【東京・大田区】行政の子育て支援制度まとめ(超基礎編)

 

source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html

国や自治体は子育て世代のママ・パパをサポートすべく、妊娠〜出産〜産後まで、多様なサービス・助成金などのおトク制度を用意しています。

そんな各自治体の制度をご紹介する東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズ

今回は、東京の空の玄関口、羽田空港を擁し田園調布の高級住宅街、先進技術を有する町工場地帯、海浜公園、多摩川とファミリー層にも暮らしやすい特徴を持つ、東京23区の最南端に位置する大田区のご紹介です。

そんな大田区は公園や多摩川といった自然に恵まれている場所柄、ファミリー層が多く、商店街などの物価もそれほど高くなくとても暮らしやすいと好評です。

では、どんな支援があるのか早速ご紹介します。

 

大田区の子育て情報は公式ホームページのここをチェック!

source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html

様々な情報が随時更新される大田区の公式ホームページですが、どこを見ていいのか分からなくなってしまう!という方もいると思います。

まず、公式ホームページにアクセスしたら、「子ども」という欄をチェックして下さい。

こちらのページにいくと、妊娠・出産・育児・手当や医療費の助成、保育園・幼稚園・学童保育など子育て支援に関する情報が項目ごとに見やすくなっています。

 

妊娠がわかったらまずは子育てハンドブックを手に入れよう!

source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html

妊娠がわかったらまず、何をしたらいいのか? どのように助成金や補助金を申請すればいいのか、初めての妊娠の方は不安がいっぱい。

まず、母子手帳を受け取りましょう。区の窓口へ行き妊娠届けを提出すると、「母子健康手帳」と「母と子の保健バッグ」がもらえます。

このバックの中には、妊婦健康診査受診票、出生通知書などの書類が入っているので大切に保管して下さい。

そして、必ず手に入れたいのが区で配布されている「子育てハンドブック」。

月齢別の子育ての初歩的な疑問から、妊娠期〜高等学校卒業までの情報、子育て中の区民への育児に関するサービスや、地域で取り組む支援サービス、医療機関、助成金、補助金にまつわる様々な情報を網羅した1冊です。

こちらで子育てハンドブックをPDFで閲覧することもできます。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度3つ&大田区の助成内容

 

妊娠、出産、育児と喜びの中でもめまぐるしく変化する暮らしの中で気になるけれども、よく分からないのが育児支援、助成金や補助金。

また、各種制度は国・都道府県・市区町村で違うものです。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、大田区でのサービス内容を以下に記載していきます。

 

(1)妊婦健康診査費用助成

大田区では、妊婦健康診査14回、超音波検査1回及び子宮頸がん検診1回の検査費用の助成を実施しています。

<健診内容>

●初回:問診・体重測定・血圧測定・尿検査・血液検査・梅毒・B型 肝炎・風疹等

●2回目以降:問診・体重測定・血圧測定・尿検査・保健指導・各回1項目選択 (クラミジア抗原・C型肝炎・経膣超音波・血糖・HTLV-I抗体・貧血等)

妊娠歯科健康診査も1回分無料で実施されています。

妊娠中でも治療可能な場合もありますので、妊娠がわかったらすぐに受診したいですね。

また、里帰り出産をされる方も場合によっては全額、もしくは一部助成があります。

詳しくは、「大田区里帰り等妊婦健康診査費用助成について」をご確認ください。

 

(2)子ども医療費助成

0歳から中学校3年生修了前のお子さんが対象の医療費の自己負担分と入院時の食事療養費標準負担額を助成してくれる制度です。

こちらは、区内に住民登録をしており健康保険に加入していることが条件となります。

保護者の所得制限はありません。

●申請に必要なもの

申請者はお子さんの保護者で生計中心者の方

(1)お子さんの健康保険証の写し
(2)申請者の印鑑

●資格の発生日

申請した月から受給資格が発生します。ただし、出生と転入については異動日から6ヶ月以内に申請すれば、出生日・転入日にさかのぼって受給資格が発生します。

(子育てハンドブック67ページ参照)

 

(3)認証保育所保育利用料助成

大田区では、東京都の認証保育所にお子さんを預けている保護者に対し保育利用助成制度があります。

保護者、園児共に大田区に住民票があること、認証保育所と月160時間以上の月極利用契約を結んでいるなどの条件がありますのでチェックして下さい。

補助金額は、保護者の世帯の現年度分区市町村民税所得割の合計額に応じ区分されます。

●補助金額一覧表

生活保護世帯、区市町村民税非課税世帯、均等割額のみ課税世帯 40,000円

区市町村民税所得割課税額 128,000円未満世帯        32,000円

区市町村民税所得割課税額 128,000円以上263,200円未満世帯 25,000円

区市町村民税所得割課税額 263,200円以上500,000円未満世帯 13,000円

 詳しくは平成29年度認証保育所児童保護者負担軽減補助金制度 をご覧下さい。

 

妊娠期から助産師・保健師がサポート「出産・育児支援事業かるがも」

source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html
source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html

妊娠・出産・子育てと切れ目ない支援を打ち出している大田区では、助産師、保健師の専門職の方々が妊婦さん及び家族の方々へのサポートをしてくれます。

妊娠届けを提出した際、専門職の方と面接し不安や出産、生活の相談にのってくれ、面接が終わると「妊婦さん・子育て応援グッズ」が後日届きます。

育児に役立つグッズが載ったカタログの中から、ベビーグッズなど選ぶことができます。

また、出産後に相談に出かけるのは難しいですよね。

大田区ではすこやか赤ちゃん訪問といい、専門職の方が4ヶ月の赤ちゃんがいるお宅へ訪問し相談やアドバイスを行ってくれます。

詳しくは「出産・育児支援事業かるがも」をご確認ください。

 

 子育てチャートを使って予防接種のチェックを忘れずに!

 

source: https://www.city.ota.tokyo.jp/index.html

健康診査や予防接種など、月齢に合わせて受ける項目が複数に渡ります。

こちらの「子育てチャート」のページでチェックして下さい。

 

いかがでしたか?

大田区は、自然も多く城南島海浜公園や洗足池公園など多くの公園があちこちにあり子ども達をのびのびと遊ばせてあげることができます。

子育てで困ったこと、不安なことがあれば相談できる制度が整っているのも魅力です。

妊娠が分かった場合には、早めに自治体のホームページで医療施設、制度や助成金、補助金等のチェックしておきましょう。

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年12月15日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

 

【参考・画像】

子ども – 大田区ホームページ

【関連記事】

気になる区ごとの制度って!? 東京23区シリーズはコチラをチェック▼

https://goo.gl/x33vW7

 マイホーム購入なら何区?「助成金や保障が手厚い」地域5つ

 ワーママ必読!10月~改正「育児・介護休業法」まとめ

 ワーママの味方!東京都心部の「病児・病後児保育」施設7つ

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

LINEで送る