乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」を防ぐ!赤ちゃんのスキンケアとアイテム選びのPOINTは?

世の中の多くのママが悩む赤ちゃんの肌トラブル。

赤ちゃんは、乾燥、乳児湿疹、あせも、おむつかぶれなどの肌トラブルが原因でグズグズと機嫌が悪くなってしまうこともあります。そうなると、ママも心配な日が続き辛いですよね。

筆者は幼い頃、肌のかゆみがひどく、寝ている間にかきむしり、腰・お尻・シーツまでもが血まみれになった経験がありました。

そこで今回、アトピーと乾燥肌で悩んでいた筆者が、自分のような辛い思いをさせたくない……という一心で自身の子ども達にしている、とっておきのスキンケア方法をご紹介します!

赤ちゃんのお肌はデリケート?スキンケアで、乾燥による「カサカサ・かゆかゆ」卒業

実は、80%のママが赤ちゃんの乾燥やかゆみなどの“肌トラブル”に悩んだ経験があるそうです。(※1)

スベスベ・モチモチしている赤ちゃんの肌は、とってもデリケート。

そんな赤ちゃんの肌の水分量は大人の3分の1しかなく、肌の厚みは2分の1しかないため、ちょっとした刺激によってトラブルが起こります。

皮膚は、「皮脂膜」という水分と油分でできた膜で外部刺激から肌を守っています。

しかし、赤ちゃんの肌は、皮脂膜が十分につくられていなく、薄い皮膚の隙間から、もともと少ない肌の中の水分が外へ出て行ってしまい、カサカサ・かゆかゆになりやすいのです。

また、バリア機能も低下しやすく外からの刺激でかゆくなってしまうことも。

そのため、赤ちゃんに必要なスキンケアは、“水分”と“油分”を奪わず、しっかりと補えるスキンケアです。

 

美容のプロが直伝!赤ちゃんのスキンケアのコツ5つ

子どもの頃アトピーだった筆者は、今でも肌が強い方ではなく、乾燥やかゆみと上手に付き合うことが課題です。

また、筆者の次女(2歳)は、その弱い肌を引き継いでいるようで、カサつきがひどくなることがあります。そして、出産したばかりの第3子は、今まさに「乳児湿疹」に悩んでいます!

そんなわが家で行っているスキンケアは・・・・・・

(1)朝晩に「ローション」や「クリーム」などの保湿剤を全身に塗る

これは1年中、毎日欠かさず朝晩行います。特に乾燥がひどくなる秋~冬は、日中やお風呂上り、寝る前にも塗る回数を増やし、ローションとクリームをダブルで使ったりします。

 

(2)ソープや保湿剤は、「低刺激のもの」を使用

筆者は無香料・無着色・パラベンフリー・アレルギーテスト済み……など、低刺激なものを選びます。特に、「パラベンフリー」と「アレルギーテスト済み」は、必ずチェックして購入するようにしています。

 

(3)「たっぷり泡」でやさしく洗い、丁寧に流す

手のひらや指でゴシゴシ皮膚を洗うのではなく、たっぷりの泡を皮膚の上で動かすイメージでやさしく洗います。そして、すすぎ残しがないように丁寧に流します。

 

(4)汗をかいたら流す

赤ちゃんは、よく汗をかきますよね。しかし、刺激に弱い肌に汗をかいたまま放置していると、“あせも”になりやすいです。そのため、小まめに洗い流し、コットンやガーゼで拭き取ります。

 

(5)お風呂の湯船は、熱くし過ぎない

冬は寒いので“沐浴”やお風呂の温度を熱く設定しがちですが、熱いお湯は肌から油分を奪います。そのため、最高でも40度未満に設定しています。

 

このような“適切なスキンケア方法”と“肌質に合ったアイテム”を使用すれば、肌トラブルはきっと減らせるはず! 次に、オススメのアイテムを紹介します。

 

トラブルお肌にやさしい!『マザーズセレクション大賞』を受賞したスキンケアアイテム

筆者の第3子は誕生してまだ1ヶ月未満の新生児ですが、そんな赤ちゃんにも安心して使用できるスキンケアシリーズが『アトピタ』です。

『アトピタ』がママに愛されているのには理由があります。

●お肌にやさしい4つの約束

無香料・無着色※2・パラベンフリー・アレルギーテスト済み※3」の“低刺激”にこだわった製品なのです。そのため、新生児やトラブルお肌の赤ちゃんにやさしく、安心して使用できます。

 

●保湿へのこだわり

ママのお腹の“胎脂由来”の保湿成分「うるおい補給成分」が配合されています。このうるおい補給成分である「ラノリン脂肪酸コレステリル」が、赤ちゃんを乾燥から守ってくれます。

その他にも、昔から民間薬や漢方薬として用いられている植物由来の「ヨモギエキス」がトラブル肌にやさしくはたらきかけ、お肌をしっとりと保湿します。

この『アトピタ』は、「保湿全身ミルキィローション」、「保湿全身泡ソープ」、「薬用保湿入浴剤」の3種類の製品で『2014年第6回マザーズセレクション大賞』を受賞しています。

「マザーズセレクション」とは、子育てにおいてママ達の愛用しているモノや役に立っているコトを一般のママ達が審査(投票)したもの。つまり、この賞を受賞したアイテムは多くのママの支持を得たアイテムと言えるでしょう。

 

「アトピタ」を使って、新生児のスキンケアにトライ♪

今回筆者は、「保湿全身ミルキィローション」と「保湿全身泡ソープ」の2種類を生後3週間になりたての第3子に使用してみました。

まず「保湿全身泡ソープ」は、泡が出てくるポンプタイプ。片手でポンプを押すことができ、不慣れな赤ちゃんとのお風呂のときにも使いやすいです。

 出てくる泡はクリーミーで、お肌の上で拡げやすく、洗った後もカサカサがなく、肌がしっとりすべすべです。

『保湿全身ミルキーローション』は、朝昼晩の3回使用してみました。さらに、授乳や抱っこでこすれる度、塗り直すようにしたら皮膚が柔らかくなり、乾燥していたお肌がしっとりとうるおいました。これは驚き。

さらに、子どもにつけて手に残ったものを、筆者の目元や首などにつけるようにしたところ、お化粧していて保湿ができない“日中のツッパリ感”も少なくなったような気がします。

すーっとよく伸び、首・肘・膝の内側など見落としがちな細かい部分にも伸ばしやすい! そして、とろみのある乳液タイプなので、肌をしっかりと保湿してくれます。

ベタベタ感はなく、さらっとした使用感です。

毎日のスキンケアに使用することで、お肌のバリア機能を整え、赤ちゃんのお肌トラブルから守ってくれます。

はじめは、「ママに何をされるんだ?」と不思議そうな赤ちゃんでしたが、慣れてくると気持ちよさそうでした。

スキンケアだけでなく、全身を見て触れるので“健康チェック”にもなりますね。また、仕事や家事、上の子のお世話でバタバタした育児の中、ママと2人だけの唯一のコミュニケーションの時間にもなりました!

肌トラブルにお悩みの全国の新米ママ、ぜひお試しを♪

 

【参考】
新生児~使用できる安心アイテム♡「アトピタ」が支持されるヒミツはコチラ

※1 丹平製薬調べ
※2 一部天然色素を使用
※3全ての方にアレルギーが起こらないという訳ではありません。

Sponsored by 丹平製薬株式会社

LINEで送る