寒くなったら要注意!知っておきたい「子どもの冬の事故対策」4つ

source:https://www.shutterstock.com/

冬は暖房器具を使うことが多く、赤ちゃんの“やけど”などの事故が増える時期です。

また、内閣府の統計を見ると、12月は交通事故が一番多くなっており、室内外ともに注意が必要です(※1

そこで今回は教育コンサルタントで自身も2児のママである筆者が、どんなことに気をつけたらいいのか、赤ちゃんや子どもに多い“冬の事故”についてご紹介します。

1:ストーブやヒーターでの「やけど」

赤ちゃんや子どもは好奇心旺盛です。暖かい空気が出たり、炎が燃えている暖房器具に興味を示し手を伸ばします。ストーブ、ヒーターなどの暖房器具によるやけどには、注意が必要です。

特に寝返りのできない赤ちゃんは、ホットカーペットや床暖房でも“低温やけど”を起こす危険があります。熱いお茶・ポットなどによるやけども発生してしまうそうです。

やけどを防ぐためには、次のような工夫が効果的です。

・ストーブやヒーターに安全柵をする
・お湯の入ったやかんをストーブ上に置かない
・熱いお茶やコーヒーカップをテーブルの上に置かない(飲ませるときも冷ましてから)
・カーペットや床暖房の上で寝かせない
・エアコンなどやけどしない暖房器具を積極的に使用する    等

 

2:送り迎えも要注意!「交通事故」

source:https://www.shutterstock.com/

車や自転車、歩行すべてにおいて事故の可能性があります。筆者は自転車を多用しますが、つい先日ハッとしたことがありました。

夜道で自転車に乗っていた時、前方に大人が見えたので避けようとしたら仰天! 大人の右側に小さな子どももいたのです。

慌てて大きくハンドルをきりましたが、ライトを点灯していたのにほとんど見えないことに怖さを感じました。

12月に事故が多いのは、次のような理由があげられます。(※2 第1-26図)

(1)日没が早い

薄暗くなると視界が悪くなるので、ドライバーから歩行者の発見が遅れたり、車までの距離が測りにくくなります。

 

(2)路面の凍結

気温が低い日の朝は、雪が降っていなくても道路が凍結することがあります。

日陰や道路の白線は凍結すると溶けにくく滑りやすくなります。車や二輪車のスリップ事故に巻き込まれるリスクもあります。

 

(3)積雪で音が聞こえにくい

雪は音を吸収しやすいので、車が近づく音が聞こえにくくなるそうです。

 

(4)年末に向けて車や人の移動が増える

1年の終わりで子どもは冬休みに入り、大人も仕事納めになります。年末年始で心理的にも慌ただしくなり注意が必要です。

交通事故を防ぐには、次の行動を心がけましょう。

・時間に余裕をもって行動する
・車が見えたときは横断せずに行き過ぎるのを待つ
・外に出るときはリフレクター(反射板)を身につける
・寒い日の朝や雪が降った日は、滑りやすい場所に注意する

 

3:転倒に気をつけて!「雪遊びの事故」

冬の寒い日には、雪がふることもありますよね。

雪道は滑りやすく、転倒が多くなります。つい雪遊びに夢中になり、歩行者が車との接触事故を起こすことも。

雪遊びに出かける際は、スキーや“そり”などを体験させたいものですが、子どもの年齢と体力に合った遊びを楽しませると良いです。無理なチャレンジは骨折や重大事故につながりかねません。

雪の事故を防ぐには、雪道では遊ばせない、クッション性の高い帽子・手袋・衣服を身に着けると安心です。

 

4:赤ちゃんの近くに置かないで!「灯油やもちの誤飲」

ご家庭で“灯油”を利用する場合は、子どもが誤飲しないように手の届かない場所に保管しましょう。

万一に備えて、灯油が触れるフタ類やポンプは、指さし確認をして片づける、飛び散った灯油は少量でも丁寧に拭き取ることが大事です。

灯油の誤飲は重大な“中毒症状”を引き起こします。誤飲したときは、吐かせずに、すぐに医療機関を受診してください。(※3

また誤飲とは違う話ですが、年末年始に食することが多い“もち”は喉につまりやすいので、意識して小さくカットして与えましょう。

 

いかがでしたか? 

子どもの事故は、大人が注意を払い対策をすることで防げることが多くあります。

子どもが事故にあわないよう、安全な環境づくりを意識したいですね。

 

【参考】
1 「平成26年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況」内閣府
2 「冬に起こりやすい事故から子どもを守る」子どもの危険回避研究所
3 「保健師・薬剤師・看護師向け中毒情報」公益財団法人日本中毒情報センター
※ Maksym_Tarasyuk、CokaPoka / Shutterstock

【関連記事】

「ヒヤリハット」は日常に潜んでいる…!? おすすめ記事ランキング

1:ヒヤリハット!子どもが「事故に巻き込まれやすい」瞬間はいつ?

2:えっ、停車中に転落!? チャイルドシートにまつわる事故エピソード

3:【年間177件】保育施設で起こる重大事故…「問われる責任」とは?

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 元モー娘。の後藤真希イチオシ!美味しくて簡単な「産後ダイエット」とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る