合格する子、しない子の差は?小学校受験で大切なポイント3つ

source:https://www.shutterstock.com/

子どもたちの受験をサポートする現場にいると、子どもたちは一人ひとり、考え方や得意な部分、自分の力の伸ばし方が全く異なることを実感させられる反面、成功者の“共通点”も見えてきます。

そこで今回は筆者の塾講師として沢山の子ども達をみてきた経験を元に、“小学校受験で合格する子どもたちの共通点”をご紹介します。

一番大事!「自己肯定感の強さ」

自己肯定感とは、目の前の壁に対し「自分なら、きっと乗り越えることができる」と感じること。

これは様々なことに挑戦して経験を積み、力を伸ばしていくために欠かせない力です。

この力が飛び抜けて高い子は、自分でどんどん未来を切り開いていきます。

そういえば、そのような子どもたちのお母さんにお話を聞くと、何かができたときに「頑張って練習したからできるようになったね!」「〇〇ちゃんが諦めなかったからだね!」と、その子の“成功へのプロセス”を言葉にして伝えるようにしている、と言う方が多いです。

行動することでできるようになった経験をたっぷりと積み、自分ならそうやって練習すれば何でもできるようになると確信している子は、目の前に困難が立ちはだかっても「やってみよう」「どうすればできるようになるかな?」とちょっとやそっとでは諦めず前向きに取り組みます。

 

壁にぶつかっても諦めない「やり抜く意思」

source:https://www.shutterstock.com/

ちょっとやってみて、できないかもと思ったらすぐに諦める……。

そういう“癖”のようなものが染み付いてしまうと、どんなことも途中で投げ出してしまいます。

何かを成し遂げる子は、こちらが驚くほどの集中力や、諦めない心をもっています。

失敗するかもしれません。でも、自分がやりたいと思ったことに「できるようになりたい!」と思ったことに、まずは挑戦してみることが大切です。

そして最後までやり抜くことを応援してあげましょう。

そういう姿勢は、将来、受験に限らず“大きなことを達成する子”に共通すると筆者は思います。

 

何事も吸収する「素直さ」

受験のように、ルールや評価ポイントが決まっている場で戦いに勝つためには、自分自身をその環境に合わせることも重要です。

マナーや言葉遣い、身だしなみ、学習……。全ての分野に素直に飛び込み、教えを吸収できる子は、驚くほど早く力を伸ばしていきます。

何事も吸収する素直さも、大切な要素の1つと言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

これらの力は、ご家庭での生活環境が生み出すことが多いように感じます。

どんな小さなことでも子どもに挑戦させて、その過程を認めたり、アドバイスをしたり、そうやって学び取り、できるようになったことを一つひとつ褒める。

そんな周りの大人たちの対応が、その子の力を伸ばします。

くじけそうなとき、諦めそうなとき、自信をなくしたとき……そんな時の私たち大人の声かけやサポートが、こういった力を高めるかどうかの分岐点かもしれませんね。

 

【画像】
※ vectorfusionart / Shutterstock

【関連記事】

小学校入学前のお子様のママにオススメ!人気記事はこちら▼

※ ママ、それ言っちゃダメ!「入学前のNGフレーズ」3選

※ 国語力は小学校入学前に決まる?子どもの「聴く力」を育む3つの方法

※ 小学校入学前の親は気を付けて!よくある「危険な勘違い」3つ

※ ママはストレスだらけ?産後悩みがちな「育児あるある」とその解決策[PR]

※ 元モー娘。の後藤真希イチオシ!美味しくて簡単な「産後ダイエット」とは[PR]

※ 脳は3歳までに80%完成!? 脳を育てるレッスンとは[PR]

LINEで送る