【東京・中央区】宿泊型産後ケアや、妊婦タクシー券制度が充実!

source:http://www.city.chuo.lg.jp/

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜出産〜産後まで、多様なサービスや助成金制度を用意しています。

そんな各自治体の制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、東京都の中心にあり特別区の一つである「中央区」です。

銀座のオフィス街、月島や築地という下町が融合した街のイメージが強い場所柄、マンションや集合住宅がたくさんあり、あかつき公園、浜離宮恩賜庭園、ほっとプラザはるみ屋上のじゃぶじゃぶ池(夏季限定)は子育てスポットとしても有名です。

 

中央区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

source:http://www.city.chuo.lg.jp/

まず、中央区の公式ホームページにアクセスしたら「子育て・教育カテゴリー」をチェックしましょう。

こちらのページでは、妊娠・出産、手当・助成など項目ごと一覧となっています。

また、「中央区こどもすくすくナビ」も区からの最新情報が配信されているのでこちらもチェックしてください。

 

中央区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

 

妊娠がわかったら、区役所、特別出張所、保健所、保健センター窓口で妊娠届出を提出しましょう。その場で「母と子の保健バッグ」がもらえます。

このバックの中には、母子健康手帳、妊婦健康診査票、産前歯科健康診査受診票、出生通知書(赤ちゃん訪問れんらくはがき)などの大切な書類が入っていますので大切に保管してください。

詳細は「妊娠届・母子健康手帳の交付」ページを確認してください。

source:http://www.city.chuo.lg.jp/

また、中央区では「父親ハンドブック」が配布されています。

この父親ハンドブックは、男性には分からない母体の心身の変化や父親になる心構え、シーン別に父親としての役割などが記載されているので、妊娠初期からパパになる準備として読んでもらいたいですね。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&中央区の助成内容

 

出産や育児には多くの助成制度があり、各都道府県・市区町村で異なります。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と中央区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診断費用助成

中央区では妊婦さんの定期的な健康診査のうち、こちらの一部を助成する制度があります。

・妊婦健康診査受診票
 「妊婦健康診査受診票」(1回目:水色、2~14回目:黄色)を使って、妊婦健康診査の1~14回分について、対象の検査項目を公費負担で受けることができます。

・妊婦超音波検査受診票
 「妊婦超音波検査受診票」(白色)を使って、超音波検査を1回公費負担で受けることができます。

・妊婦子宮頸がん検診受診票
 「妊婦子宮頸がん検診受診票」(桃色)を使って、子宮頸がん検診を1回公費負担で受けることができます。

里帰り出産にも助成がありますので検討している方は、「里帰り出産妊婦健康診査費用助成制度」をご確認下さい。

中央区では産前に1回、産後1年未満に歯科健康診査を1回無料で受診できます。

妊娠中でも治療可能な場合もありますので、妊娠がわかったらすぐに受診したいですね。

詳細は「産前・産後歯科検診診査」を確認してください。

 

(2)子ども医療費助成

子ども医療費助成とは、子どもが病気やケガで病院にかかった時の診療費や薬局等の調剤を受けた時、健康保険の適用される医療費を区が保護者の所得関係なく負担してくれる制度です。

対象者は、区内に住所があり健康保険に加入している0歳の乳幼児(乳幼児医療証(マル乳))〜小・中学生(15歳到達後最初の3月31日まで。子ども医療証(マル子))となっています。

助成の範囲
  ・通院、入院にかかる保険診療の自己負担分
  ・入院時の食事療養標準負担額

助成できないもの

  ・健康保険が適用されない医療費  
  ・高額療養費・附加給付該当分
  ・他の医療費助成制度の適用分    
  ・日本スポーツ振興センター給付適用による医療費

助成の範囲、申請に必要なもの、子ども医療証交付申請書などは「子ども医療費助成」

でご確認下さい。

 

(3)認証保育所保育利用料助成

認可保育園の入所基準を満たし、認証保育所に児童を預けている保護者の方の経済的負担を軽減するため、認証保育所に支払う保育料の一部を補助してくれる制度です。

認証保育所に支払っている月額保育料と認可保育園に在園した場合の月額保育料の差額に応じて最大5万円の補助金が支給されるので認証保育園に通っている場合はチェックしましょう。

詳しくは「平成29年度認証保育所保育料」をご確認下さい。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

私立幼稚園等に支払う入園料・保育料の一部を補助してくれる制度です。

中央区では、以下の2つの制度があります。

・私立幼稚園就園奨励費補助金
・私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金

嬉しいポイントは、条件によって2人目以降は補助限度額がアップすることもあるので2人目以降も考えている方には嬉しい制度ですね。

詳しくは「私立幼稚園就園奨励費補助金・私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金制度」をご確認下さい。

 

妊娠週数や乳児の月齢に合わせた情報が届く「あのねママメール」を活用しよう!

source:http://www.city.chuo.lg.jp/
 

あのねママメールとは、妊娠中から3歳までの赤ちゃんを持ちママやパパ向けに、赤ちゃんの成長の様子、子育てアドバイス、区の母子事業情報を配信するメールサービスです。 

妊娠週数や乳児の月齢に合わせて、ママへのアドバイスや予防接種のスケジュールなど都度案内してくれます。

あのねママメールは、「母と子の健康モバイルサイト」から登録できます。

(1)あのねママメール(マタニティ)
  産前・女性向け
  内容:胎児の成長の様子、ママへのアドバイス(妊娠週数に応じたからだのこ    となど)、区保健師からのメッセージ、区母子事業の案内など

(2)あのねパパメール
 産前・男性向け
 内容:胎児の成長の様子、パパへのアドバイス、区保健師からのメッセージ、   母子事業の案内など

(3)あのねママメール(育児)
 産後の家族向け
 内容:赤ちゃんの成長の様子、子育てのアドバイス、区保健師からのメッセー   ジ、区母子事業の案内など

妊娠中の通院に嬉しいタクシー利用券を1万円分プレゼント

 

通院等の経済的な負担、悪阻で体調が思わしくない時などに嬉しいのがタクシー利用券のプレゼント。

中央区より妊婦さんに出産支援祝いとして支給され、約70社のタクシー会社で利用できます。

申請方法などは詳しくは「出産祝い支援品」をご確認下さい。

 

宿泊型産後ケアを有効活用しよう!

 

産後、体調が思わしくない、家族の協力が難しい、初めての育児一人では不安というママと生後10週未満の赤ちゃんにおすすめなのが宿泊型産後ケアです。

専門職の方とママ、赤ちゃん一緒に過ごすことができるので、日頃不安に思っていることや分からないことを気軽に相談できるチャンスです。

産後ケアの主な内容
・母体ケア(母体の健康状態チェックなど)
・乳児ケア(乳児の健康状態、体重チェックなど)
・育児相談、授乳指導

料金は1泊2日10,000円(食事代込)1日ごとに1,000円加算されますが6泊7日まで利用可能です。

詳しくは「産後ケア宿泊型事業のご案内」をご確認下さい。

 

いかがでしたか?

オフィス街のイメージがある中央区ですが、あのねママメールや産後ケアなどで子育て支援をしっかりとしてくれます。

不安なこと気になることがあれば遠慮なく区や専門職の方に相談して下さいね。

また、妊娠が分かったら早めに医療施設、制度や助成金、補助金等の確認も忘れずにして下さいね。
 
 

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年12月16日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

 

【参考・画像】

子育て・教育 – 中央区ホームページ
こどもすくすくなび – 中央区

 
LINEで送る