【マタママ体験記】妊娠中の旅行、海外と国内どこがオススメ?

source:http://www.shutterstock.com/

「せっかくだから子どもが産まれる前に夫婦だけで旅行をしたい!」というプレママさんもいると思います。

しかし安定期に入っていても、やはり不安はつきもの。では妊娠中の旅行は、どこに行くのがベストなのでしょうか?

そこで今回は、筆者が妊娠中に体験した海外旅行と国内旅行のエピソードを元に、妊娠中の旅行についてお伝えしたいと思います。

クリスマスや年末年始の連休に旅行を考えていたプレママさん、ぜひ参考にしてくださいね!

インド旅行出発日に「妊娠発覚」!

実は筆者は、アーユルヴェーダの研修のためインドに行く予定をしていたのですが、出発のその日に妊娠が発覚しました。妊娠8週目の超初期で、しかも場所はあの、インドです!

しかし滞在先がアーユルヴェーダ病院でドクターもいる環境であるため、悩んだあげくに出発を決断しました。

しかし丸1日くらいかかるフライトが終わる頃には、脚がパンパン! 2倍くらいにむくんでしまい、歩くことも苦痛でした。

そして24時間スパイスが香る環境や、急なスコールの後のジメッとした土の匂い、全ての匂いが気持ち悪くて、滞在中は毎日吐いていて過酷な日々でした。

もともと「まあ何とかなるだろう!」という性格なのですが、その経験から「妊娠中の海外はもう行かない……。」と心に決めました。

 

事前準備が大切!シミュレーションは念入りに

初めての妊娠だと、自分の体や赤ちゃんに、この先何が起こってくるのか予測ができないですよね。

何が起こるのか分からないので、遠くまでの旅行は控えたいという考え方も良いと思います。

しかし、体の変化や産後の不安から“ストレス”を溜め込んでいる場合など、旅行はとてもリフレッシュできるものになるかもしれませんよ。

そこでもし、行く決断をした場合は慎重に準備をしておくべきだと思います。

安定期に入って近場のグアムやアジア圏に旅行に行く方も少ないですが、妊娠中はただでさえ、急に何かが起こってもおかしくない状態です。

そのため、もしものハプニングが言葉も通じない海外で起こった時に、どのような行動をとるべきなのか? またその時に何が必要なのか?(母子手帳の持参・保険の加入など)事前に確認を徹底することをオススメします。

 

「マタニティハネムーン」は国内がオススメ!

海外にしても国内にしても、旅行に行くのであれば安定期に行くことがオススメです!

しかし安定期とは言え、妊婦健診で突然「今日から絶対安静です。」「トイレ・お風呂以外は動いてはダメですよ。」なんて言われることも珍しくありません。

そうすると、旅行前日に急に行けなくなることも覚悟しておく必要もあります。

しかし気になるのが“キャンセル料”。

もし旅行会社の、パック旅行などの多くは返金不可だと思うので、事前に確認しておきましょう。

それも覚悟で予約するのか、キャンセルが可能な交通機関・ホテルを自分で予約(パックよりは割高になることが多い)するのかです。

筆者のオススメは、車で1~2時間あれば行ける温泉地! 東京にお住まいの場合だと、熱海や箱根・湯河原あたりは車でも近いですし、車がなくても交通機関を利用して行きやすい場所です。

筆者は現在2人目を妊娠中なのですが、先日熱海に1泊で旅行に行ってきました。

今回は初めての新幹線を利用しての熱海だったのですが、なんと品川から30〜40分で着いてしまいました。安定期とはいえ、長時間の移動はかなり腰に負担がくるので、この短時間の移動はかなり楽でしたよ。

また、妊娠して全身に湿疹ができて24時間痒みがあったのですが、温泉に入ったせいなのか気持ちがリフレッシュしたせいなのか、東京に帰る頃には痒みを忘れていました。

もちろん、近場の国内旅行とは言え、旅先で何があるか分からないというリスクはありますが、リフレッシュすることはとても大切だなと実感しました。

 

関東近郊のマタニティプラン付き宿泊先

source:http://www.shutterstock.com/

ここでは、関東から近場で行ける温泉施設で、マタニティプランのある宿をご紹介いたします。

伊東温泉 伊東ホテル聚楽

箱根湯本温泉 箱根 花紋

箱根芦ノ湖温泉 和心亭 豊月

伊豆高原 全室露天風呂付きの宿 花の森クラリス

※参考:楽天トラベル

上記の宿はマタニティプランがあり、特典としては宿それぞれですが、

・急な体調の変化によるキャンセル料免除
・抱き枕の貸出
・ノンカフェイン・ノンアルコールの飲物の提供
・マタニティエステサービス
・マタニティウエアをプレゼント

などの嬉しい特典があります。ぜひチェックしてみてくださいね!

また、温泉はとてもリフレッシュできますが、お風呂は滑りやすく、特にお腹が大きくなると足元が見えにくくなってきますので、ご主人と一緒に入れる貸切風呂や、客室風呂のあるお部屋などを予約した方が良いかもしれません。

 

いかがでしたか?

この冬にマタニティハネムーンを予定していた方も、妊娠中に夫婦の最後の2人きりの時間を楽しみたい方も、安全に行ける旅行先を探してリフレッシュしてくださいね。

また、旅行の際には医師に念のため相談しておくことをオススメいたします。

※ 本記事で掲載する情報は、すべて2017年11月25日時点のものです。プラン内容の変更の可能性もあるため、最新情報を確認してください。

 

【参考・画像】
楽天トラベル
※ Billion Photos , Africa Studio / Shutterstock

【関連記事】

もうすぐ冬休み!旅行に行く前に読んでほしい記事はコチラ▼

旅行や外出でも安心!専門医にも相談できる「救急相談サイト」3選

デビューは何歳がイイ?「子連れスキー旅行を楽しむ」7つの掟

日本人が「海外旅行でトラブルに巻き込まれやすい」危険なケース3つ

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 【産後の体型にビックリ!】あんなに綺麗なゴマキの秘密のダイエット法とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る