来年から「家事が楽しくなる」かも!? 即試したい!3つのコト

source:https://www.shutterstock.com/

日本人家庭の多くは、まだまだ女性が家事を取り仕切っています。

特に子どもがいると、常に台所で食べ物を作り、常に食事の後片付けをし、常に散らかったおもちゃを片付け、そしてまた振り出しに戻る……という生活に嫌気がさしている方も少なくないでしょう。

家事をする時間は人間生活の大半を占めています。しかも、毎日途切れなく続くものです。

これが楽しめないということは、人生の半分を楽しめていないと言っても、過言ではありません。

それではもったいないと思いませんか?

今回は4児の母であり、フルタイムで働いている筆者が、家事が楽しくなるちょっとした工夫をご紹介します!

家事が楽しめなかった2つの理由

かくいう筆者こそが、家事を楽しめない張本人でした。

筆者自身が楽しくないからか、以前は喜んでまとわりついていた子ども達が、段々とお手伝いを嫌がるようになったのです。

コレではいけない!と気付いたとき、筆者の状況は以下のようなものでした。

 

(1)自分に対する要求が高すぎる

どんなにがんばっても「まだまだ、もっと出来る!」と、自分を追い立てるのは、どんな人にも辛く、過酷な行為です。

走っても走っても、ゴールがどんどん遠ざかるマラソンのようなものですから。

想像するだに辛いですよね。特に掃除に関して、筆者はこの傾向がありました。

理想の状況は雲をつかむようなものなのに、そこに到達できない自分を、ダメ出ししてばかりだったのです。

 

(2)「ここではないどこか」に幸せを探している

休日にどこかへ出かけて外食することが楽しい反面、どこにも出かけない日は、何か損したような気分になったものです。

今思うと、目の前の小さな幸せに感謝出来ていない状態でした。

無いものねだりや、足りないもの探しが得意な人は、永遠に幸せにはなれません。

理想の家を思い描き、それはここではないという思いから、家自体も好きではありませんでした。

こんな状況から一転、今では家事自体を楽しめるようになり、全く苦ではなくなったのは、本当にカンタンなことに気を付けるようになったからです。その方法をご紹介します。

 

 あっという間に家事が楽しくなるコツ3つ

(1)とにかく“出来たこと”にフォーカスする

足りないところは探せば探すほど、ザクザク出てきます。

探してそこをこなすことが出来ればいいですが、体は一つだけですから、到底追いつきません。

探しても出来ないなら、探す意味は無いですよね。

ですから筆者はひたすら、“出来たこと”にフォーカスしました。

「今日はとにかくご飯は炊いた」「お味噌汁も美味しく作った!」と指差し確認のように。



(2)当たり前に出来たことを、褒める

多くの日本人が持つ特性として、“自分に厳しい”ことが挙げられます。

筆者もご他聞に漏れず、“ど根性”、“忍耐”を美徳として持っていました。

自分に厳しい人は、努力した成果は褒められて然るべきとしていますが、一方で当たり前のことは見過ごしがちです。

しかしながら、ここでは“当たり前”を褒めることを意識します。

筆者は、今ではまず起床する瞬間に「今日も目を覚ましたわたし、偉い!」と褒めることから一日がスタートします。

お弁当を作るたびに、「今日もお弁当を作った私、偉いわ」と褒め、後片付けも終わったら「片づけまでやっちゃった私、なんて偉いんだ」と褒めます。

 

(3)小さな幸せを味わう

source:https://www.shutterstock.com/

たとえば、「蛇口がぴかぴかになった。この輝きが気持ちいい……」と、うっとりと味わいます

床を磨くたびに、「ねっ転がっちゃいたいくらい、気持ちいいわ~」と、本当にねっ転がったりしています。

筆者は何かを磨いて輝かせる仕事がとりわけ好きなので、グラスや鏡、窓を磨くたびに、その美しさを味わっています。

こんな風に作業自体と、それをやる自分、小さな成果を認めることで、筆者は驚くほど家事が苦痛ではなくなりました。

足りないところにダメ出ししてイライラすることは激減し、リラックスして寛げるようになりました。

筆者には4人の子どもがいますが、毎食の夕ご飯の後片付けは、みんなでわいわいと協力し合うのが常です。

「みんなでやるとこんなに早いね!」「こんなにきれいになったね~、気持ちいいね!」と言葉をかけることで、楽しく、あっという間に後片付けが終わります。

 

ママがニコニコ楽しみながら家事をすることを習慣にすると、子ども達にも伝わります。

1つでもできるものから実践してみてくださいね。

 

【画像】
※ Andrey_Popov , Roman Samborskyi / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はコチラ▼

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る