子どもに怒りをぶつける前に!思い出したい「3つの質問」

source:https://www.shutterstock.com/

突き上げる感情をそのまま相手にぶちまけることを“反応”といい、自らの感情に気づき、相手にとってより適切な向き合い方を選択することを“対応”といいます。

ノンストップで続く子育て生活では、子どもの好ましくない言動に思わずママの怒りの感情をぶつけてしまうこともあるものです。でも、それもわが子が愛おしいからこそ。

「可愛さ余って憎さ百倍」というように、どうでもよいと感じる相手に対し、そうは感情的に“反応”することもありません。

この記事では、18年間様々な立場から教育に携わる筆者が、米国でベストセラーとなったしつけについての本(※)を元に、どう上手く対応していくかをお伝えします!

長岡真意子

突き上げる「怒り」に気づいたらまずしたいこととは?

怒りがこみ上げるのに気づいたら、まずは深呼吸。

力の入った身体の箇所を、吐く息と共に緩めましょう。

強い感情を感じる時とは、眉間・頬・舌・肩・こぶしなどに、ぎゅっと力が入っています。

また子どもの安全が確保できるようならば、一旦その場を離れてみるのも方法です。

 

「反応」より「対応」を心がけるために思い出したい3つの質問

source:https://www.shutterstock.com/

そして、以下にあげる3つの質問を思い出してみましょう

●質問1「なぜこの子はこんなことをするのだろう?」

お腹がすいていませんか。疲れて眠いのではありませんか。体調は万全ですか。

年齢が低くなるほど、子どもの言動は、体調に大きな影響を受けるものです。

また、ママを困らせるその言動は、反抗期など発達に必要な過程ではないでしょうか。

それとも、ママの注意を引きたいのでしょうか。

体調を整えることを優先する、一時的な過程と長い目で見守る、一緒に楽しむ時を持つよう心がける……など、子どもの言動の背景を思うことで、“対応”へのヒントが見えてきます。

 

●質問2「私はこの子に何を教えたい?」

手を出すのでなく言葉で相手に伝えること。相手への思いやり。約束を守ること。

「好ましくない言動」は、こうしたことをママが「教え」、子どもが「学ぶ」絶好の機会です。

貴いレッスンとして、生かしていきましょう。

 

●質問3「どうしたらこの子にその教えが最も伝わるだろう?」

ママも子どもも、感情が高まっている状態では、効果的に教え・学ぶことはできません。

まずは、落ち着きましょう。

そして、「どんな言葉を用いて説明するとその子の心に届くか」。また、「どんな質問をすることで、その子が自らの頭で考えるか」を想像してみます。

親子で気持ちを落ち着け、「おもちゃを取られて悲しかったね。でも叩かれた〇〇ちゃんもどんな気持ちだったかな? 今度お友達があなたのおもちゃを取ってしまったら、なんて言ったらいいかな?」など、その子が理解できる言葉で話し合ってみましょう。

 

以上のように、3つの質問を通し、その子の言動の背景を探り、どのように接するのがその場では最も適切かを整理します。

できる範囲で上のような流れを繰り返す内に、徐々にママがその子を観察する力も培われ、より自然に対応できるようになっていきます。

自らの怒りに気づく→深呼吸で身体を緩める→「3つの質問」。

この流れを思い出し、ぜひ子育て生活での“反応”を減らし、“対応”を取り入れていきたいですね。

 

【参考・画像】
※ Daniel J. Siegel and Tina Payne Bryson 『No-Drama Discipline: The Whole-Brain Way to Calm the Chaos and Nurture Your Child’s Developing Mind』 (2016)
※ Andrey_Popov、 Olena Yakobchuk/ Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたい記事はこちら▼

※ わがままっ子に効果的!? 「しつけより優先すべき」たった1つのコトって?

※ 【女の子ママ必見】しつけに役立つ!? 「お世話遊び」のメリット5つ

※ 毎日悩むママ必見!? 「寝かしつけあるある」対処法2つ

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

LINEで送る