【5ヶ月~】妊婦帯のオススメ定番&最新アイテム5選

source:http://www.shutterstock.com/

妊婦さんのお腹を支えるのに重要な役割を果たす“妊婦帯”。

主流のベルト型だけでも色々な商品があるため、どれが良いか分からない!  と購入を迷う妊婦さんをよく見かけます。

筆者も妊娠中、様々なタイプの妊婦帯を使用してマタニティ期間を過ごしていました。

今回はそんな“妊婦帯選びの体験”から、定番の人気アイテム&最新アイテムをご紹介します!

1:古くからの伝統!さらしタイプ

【犬印】 帯祝に最適!岩田帯(たんじょう)
source:https://www.amazon.co.jp/

古くから妊娠5ヶ月の「戌の日」に贈られるものとして使われてきたのが、“さらしタイプ”の妊婦帯。

さらし布1枚のため、どんなサイズのお腹にも対応します。

ただし慣れるまでは巻くのが難しい! という声もあるようです。

 

2:リラックス出来る、腹巻きタイプ

(マモーレ) Mamo-Re ふわっとロング 腹巻 女性鍼灸師が素材から企画・開発 シルクとコットンの混紡で冷えから大切な身体を守るあったか 腹巻き (ピンク)
source:https://www.amazon.co.jp/

筆者が妊娠初期から使用していたのが、柔らかい“腹巻きタイプ”の妊婦帯。

妊娠初期には妊婦帯はあまり必要ないと考える方も多いですが、冷えを防止すると同時に、お腹周りに1枚布があることで赤ちゃんが守られているような心地よい気分になれましたよ。

 

3:ズレにくいパンツタイプ

ピジョン 助産師さんと考えた 妊婦帯ガードル M グレー
source:https://www.amazon.co.jp/

妊娠中、お仕事をしている方やよく動く方にオススメなのは、ガードルのような形でお腹を支えてくれる“パンツタイプ”のもの。

ズレにくいため、常にスッキリとして付けている感がないのも特徴です。

常にホールドされるため、締め付け感が少ないものを選ぶのがオススメです!

 

4:安定感抜群!サポートベルトタイプ

HighUP 妊婦帯 産前産後に妊婦帯・腹帯としてダブルベルトで体にフィットシリーズ フリーサイズ ピンク
source:https://www.amazon.co.jp/

筆者が使用した妊婦帯の中で、一番活躍したのがこの“サポートベルトタイプ”でした。

特に臨月は重いお腹が下がらないよう、サポートベルトでしっかりと支えることで、重みや苦しさが軽減されました。

初期から利用出来るタイプも多く、腹巻きの上から使用することも可能です。

 

5:産後も活躍!骨盤ベルトタイプ

トコちゃんベルト2 Lサイズ 紺
source:https://www.amazon.co.jp/

妊婦帯の中でも人気の高い“骨盤ベルトタイプ”。

筆者も妊娠中のマイナートラブルで、骨盤のズレを感じたり、腰痛が出た時に大活躍してくれました。

しかし人により骨盤位置にベルトがあるとお腹に食い込んで苦しい……ということも。

筆者も妊娠初期から持ってはいたものの、実はこちらが一番活躍してくれたのは妊娠直後のことでした。

骨盤をしっかりと締めてくれるため、産後の身体の引き締めをサポート! 長く頼ることが出来るアイテムです。 

 

いかがでしたか?

妊婦帯と一口に言っても、実は様々なタイプがあります。ご自身の“マタニティライフスタイル”に合うものを、ぜひ見つけてみてくださいね!

 

【参考・画像】
犬印妊婦帯 – 株式会社犬印本舗
【犬印】 帯祝に最適!岩田帯(たんじょう) – Amazon
Mamo-Re(マモーレ)ふわっとロング 腹巻 – Amazon
ピジョン 助産師さんと考えた 妊婦帯ガードル – Amazon
※ HighUP 妊婦帯 産前産後に妊婦帯・腹帯としてダブルベルトで体にフィットシリーズ – Amazon
※ トコちゃんベルト – Amazon

【関連記事】

出産準備中のママにオススメ!赤ちゃんに必要なアイテムをピックアップ★

※ 都会ママ必見!軽量&コンパクトな「優秀ベビーカー」5選

※ 準備して損ナシ!秋冬出産ママにおすすめ「産後まで長~く使えるグッズ」6選

※ 【素朴なギモン】ベビースタイって一体「いつからいつまで」必要?

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る