イヤイヤ期の兄弟喧嘩!主な原因と「ママのスマート対応」とは

source:https://www.shutterstock.com/

2~3歳頃にみられる“イヤイヤ期”といえば、多くのママが頭を抱える子育ての難関。

そこへ、下の子が誕生し、下の子との葛藤が勃発……。

1人でさえ大変なイヤイヤ期に、兄弟姉妹間の葛藤が加わり、ママも心身共に「もう限界!」と叫びたくなってしまいますね。

この記事では18年間様々な立場から教育に関わり、5児の母でもある筆者が、イヤイヤ期の兄弟姉妹喧嘩にどう対応したらよいかのヒントをお伝えします!

長岡真意子

兄弟姉妹喧嘩への「その場の対応」

兄弟姉妹喧嘩は、基本的には“健やかな営み”です。葛藤を通して、”考える力”や”問題解決力”が高まり、互いにたくましく成長するチャンス。

兄弟姉妹間のイザコザが始まったら、すぐに止めに入るよりも、まずは様子を見守りましょう。

すると、おもちゃを取られた赤ちゃんが泣く様子をみて、上の子がおもちゃを返したり、他のおもちゃを渡したりと工夫する場合もありますし、下の子が「イヤ!」と言ってみたものの、「だったら一緒に遊ばないよ」という上の子相手にしぶしぶと妥協するということもあるものです。

こうして少しずつ、子どもは、自分の欲求と相手が求めるものとの間で「どう振舞うか」といった知恵を身につけていきます。

それでも、まだまだ学び始めの子どものこと。「ここからはママが立ち入る必要がある」という境界も、はっきり決めておきましょう。

例えば、次のような場合です。

・どちらかが怪我をしそうになる

・モノを壊しそうになる

・「死んじゃえ」「いなくなっちゃえ」など、相手の心を深く傷つけるような言葉を用いる

こうした場合は、いったん互いを引き離し、まずは子どもの気持ちを落ち着かせます。

落ち着いたら、「あれは、あなたのお気に入りのおもちゃだものね。赤ちゃんも、遊んでみたかったんだね。他のおもちゃを渡してみたらどうかな?」などと、“自分がどういう気持ちか”、”相手がどういう気持ちか”、”お互いがハッピーになるにはどうしたらいいか”を、その子の発達段階に合わせ、理解できる言葉で話し合ってみましょう。

 

兄弟姉妹の「喧嘩が起こる3つの理由」とママが普段したい対応

source:https://www.shutterstock.com/

兄弟姉妹間の葛藤には、次のような3つの理由があります。

普段から、こうした理由を念頭に入れ接することで、兄弟姉妹間の葛藤がエスカレートするのを和らげることができます。

(1)親の愛情やアテンションが欲しい→「1対1のひととき」を大切にする

普段から、スキンシップをとり、ママのアテンションをたっぷりと感じられる時を持つことで、子どもの心も満たされていきます。

たとえ長い時間がとれなくとも、質のよいひとときを心がけることで、随分と違ってくるものです。

例えば、膝に座らせ絵本を読んだり、手をつないで散歩をしたり、ぎゅっと抱きしめ「大好きよ」と伝えたり、その子の目線に立ち目を見て話を聞いたり、また、定期的にママと2人でカフェにお出かけするのもいいです。

 

(2)嫉妬や競争→兄弟姉妹のそれぞれの良い面を強調して伝える

「自分のお菓子の方が小さい!」「エレベーターのボタンを誰よりも早く押したい!」など、兄弟姉妹は、互いを比べるものです。

ですから、「〇〇の方が、絵が上手ね!」などと、ママがそれ以上「比較を助長する言葉」を普段から用いないようにしましょう。

「〇〇の描いた動物の絵、本物みたいね!」「〇〇の選んだ色、ママ好き!」と、互いのよい面を強調する言葉を心がけ、子ども1人1人に「自分もちゃんと認められている」と感じさせてあげましょう、

 

(3)邪魔されない1人のスペースが欲しい→たまには異なる遊びに没頭できる場の確保

年齢が違うと、夢中になる遊びの内容も変わってきます。

例えば、小さなブロックを用いて複雑な組み立て物を思うままに作れるような場を、なるべく上の子にも確保してあげましょう。

 

いかがでしたか?

喧嘩が起こってからのその場の対応だけでなく、”普段の対応”を心がけ、ぜひ兄弟姉妹間の葛藤をその子が将来人間関係を築いてくための糧として、生かしていきたいですね。

 

【画像】
※ Koltsov、wavebreakmedia / Shutterstock

【関連記事】

「きょうだい」に関する人気の記事はコチラ▼

※ こんな時、ママはどうする?きょうだい間トラブルへの対処法~ケンカ・イジメ編~

※ 【FPに質問】きょうだいは「2歳差と3歳差」どっちがおトクなの?

※ イヤイヤ期と出産が重なる!「2歳差きょうだい」のメリット&デメリット

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る