自分のことを信用してくれない妻のことを信用しようと思う夫はまずいませんよ。

 

(2)「言葉」にして伝えない

夫婦やカップルであれば、あえて口に出して言わなくてもわかってくれているはずだと思ってしまいやすいです。

もちろん、そういう部分も多々あるでしょうが、なんでもかんでもわかり合うというのは、なかなか難しい問題でもあるでしょう。

いくら夫婦とはいっても、ちゃんと言葉にして口に出して伝えないと伝わらないこともたくさんあるもの。

それを伝えないままにしておくと、誤解やすれ違いを生んでしまいかねません。特に、感謝や謝罪などはしっかりと伝えないと、信頼し合える夫婦にはなれないはず。

 

(3)「自分のこと」ばかり考えている

source:https://www.shutterstock.com/

いつも自分のことしか考えず、夫婦や家族のことは後回しにする。

そんな相手とは、当然ながら信頼関係なんて築けません。夫婦や家族は力を合わせていくものなのに、常に自分中心でいられたら一緒にやっていくことができないでしょう。

お互いに仕事が忙しかったり、やらなければいけないことがたくさんあったりして、自分のことで頭がいっぱいになってしまうこともあるかもしれません。

でも、相手への思いやりだけは常に持っていないと、夫婦関係はギクシャクするだけですよ。

 

(4)「不満」を溜め込んでしまう

信頼を築くためには、不満などは口にしてはいけないと思いがち。

でもそれは逆で、不満を溜め込んでしまうと、それは大きなストレスになっていくだけです。

そして、それはいずれ大爆発をして、取り返しのつかない状態になったりもするかも。

普段から不満もちゃんと吐き出すことで、お互いにわだかりもなくなりますし、その不満点を改善していくことで、より良好な夫婦関係にもなれるものです。

不満も言い合えるふたりであれば、その信頼関係は本物であるとも言えるでしょう。

 

ちゃんと信頼し合えている夫婦は、ちょっとしたことでは関係性が揺らいだりはしません。

長い夫婦生活で様々なことを乗り越えていくうえでも、しっかりと強い絆で結ばれていることが最も大切でしょう。

 

【画像】
※ wavebreakmedia、 ESB Professional / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はこちら▼

ホントに飲み会…?夫からの「遅くなる連絡」で疑う瞬間5つ

「部屋片付けたら?」…産後、最高にイラッときた夫の一言3連発

カチンとくる前に!夫が妻に「文句を言うときの本音」を知って

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る