9月産まれは「クリスマスベビー」なの!? 誕生月別の出生率は?

source:https://www.shutterstock.com/

筆者の周りには9月が誕生月の子をもつママが多くいます。

子どもの誕生月を聞くと、「クリスマスに夫と仲良くしたのかしら? ふふ♡」と密かに思っています。

しかし、本当に「クリスマスベビー」は日本に多いのでしょうか?

そこで今回は、絶対9月生まれの赤ちゃんが多いと思い込んでいる筆者が、クリスマスベビーは本当に多いのか、また何月生まれが一番多いのかを調べてみたいと思います。

 

クリスマスベビーは「9月」に産まれる!? 9月に誕生した人数は?

総務省の『政府統計の綜合窓口』平成28年人口動態調査によると、1年間のうち、9月に産まれた赤ちゃんの総数は84,863人でした。

先ほどの調査によると、出生率の順位は以下の通りとなっています。

出生率が多い月ランキング
・1位・・・7月(85,027人)
・2位・・・8月(84,977人)
・3位・・・9月(84,863人)

なんと夏が始まる7月が一番出生率が高いという結果が出ました。7月というと、ベビーがやってきたのは10月ですね!

そして筆者の気になる9月は、なんと3位! 7月生まれの子は10月、8月生まれの子は11月と、いずれも気候が涼しくなり、冬ち近づくに連れ人肌が恋しくなる季節にベビーたちがやってくることが多いようです。

次に、出生率が少ない月もみていきましょう。

出生率が少ない月ランキング
・ワースト1位・・・2月(76,765人)
・ワースト2位・・・11月(77,963人)
・ワースト3位・・・12月(79,429人)

見事に気候が寒い月が並びました。

ちなみにベビーがやってくるキッカケとなった月は、2月生まれの子は5月、11月生まれの子は2月、12月生まれの子は3月。

5月がキッカケとなる2月が一番少ないという結果に、チョッピリ意外性を感じました。

2月は日数が少ないため、そもそも2月生まれが貴重な存在なのかもしれませんね。

source:https://www.shutterstock.com/

もうすぐ恋人たちのクリスマス。

しかし恋人たちに負けずに夫婦も、クリスマスに熱くなっても良いのではないでしょうか?

 

【画像・参考】
統計表一覧 – 政府統計の総合窓口
※ sukanya sitthikongsak , MANDY GODBEHEAR / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい人気の記事はコチラ▼

日本人で多い誕生日は「4月2日」!1番少ないのは…?

1歳男の子ママが本気で選んだ!「2歳の誕生日プレゼント」10選

「旦那」と打つとこんな感じ。だからこそ響く「夫への誕生日エピソード」3つ

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 「赤ら顔」が気になる敏感肌の方必見!出産前後の肌トラブルを乗り切るには?[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る