保湿だけじゃ足りない!? 「妊娠線ケア」のタイミングとコツ

Photo by Author

妊娠が分かると、今までと違って意識しなければいけないことや不安がたくさん出てきます。その中でも、ママたちが恐怖! と感じているものの1つが“妊娠線”。

筆者も絶対作るまい! と毎日ケアを続けていた結果、妊娠線ができることなく無事出産までたどりつくことができました。

そこで今回は“妊娠線対策”を頑張った筆者が、妊娠線ケアのポイントや実際に使っていたオススメアイテムをご紹介します。

妊娠線ケアの知っておくべき「5つのポイント」

育児グッズメーカー「ピジョン」の配信しているママのためのお役立ち情報『pigeon.info』によると、妊娠線のケアのポイントとして以下の5つが挙げられていました。

・しっかり保湿
・おなかが大きくなる前から、早めのケア
・おなかだけでなく、全身ケア
・急な体重増加を避ける
・妊婦帯でお腹を支える

ーpigeon.infoよりー

一見、関係なさそうな「妊婦帯でお腹を支えること」は、お腹の重みで皮膚が引っ張られてしまうのを妊婦帯を付けることで負担を減らす目的があるそうです!

 

お腹が大きくなってからでは遅い!「妊娠線ケアのタイミング」

Photo by Author

(1)お腹が大きくなる前が始めどき!

筆者の経験上、妊娠線ケアは妊娠が分かってすぐからはじめるのがベストだと思いました。お腹が大きくなってくると妊娠線以外のマイナートラブルも出ててくることもあり、妊娠線のケアにまで頭が回らなくなることも。

また、お腹が大きくなってからでは皮膚はすでに引き伸ばされてしまうため、まだお腹が出ていない頃から柔らかい皮膚にしておくことで大切だと感じました。

 

(2)お風呂上がりの保湿を毎日の習慣に 

毎日同じタイミングでお腹をマッサージする! と決めておくと、毎日の習慣になりやすいのでオススメです。

特にお風呂上がりは身体が温まっているせいかオイルの伸びも良く、忘れずにオイルを手に取ることができ、リラックスしてケアを続けることができました♪

 

筆者オススメ!使って良かった「妊娠線ケアアイテム」2つ 

(1)「オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ」ピジョン

ピジョン オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ 400ml
https://www.amazon.co.jp/

オーガニックのオイルは安心で、大容量のため量も惜しまずに使用できます。またポンプ型のため手軽で使いやすかったです。

 

(2)「オリーブバージンオイル」DHC

DHC オリーブバージン オイル 30mL
source:https://www.amazon.co.jp/

こちらは美容オイルですが、1プッシュで肌が守られているように感じられ常に使用していました。妊娠線ケアだけでなく、“会陰(えいん)”マッサージなどにも使いましたよ。

 

いかがでしたか?

「できたら消えない!」とウワサの妊娠線は、女性たちにとっては絶対に避けたいもの。

妊娠初期からの毎日のケアを習慣にしていきましょう!

 

【参考・引用】
※ ピジョンインフォ ママのはじめてサポートサイト「妊娠線基本知識」
※ 「オーガニクス マッサージオイル ポンプタイプ」ピジョン – Amazon 
※ 「オリーブバージンオイル」DHC – Amazon

【関連記事】

ママの悩み…「妊娠線」にまつわる人気の記事はコチラ▼

※ 年末年始も要注意!? 4割のママが悩む「妊娠線」のケア方法

※ 生活習慣で変わるってホント!? 「妊娠線ができやすい人」の特徴

※ 分娩時に突然「会陰切開」になってしまう前に…!知っておきたいカンタン予防法とは

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る