楽しいパーティが修羅場に!? 「Xmasママ友トラブル」2つ

source:https://www.shutterstock.com/

今年も街中がイルミネーションとクリスマスの装飾で溢れる季節となりました!

「この季節が一番好き」という方も少なくないと思いますが、実は、ママになったことで「この季節が憂鬱」になってしまったという声も聞こえてきます。

保育園や幼稚園、小学校のお友だち家族との“クリスマス会”が開催されるこの季節、思いもよらないことで、ママ友との間に亀裂が入ってしまう……なんてこともあるのです!

そこで今回は、ママである筆者がクリスマスに起こりがちな“ママ友トラブル”についてご紹介します!

(1)運命を左右する!? クリスマスプレゼント交換で…

source:https://www.shutterstock.com/

「子どもたちが喜びそうなものを買って交換しよう! 予算は500円で!」

……あるあるですよねぇ。

子ども同士のプレゼント交換なので、500円という金額は無難なのですが、“500円で買えるプレゼント”というのは、実は最もセンスが問われる難題でもあるんです。

「え? 私、お菓子の詰め合わせにしようと思ってた……。」という、そこのあなた!

それはやめておきましょう。

間違いなく、冬休み明けにはママ友がよそよそしくなります。

無難に選びたいのは、ハンカチや靴下などの“日常使える(ちょっとオシャレな)消耗品”、“いくつあっても困らないモノ”です。

毎日使えるもので子どもが使うものって、実は何枚あっても困らないどころか助かる。

予算が多いのならまだしも500円程の予算では、子どもを喜ばせるモノより“ママ友に感謝されるモノ”を選ぶことをオススメします。

 

(2)食べ物にも気をつけて!「アレルギー事情」

source:https://www.shutterstock.com/

誰かの家でのホームパーティ形式になった場合、ホストになったママはみんなで食べるものを何かしら用意することになると思います。

お料理の腕に自信がある方はぜひお料理を振る舞ってください。

しかし、事前に必ず確認しておくことがあります。それが参加する子どもたちの“アレルギーの有無”です。

最近の子どもは、「そんなアレルギーってあるの!?」というようなアレルギーを持っている場合もあります。

例えば、クリスマスパーティの食卓に並びそうなバナナ、りんご、ゼラチン(手作りゼリーなど)などもアレルギー表示の対象となるものです。

 

修羅場の原因に!「アレルギートラブル」の防止策

事前に「何かアレルギーはある?」と聞いておくことで、起こり得るトラブルの60%は回避できていると言っても過言ではありません!(筆者の所感ですが……。)

手作り料理でおもてなしをする場合、その後お腹を壊した・嘔吐したなどの症状が出た場合は、ホストとなったママに大きな責任がかかります。

オススメしたいのは、みんなで買ってきたもの、出前で頼んだものなどは、もしも何かが起きた時にも責任が販売者に行くので、できれば場所(自宅)を提供するだけにして、食べ物は参加者で買い揃えることです。

 

これは脅しではなく、ママ友と長く仲良くしていくためのアドバイスです。

それでは、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね!

 

【画像】
※ Katalin Besze、YanLev、Rawpixel.com / Shutterstock

【関連記事】

あわせて読みたいIt Mamaの人気記事はこちら▼

ママ友の「おさがり」…お返しのマナーどうしてる?

「お金払うから作ってよ!」入園グッズ準備でママ友トラブル勃発!?

※ SNSの「繊細チンピラ」に注意!本当にあったトラブル事例3つと対策方法

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

LINEで送る