ママ大絶賛!『おやすみ、ロジャー』の朗読CDはさらにすごいって本当?

「夜、ママが疲れているのになかなか寝てくれず、気づいたら1時間以上経っていた。」

 “寝かしつけ”の苦労話が、皆さんにもきっとあるのではないでしょうか?

そんなママの悩みのタネを解決するべく“読むと子どもが10分で寝る”と噂の魔法の絵本『おやすみ、ロジャー』シリーズを体験したママたちによる座談会を実施しました。

特に気になるのは、最近話題の朗読CDの実力のほど。実際に寝かしつけで変化や効果はあったのでしょうか!?

 

【今回参加してくれたママたち】

Chika Kimさん(1歳半の男の子)
寝かしつけの際に悩んでいることはベッドに連れて行っても遊んでしまい、1時間ほど眠るスイッチが入ってくれないこと。『おやすみ、ロジャー』は寝かしつけに悩んでいた時に知って購入したそう!

Emikoさん(2歳の男の子)
寝るのが下手なのか、寝かしつけは赤ちゃんの頃から苦労している。『おやすみ、ロジャー』は出産祝いにいただいた絵本だったそう!

ほっぺちゃんママさん(2歳と、3ヶ月の女の子)
長女の寝かしつけに悩んでいた時に調べた結果『おやすみ、ロジャー』を購入。上の子には1時間ほど寝かしつけに使っている。

Ranamamaさん(2歳の女の子)
毎日30分~1時間ほど寝かしつけに時間を使っている。寝るのはいつもお風呂上がり30分後というライフスタイルになっており、“おやすみの合図”をママと一緒にしているそう。『おやすみ、ロジャー』は今回初めて体験♪

髙橋まりなさん(7歳の女の子、4歳の男の子、2歳の女の子)
お昼寝の時間によっては夜寝てくれない。「寝なさい!」と怒ってしまう時もあり、ちゃんとした寝かしつけはできていないのが悩み。『おやすみ、ロジャー』は今回初めて体験♪

 

ママの多くが悩んでいる?寝かしつけで困ったエピソードはありますか?

Emikoさん

毎晩、なかなか寝てくれない息子のために、絵本を数冊(3冊どころではなくたくさん)読んで寝かしつけをしています。暗い寝室に連れて行っても遊んでテンションが上がってしまい、す~っと寝てくれることはあまりないですね。

Chika Kimさん

私の場合も同じように寝室に連れて行ってもテンションが高く、寝てくれないことがありました。ママである私が一緒になって構ってしまうと余計に遊びたくなってしまうため“寝たふり”作戦など試したものの効果を感じず……。

ほっぺちゃんママさん

上の子の方が“イヤイヤ期”真っ最中! もともと苦労していた寝かしつけでストレスが溜まり、何か良い方法がないか常に探し求めていました!

 

今回参加した5名のママは、ご家庭によって寝かしつけ方法は様々でした。

毎晩電気を真っ暗にしている、寝る前にスキンシップを取って“寝るモード”にしている、オルゴールの音楽を流す……など工夫はしているものの、どの家庭でも1時間ほどかかっているということが分かりました。

特に“寝かしつけストレス”に悩んでいたChika Kimさん、Emikoさん、ほっぺちゃんママさんが購入をしたというのが、子どもが10分で寝るという噂の『おやすみ、ロジャー』という絵本でした。

なぜ寝かしつけに悩むママが買い求めるのか、その秘密に迫ります!

 

寝かしつけに悩むママが実感!『おやすみ、ロジャー』は魔法の絵本?

今回の座談会のテーマである寝かしつけに効果があるとされる絵本『おやすみ、ロジャー』を出版している飛鳥新社の矢島さんに、出版された背景と人気の秘密を伺いました!

矢島さん(飛鳥新社で働いているパパ社員さん)

『おやすみ、ロジャー』シリーズはナゼ人気なの?

矢島さん:『おやすみ、ロジャー』は世界中で「寝かしつけに効果がある」「子どもに読み聞かせると寝る」と話題になっている作品です。とにかく、眠らせる効果の高さが人気の理由です。

私自身、日本で出版される前にこの絵本の存在を知り、翻訳して読み聞かせたところ1時間かかっていた寝かしつけがなんと3分~5分に短縮しました。想像以上に効果を感じ、ぜひ日本語版を出版したいと思ったんです。

第2弾『おやすみ、エレン』も同じコンセプトですが、原作者が日本の読者を強く意識して、イラストをかわいくしてくれたのが最大のポイントですね。ロジャーに飽きてしまったお子様にはもちろん、別のお話になっているのでエレンから読んでも問題ありません。

 

ナゼ読むと眠くなるの? 

矢島さん:そのワケは、心理学に基づきリラックス効果がある内容になっているからです。

たとえば途中で登場する「ウトウトフクロウ」が教えてくれる体の力を抜くメソッドは、「自律訓練法」と呼ばれる医療の現場でも使われる方法です。

ほかにも“あくび”をしながら読むだとか、物語の最初から最後まで、自然に眠くなるような仕掛けが盛り込まれて作られた絵本なんですよ。

『おやすみ、ロジャー』には、このようなシンプルなようでとても重要な仕組みが隠されていたんですね。

しかし、たとえ寝かしつけの時間が短縮するとはいえ、家事に育児に忙しいママが毎日読み聞かせするのも大変ですよね。

そこで、もっとママの“寝かしつけストレス”が軽減するように、『おやすみ、ロジャー』から朗読CDが発売されることとなりました!

今回の座談会に参加してくれたママたちに、『おやすみ、ロジャー』の朗読CDを使った寝かしつけを1週間体験してもらい、感想を聞いてみました♪

 

気になる効果は?『おやすみ、ロジャー』朗読CDのココが良い!

―以前から絵本を使用していたママは効果を実感できた?




Chika Kimさん

ママの読み聞かせよりもプロの声優さんの声でゆっくりで強弱があり、聞いていてママもリラックスでき、眠くなってしまいました! いつもは絵本で落ち着かない息子も、遠くをじーっと見つめながら音に集中していました。(笑)




Emikoさん

絵本は出産祝いでプレゼントされてから使用していたのですが、CDはちょっと、ためらっていたんです。自分で読まずにCDを流すだけなんて、手抜きのような気がしてしまって……。

でも、このCDの方がずっと上手で風景も思い浮かんでくるのでぐっすり寝てくれるし、自分が読み聞かせする際のお手本にもなりますね。それから、旅行の際にスマホに朗読CDを保存して行ったら効果絶大でした!




ほっぺちゃんママさん

実は『おやすみ、ロジャー』の挿絵が怖いらしく、あまり好きではないのかあまり寝つきが良くなることがなかったんです。でも、CDは効果的でした。ママも一緒に寝ちゃう! でもCDは絵本ほど知られていませんよね? 絵本だけであきらめるのは、ちょっともったいないな~って思います。(笑)

 

―絵本も朗読CDも、初めて体験したママに効果はあった?ぶっちゃけどっちがいい!?




髙橋まりなさん

一番上の7歳の子はお話が終わるまで寝ませんでしたが、それでも入眠時間は短縮できました! 子どももよく眠れたという自覚症状があったようです。2歳、4歳の子はすぐ寝ました。

声優・水樹奈々さんのほぼ“吐息”のようなCDの音声に感化されて自分も同じように読み聞かせをしています。




Ranamamaさん

ズバリCDの方が良いと思いました(笑)。うちの子は絵本だとどうしても絵を見て興奮してしまうんです。そもそも真っ暗で静かじゃないと眠れないので、読むのに明かりをつけないといけない時点でアウト。

でもCDなら、薄暗くしたお部屋で布団をかけて聴くだけで静かになったので助かりました♪  眠気に誘うような声のトーンなので、自然と眠たくなり良かったです。

なんと、ママ5名の全員が「効果があって良かった!」と感じ、大絶賛のこの朗読CDは、絵本よりも手軽に、そして水樹奈々さん・中村悠一さんという人気声優が心地よい声で眠りへ誘ってくれます。

絵本のロジャーを愛用していても、ママに読む元気がない疲れた夜や、自分もぐっすり眠りたい夜に活躍してくれそう。なお、「CDプレーヤーがない……」という方には、ダウンロード版もあるのでご安心を。

第2弾の『おやすみ、エレン』も大人気!

イラストのタッチはロジャーより少しやわらかく、可愛い雰囲気なので小さなお子様にもオススメですよ。座談会でも、「エレンがお気に入りになりました」(高橋まりなさん)という声もあがりました。

いかがでしたか?

ぜひ、『おやすみ、ロジャー』と朗読CD、『おやすみ、エレン』を使って、毎日の“寝かしつけストレス”から解放されましょう!

【参考】
人気声優の声でリラックス♡『おやすみ、ロジャー』朗読CDのご購入はコチラ

試聴やエレンの情報も!『おやすみ、ロジャー』シリーズの詳細はコチラ

 

Sponsored by 飛鳥新社

LINEで送る