親バカもほどほどに!褒めすぎると「失敗を恐れる子」になる!?

source:https://www.shutterstock.com/

大好きなママに「おりこうさん!」と褒められ、パッと輝く子どもの表情。

「ママにもっと褒められたい!」と、おりこうさんぶりにも磨きがかかりますね。

ところが昨今、こうして“褒めること”について、「ちょっと待って」という見方も聞かれるようになっています。

この記事では、18年間様々な立場から子育てに携わる筆者が、米国でロングセラーとなった心理学者ジェーン・ネルセン氏の”しつけ”についての書籍『Positive Discipline(※1)をもとに、褒める前に思い出したいことを紹介します。

長岡真意子

 

「褒める」ことはネガティブに働く場合もある?

褒めることのネガティブな影響とはどんなものがあるのでしょう。先述した書籍を元にご紹介していきます。

●子どもの主体性が育ちにくい?

褒められるならば、多くの場合、子どもは褒めてくれた相手の期待にこたえようとするもの。ましてやその相手が、大好きなママだったらなおさらのことです。

ところが、長い目で見るのならば、褒められることで、その子は他者を喜ばせ、他者から承認を得ることばかりを優先するようになる場合があるといいます。

そうして、まずは相手の意見や顔色をうかがう習慣がつき、自分が「したい」と思うことより、相手の意向を優先するようになることで「結局、自分が何をしたいのか分からない」という事態にもなりかねないというのです。

つまり、“褒める”ことは、子どもが自らの意志に基づき物事を決定するといった“子どもの主体性”を育むには、適していないのかもしれません。

 

褒められるために、失敗を恐れるようになる?

source:https://www.shutterstock.com/

 もし、何かができている時のみ、「おりこうさん!」と褒められるならば、その子は「賢い」という評価を失うことを恐れ、すぐにはできそうにないちょっと難しいことに挑戦するのを避けたり、できないことを「隠そう」とすることが分かっています。(※2)

 

●信頼関係を損なう?

褒める時は多くの場合、何かがうまくできたときです。

褒めることは、「(もし速く走れたら)すごいね!」「(もし静かにできたら)えらいね!」と、常に条件つきの行為。

それでも子どもは、「うまくいかない自分」をも無条件に受けて止めてもらうことで、相手を心から信頼し、安心感を培っていきます。

親の期待に基づいた条件に沿うよう褒めてばかりでは、なかなか親子間の信頼関係を築くのは難しい場合もあるでしょう。

 

●自己肯定感を高めることにはならない?

褒められることで相手の意向をうかがい、相手の評価ばかりを期待するようになってしまうのならば、「どんな自分でも大丈夫!」といった“自己肯定感”は育ちません。

他者の期待に応えるよりも、自分で決めたことを自分で成し遂げられると感じる時、子どもの自己肯定感や自信は築かれます。

では、褒める代わりに、どんな対応ができるでしょう?

 

 

褒めるより「励ます」「認める」「感謝する」

(1)励ます

×「忘れ物しなかったね、おりこうさん!」→〇「昨日の夜、ランドセルの中を点検したから、忘れ物しなかったね。この調子で、点検するのを習慣にしていこうね」

 

(2)認める

×「こんな難しい問題も満点なんて、おりこうさん!」→〇「(問題が正解でも間違っていても)難しい問題も、最後まであきらめずにできたね」

「際立って何かができた時」に褒めたり、また「できない時」に小言をいうだけでなく、普段気がつかないような「できている」ことを、こまめに「認めて」あげましょう。

 

(3)感謝する

×「静かにしてくれておりこうさん!」→〇「静かにぬり絵していてくれたからパパと大切な話ができたよ。ありがとうね」 

 

いかがでしたか?

「励ます・認める・感謝する」ことで、子どもが自信に溢れ、主体的に自らの力を発揮できるようサポートしてあげたいですね。

【参考・画像】
※1 Jane Nelsen『Positive Discipline(ポジティブなしつけ): The Classic Guide to Helping Children Develop Self-Discipline, Responsibility,Cooperation, and Problem-Solving Skills』(2011)
※2 Li Zhao, Gail D. Heyman, Lulu Chen, Kang Lee. ‘Praising Young Children for Being Smart Promotes Cheating(子どもを賢いと褒めることは「ごまかし」を促進する)’. Psychological Science, 2017; 095679761772152 DOI: 10.1177/0956797617721529

※ maroke、 zhekoss / Shutterstock

【関連記事】

0歳児の赤ちゃんをどう褒める?「語りかけ育児」のメリット・秘訣を教えます!

そうだったのか!子どもが「嘘をつきやすくなる」心理と親の対応

※ 褒めすぎはキケン!? 「不幸せな子」にしてしまうママのNG行動4つ

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る