きょうだい育児中のママに聞いた!「2人目妊娠は予想外 or 想定内?」

source:https://www.shutterstock.com/

子どもを産むなら、2人欲しいな~、1人っ子も良いな~など多くの人は考えますよね。

出産前にはきっと漠然と「子どもは何人ほしい」「自分がこれくらいの年齢の時には、こんなふうになっていたい!」というような希望を持っていることと思います。

そこで今回はIt Mama編集部が、ママ達のリアルな声を聞くべく、実際にきょうだい育児をしているママ複数名にインタビューを実施!

出産のエピソードや、家族のお話などをご紹介します。これから妊娠を考えている方は要チェックです♪

 

Q:結婚当時、子どもは「何人欲しい」と思っていましたか?

・夫は2人希望でしたが、私は1人でもいいかな? と思っていました。

・私は三姉妹で育ったのですが、いつも賑やかで楽しかったので、やっぱり2人以上は欲しいと思っていました!

・女の子なら1人っ子、男の子なら兄弟を……と考えていましたよ。

・最初から、2人を希望していました。

・自分が2人姉妹だったので、2人以上は子どもを生むものだと無意識に思っていました!

上記のように、実際に2人以上のお子様がいるママのうち、多くの方が2人を欲しいと思っていたようです。

また、性別によって人数が変動するという方も! 男の子なら元気に、そして女の子ならやっぱり「花よ蝶よ……」と大切に育てたいということなのかもしれません。

 

Q:2人目の妊娠は予想外でしたか?

source:https://www.shutterstock.com/

●予想外派

・1人目が男の子だったので、いずれは3~4年後に2人目も……と考えていたが、予想外に早く(ほぼ年子で)妊娠してしまいました。

・簡易的ですが不妊治療で病院にも通っていたので予想外ではないです。でも、通院を辞めてからできたのはある意味予想外でした!

●計画派

・2歳差で子どもを欲しいと思っていたので、排卵検査薬を使用し計画的に妊娠しましたよ。

“子どもは授かりもの”という言葉がある通り、いつやってくるかはわからないということですね。

なかには、不妊治療をやめてから子どもがやってきたという方も! 嬉しい予想外ですね。

また、2人目ではなく1人目を予想外のタイミングで妊娠し、家族との関係が少し変わったというエピソードも……。

大学を卒業して就職をし、今からバリバリ働き親孝行をしていこう! という時に妊娠が発覚。就職して3ヶ月で職場をやめることになり、両親を悲しませることになってしまいました。
父親が結婚・出産を反対し、私も悩みに悩んだ末に結婚・出産することを選んで、実家を出て夫と暮らし始めたんです。実家には帰っても父親と話すこともなく、とても辛かい日々を過ごしました。
その後、子どもが産まれこのままじゃダメだと思い、退院後両親に会いに行くことに。

両親は泣き、そのまま私達を認めてくれ、子どもが産まれたお陰で家族が丸くなり今は仲良くすることができました。
妊娠がわかったときは辛いこともありましたが、子どもができたおかけで、今は幸せなので感謝しかないです!

とても心温まるエピソードですね。“子はかすがい”とはよく言ったものです。

予想外のタイミングの妊娠は当人のみならず、周りの人にも影響を与えるもの。

大変な時期を乗り越え、今では幸せな毎日を過ごすことができ、加えて家族の絆もより深いものとなったのではないでしょうか。

 

LINEで送る