実は長子が甘えん坊?「3人きょうだい」の性格あるある

source:https://www.shutterstock.com/

今年8月に次男を出産し、3人きょうだいになったわが家。

3人とも同じように育てているつもりなのに、長男・長女・次男は面白いほど、それぞれ違った個性があります。

また、筆者の周りには3人きょうだいのご家庭が多く、聞いてみると、どうやらきょうだい構成によって特徴が出るようです!

そこで今回は、筆者やママ友の体験談から、3きょうだいの特徴あるあるエピソードをご紹介したいと思います。

 

(1)しっかり者になるってホント?「第1子の特徴」

長男、長女と言えば、弟妹を束ねる“しっかり者”というイメージですよね。

が、わが家や周囲のママ共に聞くと、実際のところは3人の中で……

●1番甘えん坊!

●1番マイペース!

●1番神経質!

という長男・長女が多いよう。

2番目の子どもが生まれるまで、パパとママの愛情を独り占めしてきたこともあり、本当は甘えたがりの寂しがり屋さん。

親も第1子は特に慎重に育てるので、子どもも神経質でまじめになりやすいのかなと思います。

寝ていても、第1子は足音だけで起きちゃうけど、第2子以降は近くで掃除機をかけていても起きない……なんていうのも、その現れでしょうね。

筆者の4歳の長男は、お兄ちゃん歴3年目に突入し、妹に交通ルールや道具の使い方を教えたり、クイズを出して遊んであげたりと、ずいぶん頼もしくなったな~と思いますが、やはり1番泣き虫で、要求が多く、今でもママが隣にいないと寝られない甘えん坊さんです。

 

(2)孤独になりやすい!? 「第2子の特徴」

「きょうだいの中で1番愛されていないのは私(僕)」と思われてしまいがちな“中間子”。

親からしてみれば子どもたち全員、同じように愛情を注いでいるのに、どうしてそう思われてしまうのでしょうか。

そんな中間子の特徴は……

●甘え下手

●頑固

●手がかからない

筆者の2歳の長女は、本当は甘えたいけど、泣きたいけど、ギリギリまで我慢して頑張ってしまうタイプ。

何か甘えたそうにしているなという時「大丈夫だよ。」「頑張ったね。」「抱っこしようね。」など、心に寄り添う声かけをすると、せきを切ったように「わーーーん!!!!!」と泣き出します。

2歳ながらいろいろと考えているんだな……と、こちらが切なくなり、もっと甘えさせてあげなければと反省するほどです。

 

(3)みんなに可愛がられる?「末っ子の特徴」

3人育児の先輩でもある友人に「3人目は孫のように可愛いよ」と言われていた筆者。

実際生まれてみると、その意味がわかりました。

2人の子どもを育てて得た経験で余裕が生まれるのでしょう、泣いても喚いても、何をしても可愛いんです。

そんな末っ子の特徴は……

●愛嬌がある

●良い子になりやすい

●自由奔放

上の子たちの失敗をたくさん見て育つ末っ子は学習能力が高く、どうしたらママやパパに怒られずに済むか、良くも悪くも知恵がつきます。

先輩ママに聞くと、親に加えきょうだいからも可愛がられて育つので“良い子”になろうとしがちのよう。

悪いことではないですが、失敗を恐れないよう時には突き放し、精神面を強くしてあげなければと思う筆者です。

 

いかがでしたか?

子どもが増えるのは幸せなことですが、思うように甘えさせてあげられなくなるのも事実。

たまには“ママの日”をつくって、長子や中間子と2人っきりでデートし、思いっきり甘えさせてあげる日を設けようと考えています。

今回紹介した内容はあくまで一例ですが、これから2人目・3人目……と考えているママは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【画像】
※ Gladskikh Tatiana /  Shutterstock

【関連記事】 

※ 男の子は優男になりがち!? 【兄×妹】の組み合わせあるある

「私たち、あえて一人っ子を選びました」パパとママの言い分

工夫すると効果が倍増!兄弟別「甘え」への対処パターン

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

【It Mamaからのお知らせ】

月齢・妊娠月齢ごとにカスタマイズできる!サクサク記事を読みたいならアプリがオススメ▼

google-play-badge-20170106142759-500x193

app_icon_apple

プレゼントキャンペーンや人気の記事の特集が読める!LINE@で友だち登録はコチラ▼

友だち追加

LINEで送る