子どもの絵がソフトトイに!イケアの「ソフトトイお絵描きコンテスト」11月30日まで開催!

子どもが描く絵は、大人には描くことのできない感性溢れるものばかりですよね。

顔から手が生えていたり、大人の常識を超えるカラフルな色合いのライオンやクマを描いたりと、その時じゃないと描けない特別なものですよね。

ママとしては、愛するわが子の作品をカタチとしてずっと残しておきたいと思うものですし、子どもも「自分の想像したものがカタチになったらいいなぁ」という夢があるものです。

そんな「子どもが描いた絵をカタチにするキャンペーン」があるのは、ご存じでしょうか?

スエーデン発祥でママ達に絶大な人気を誇るイケアが、子どもたちの遊びと成長の権利を全力で支援する『LET’S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を』キャンペーンを11月1日より開催しています。

そこで今回は、It Mama編集部が子どもの夢をカタチにする『LET’S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を』についてご紹介します! 子どもの想像をカタチにしたいママ達必見ですよ♪

 

子ども達の遊びと成長の権利の為に!イケアが贈るキャンペーンとは?

イケアは、「遊びは全ての子どもの成長と健全な暮らしに欠かせないもの」考えています。

世界に目を向けてみると、子どもが子どもらしく生きることのできない場所もたくさんありますよね。

平和な日本に住んでいると、テレビのニュースでしか目にしないような光景も、それをリアルとして生きている子どもは、残念ながら多く存在しています。

 

そこでイケアでは、子ども達の遊びと成長の権利を全力で支援することを目的に『LET’S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を』のキャンペーンを毎年行っているそう。

そのキャンペーンのなかでも特に注目を浴びているのが、子どもの絵がソフトトイになる「お絵描きコンテスト」なのです!

 

わが子の作品が商品に!? 「ソフトトイお絵描きコンテスト」!

毎年行われている「ソフトトイお絵描きコンテスト」は世界中で開催されており、2016年度の応募数はなんと7万点もあったそう! その多くの応募作品の中から10名の作品が見事入賞を果たしました。

入賞デザインは、本物のソフトトイに変身し、SAGOSKATT/サゴスカットという名前の限定コレクションになりました。

そのひとつが、山中穂美(ほなみ)ちゃんの作品。見事日本人初入賞となったんですよ!

「どんな作品だろう?」と、気になりますよね? 見たらきっと「あ、知ってる!」となる方もいるかもしれません。

 

●これは欲しい!山中穂美ちゃんの作品「フクロウ」が可愛い♪

穂美ちゃんはコンテストのことを知り、イケア「お絵描きコーナー」で絵を描いてその場で応募したのだそうです。

なぜフクロウを描いたのかというと、「フクロウが飼いたいけど、飼えないから家に居たらいいな」と思ったからなんですって! その夢が見事叶い、自分の思い描いた「フクロウ」がソフトトイとして穂美ちゃんの元へやってきました。

また応募したIKEA神戸では、穂美ちゃんの授賞式が行われ、家族やお友達が出席したようですよ。

ストアマネジャーの方から記念のプレゼントとして渡された箱の中から、穂美ちゃんの作品フクロウの「フクちゃん」を目にするやいなや、穂美ちゃんは大喜び! まさに夢が現実になった瞬間ですね。

さらには大きな「フクちゃん」が登場! 穂美ちゃんはじめ、会場にいるみんながビックリしたそうです。

またフクちゃんはイケア公式のLINEスタンプにもなっています。知らぬ間に「使ってた!」という方の声が聞こえてきそうです♪

 

他の受賞作品は?「子どもの感性」が弾けたステキなものばかり♪

●くちばしと足がカラフルな「鳥/ブラック」

「この鳥は長くてにじ色のくちばしがあるオオハシ。私の絵がソフトトイになるなんてすごい! 図工の時間にみんなにじまんできます」と作者のソフィアちゃん。

 

●これぞ想像力!とくべつなパワーをもつ「モンスター」

「よく見るえいがに、とくべつなパワーを持つ角があるユニコーンが出てくるんだけど、その角がすき。だから、ソフトトイにもたくさん角を描いたんだ。でも、とがった角じゃないよ」と、作者のスーアくん。

この色合、デザイン、まさに子どもの感性が生かされた作品ですね♪

 

●飼い犬をモチーフにした「ユニコーンドッグ」

「角とにじ色のつばさがあるハッピーなダックスフントを描きました。私は犬が大すきで、チワワを飼っています。でも、お気に入りはこのダックスフント。空を飛べるんですもの」と、作者のミラちゃん。

自分がかわいがっているペットがソフトトイになるなんて、本当に夢のようですよね!

SAGOSKATT/サゴスカット限定コレクションは全世界で販売され、イケアはその売り上げを通じて子どもたちの権利を支援しています。今年度のSAGOSKATT/サゴスカットの日本での売り上げは、貧困問題の解決をはじめ、日本の子どもたちを支援するため、セーブ・ザ・チルドレンに寄付されます。

『LET’S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を』はまさに、子どもたちの遊びと成長を支援する活動であることをお伝えしてきました。冒頭でもお伝えしたとおり、今年も既にお絵描きコンテストは開催されており、応募期限は11月30日まで!

子どもにとっては自分の想像したものがカタチになる、そしてママにとっては愛するわが子の作品をカタチに残せるステキなイベントとなっています。

ぜひ、未来のデザイナー目指して応募してみて下さいね♪

※「ソフトトイお絵描きコンテスト2017」は、IKEA FAMILYメンバーの12歳以下のお子さまが対象です。IKEA FAMILYは入会金、年会費無料のイケアをもっと楽しめるメンバーシップクラブです。

 

【参考】

子どもの想像がカタチになる!『ソフトトイお絵描きコンテスト2017』の詳細はコチラ♪

Sponsored by イケア・ジャパン株式会社

LINEで送る