わがままっ子に効果的!? 「しつけより優先すべき」たった1つのコトって?

source:https://www.shutterstock.com/

お菓子売り場で「欲しい!」と床に転がって泣きわめく。お友達の家の玄関で「帰りたくない!」と大暴れ。お友達が遊ぶオモチャを奪ったので「返しなさい」と声をかけたらキレてママを叩く……。

「こんなわがまま許せない! もっとしっかり“しつけ”ないと!」

ママも肩をいからせ「やめなさい!」と叱りつけようものなら、子どもの感情もますます大爆発!

……では、どうしたらママの想いが子どもに届くのでしょう?

この記事では、18年間様々な立場から教育に携わる筆者が、米国でベストセラーとなった小児精神科医ダン・シーゲル氏の『しつけ』についての著書(※)をもとに、より効果的な“しつけ”についてお伝えしたいと思います!

長岡真意子

「しつけ」とは「教え・学ぶ」こと

英語では「しつけ」を「ディッシプリン(discipline)」といいます。

この「ディッシプリン」とは、元々ラテン語の「ディッシプリーナ(disciplina)」を語源とし、「教え・学ぶ」という意味があるそうです。

していいこと・よくないことをまだよく分かっていない子どもに、より人生経験のある大人が“教え”、子どもは“学ぶ”という意味があるのですね。

 

感情が高まっている時に「教え・学ぶ」ことは難しい?

それでも、小児精神科医ダン・シーゲル氏によると、

もし、子どもも大人も感情が高まり興奮状態にあるとするなら、人間の脳の性質から、教え・学ぶことは難しい

といいます。

なぜなら興奮状態にある脳とは、思考や想像や記憶などのより複雑な機能を司る「大脳皮質」よりも、情動や衝動や反射などのより原始的な機能を司る「大脳辺縁系」が活性化された状態にあるためというのです。

こうして“考え、想像し、記憶する”といったことがうまく機能しないところへ、してよいこと・よくないことをママがいくら叫んでも、子どもの頭にも心にも届かず、長い目で見ても身につくことはないというわけです。

ですから、「しつけないと!」と思ったらまず確認したいのは、ママも子どもも、落ち着いて“教え・学ぶ”状態にあるか? ということ。

親子で気持ちが落ち着いたら初めて、「しつけ=教え・学ぶ」を効果的に実行することができます。

 

ママと「コネクトする」ことが大事!具体的な方法4つ

source:https://www.shutterstock.com/

子どもの感情を落ち着けるために最も有効な方法が、ママと“コネクトする(つながる)”ことといいます。その具体的な方法をみてみましょう。

(公共の場で長い間大声で泣きわめなくなど、周りに迷惑をかけるような場合は、まずは、できるだけ落ち着いて接することのできる場に移動します。)

 

(1)温もりのあるコミュニケーションを心がける

目の高さをその子と同じかより低くします。

目を見てうなずき、抱っこして背中をなぜたりトントンしたりとスキンシップをとります。

 

(2)気持ちを受け止める

好ましくない行動を受け入れる必要はありません。

それでも「あのオモチャで遊びたかったのね」と、その子の気持ちを認め、受け止めてあげましょう。

 

(3)話すのを止め、聴く

子どもの感情が爆発している時には、説明したり、説教しても全く効果はありません。その子が発する言葉に耳を傾けてみます。

 

(4)「聴いているよ」と示す

「あのお菓子、お友達の家で食べて美味しかったからもう一度食べたかったのね」など、子どもが「聞いてもらえた」と感じるよう、繰り返してあげましょう。

こうしたことを繰り返すうちに、子どもの気持ちは、落ち着いていきます。

ママも子どもも気持ちが落ち着いたら「しつけ=教え・学ぶ」です。例えば、以下のように話し合ってみましょう。

●例1

「お店に入る前に買うと決めたもの以外は、買わないでおこうね。あのお菓子、今度買い物に行ったときに、来週末ドライブするときのスナックに買おうか」

●例2

「遊びたいオモチャで遊べなくて悲しかったね。じゃあ、遊んでいたところで取られちゃったお友達は、どんな気持ちになったかな? 今度、他の子が遊んでいるオモチャが欲しくなったらどうしたらいいと思う?」

このように、大好きなママと“コネクト”し、気持ちが落ち着いたならば、こうして想像し、覚えておくことができるようになります。

 

いかがでしたか?

「しつけなければ!」と思ったら、どうしたら「教え・学ぶ」ことができるかと立ち止まり、まずは親子で落ち着くこと。

実践していきたいですね。

 

【参考・画像】
(※)『No Drama Discipline: the whole-brain way to calm the chaos and nurture your child’s developing mind(邦訳『子どもの脳を伸ばす「しつけ」 ~怒る前に何をするか–「考える子」が育つ親の行動パターン~ 』 by Daniel J. Siegel and Tina Payne Bryson 
※ NadyaEugene、 Paul Biryukov / Shutterstock

【関連記事】

「子どものしつけ」にまつわる人気記事をピックアップ!

※ 2歳までのボキャブラリーが将来の「学歴、収入」を左右しやすいことが判明

※ 将来の年収アップにも!子どもがぐんぐん伸びる「ご褒美のあげ方」

※ いじめっ子はお金持ちになれない!? 「いじめはダメ!」を教えられる幼児向け絵本3つ

※ 諦めないで!ゴマキもオススメの「産後ダイエット」とは[PR]

※ 新生児でも安心!平らな「ベッド型チャイルドシート」の魅力[PR]

LINEで送る