大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(ねぎ編)

source:http://www.shutterstock.com/

冬の旬野菜シリーズ、今回の主役は“ねぎ”です♪

ねぎといえば、強い香りが特徴的。この香りの成分である「硫化アリル」はビタミンB1の吸収を助けるほか、疲労回復に有効だと言われています(※1)

今回は、管理栄養士で1児のママである筆者が、ねぎを使って赤ちゃんから大人まで楽しめるように展開したレシピをご紹介します。

▶ 「旬野菜で大人&離乳食レシピ」シリーズはこちら!

(1)離乳食中期メニュー:うまみたっぷり「ねぎスープ」

ねぎは生でも食べられる食材!

食感も大事にしたいので、今回はねぎと豚の細切れを離乳食と大人用レシピにそれぞれ使用します♪

Photo by author

●材料

・ねぎ・・・1/8本
・豚の細切れ・・・20g
・干しシイタケ・・・1個
・だしパック・・・1個
・水・・・お玉1杯
・しょうゆ・・・2~3滴
・水溶き片栗粉・・・片栗粉:小さじ1/4~1/2

【作り方】

(1)ねぎと豚肉の細切れはみじん切りにします。干しシイタケはさっと洗っておきます。

(2)小鍋にねぎ、干しシイタケ、だしパック、水を入れ中火にかけます。

(3)ねぎが柔らかくなったのを確認したら、豚肉を加えます。豚肉の色が変わったら、しょうゆで味をととのえ、水溶き片栗粉でトロミをつけたら完成です。干しシイタケは取り出して大人が食べてくださいね。

※製氷機に入れ冷凍保存が可能です。1週間を目安に出来るだけ早く使い切りましょう。

 

(2)大人用メニュー:ねぎを丸ごと楽しむ!「ねぎの肉巻き」

Photo by author

●材料

・ねぎ・・・残り全部
・豚の細切れ・・・約1/2パック
・しょうゆ・・・大さじ1半
・寿司酢・・・大さじ2
・山椒・・・お好み量

【作り方】

Photo by author

(1)2~3cm長さに切ったねぎを豚肉で巻きます。こま切れ肉は何枚かつなぎ合わせて巻きやすくしましょう。

Photo by author

(2)フライパンに肉の巻き終わりを下にして並べ蓋をし3分ほど中火にかけます。

蓋をとって裏に焦げ目がついたら、全体に焦げ目がつくように転がしながら焼きます。つなぎ目をしっかりくっつけるために、焦げ目がつくまでは動かさず待つことが肉巻きのポイントです。

(3)フライパンに醤油と寿司酢を入れて肉巻きと絡ませたら完成です。盛り付けるときに山椒を振ってお召し上がりください。

 

いかがでしたか?

今回は“ねぎ”と、お求めやすい価格の“豚の細切れ”を離乳食&大人メニューに展開してみました。

ねぎを離乳食に用いる際には柔らかくなるまでしっかり過熱して、甘みを出してあげましょう。過熱が足りないと繊維が残って食べにくさを感じるので注意が必要です。

大人用メニューはパパのおつまみやお弁当のおかずにももってこい♪

家族みんなで旬野菜の料理を楽しんでくださいね。

 

【参考・画像】
※1 新ビジュアル食品成分表【増補版】
※  Phrompas / shutterstock
※ 著者撮影

【関連記事】

管理栄養士:Hitomiさんの「旬野菜で大人&離乳食レシピ」シリーズはこちら!

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(白菜編)

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(にんじん編)

※ 大人&離乳食中の赤ちゃんも喜ぶ!冬の旬レシピ(大根編)

※ 受験前に食べさせたい!集中力アップ!受験生応援レシピ – ハハカルテ

※ 家族へ感謝の気持ちを伝えて「豪華賞品をゲット」できるキャンペーン![PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 平均IQ150!? ママも子どもが一緒に成長できる話題の「親子教室」とは?[PR]

LINEで送る