50%の共働きママが悩む!平日の掃除「楽テクニック&お助けアイテム」

掃除
Photo by Author

子どもが生まれて1年が経つと復職するママも多いと思います。

保育園だけ確保出来れば大丈夫! と思っていたのも束の間、実際復帰してみると仕事と育児の両立に悩まされているママも多いのではないでしょうか。

筆者も今年の春に復職したのですが毎日時間に追われる日々で、特に平日は子どもの世話と自分の仕事でいっぱいいっぱいになってしまい、家事を疎かにしてしまっていました。

今回はそんなママのための「平日の家事」を解消する方法について経験を元にお話させていただきます。

たくママ

 

ワーママの50.9%は「平日の掃除」に時間が足りないと感じている

パナソニックが30~40代の既婚男女2,742人を対象に“夫婦の家事分担”に関する調査を行ったところ、下記のような結果になったそうです。

かける時間の少なさを感じる家事(共働き妻 回答)

・平日の掃除:50.9%
・平日の夕食の用意:38.0%
・平日の朝食の用意:23.5%
・休日の掃除:23.2%

共働き妻が望む夫との家事分担の割合 理想と現実(子あり)

・実際 自分(妻)の負担:83%
・実際 夫の負担:17%
・理想 自分(妻)の負担:67.4%
・理想 夫の負担:32.6%

30・40代夫婦のライフスタイル調査(※1)

上記の結果から多くのママが「平日の家事」に時間をかけれていないという状況が分かります。

また夫への家事の援助に関しても、理想より約15.6%も多くママが負担しており家事の負担に不満があるということも分かりました(※1)

けれど実際夫に援助してほしくても「仕事が忙しい」といい、なかなか家事を助けてもらえないこともありますよね?

そこで、平日の家事についてパパに援助してもらう方法をご紹介します。

 

パパが出来ることは!? 平日のパパが担当出来る家事リスト

パパ
Photo by Author

筆者はパパが平日に出来る家事リストをあげて、実践してもらいました。

(1)ゴミ出し

頼んだ当初は、今日が何ゴミの日か忘れていたり、そもそもゴミを出し忘れてしまうということが発生しました。

そこで筆者はその日出すゴミをまとめて玄関に置き、パパが出社する際にゴミ捨て場に持っていってもらうということをお願いしました。

ママは外に出しに行く時間を他のことに使い、パパはご近所の方とコミュニケーションをとる機会を作ることが出来ましたよ。

 

(2)買い出しの補佐

筆者は週末に家族で1週間分の食材や日用品を購入しているのですが、平日に突発的に足りないものが発生します。

仕事後に子どもを連れて買い出しをしていると、その後のスケジュールがずれて息子の就寝時間が遅くなってしまうので、追加の買い出しをパパにメッセージを送り買ってきてもらっています。

たまに買い忘れてしまうこともありますが、ママの“タイムロス”を無くし、平日のタイムスケジュールも守ることが出来ました。

 

(3)ママと一緒に行う家事を増やす

食器洗いや洗濯などをお願いしたところ、汚れが残っていたり服がしわだらけになっていたり、想定していた結果にならないことがありました。

そこで筆者は夫婦で一緒に家事を行ってみたところ、間違っている箇所を見つけたら訂正も出来、一緒に行っている間会話も増えるので“コミュニケーション方法”としてとても良かったです。

このような取り組みをしてみても、なかなか筆者の負担は減りませんでした。次項ではパパに頼らずに家事を済ませるお助け家電をご紹介します!

LINEで送る