これだけは知っておいて!【渋谷区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)

source:http://www.shutterstock.com/

日本で最も人口が多く、たくさんのママが住んでいる東京都。

そんな東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズで、前回は豊島区をご紹介しました!

今回は若者の多いイメージのある、渋谷区のご紹介です。

渋谷区というと、渋谷・恵比寿・原宿などのショッピングの街という印象が強いですよね。

あまり子育てのイメージがないかもしれませんが、実は代々木公園などの緑の多い公園があるので子どもが遊ぶ場所はあるんですよ。そして「松濤」などの憧れの“高級住宅街”もあります!

そこで今日はオシャレスポットの多い、渋谷区の子育ての支援制度についてお伝えします。

 

渋谷区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

source:https://www.city.shibuya.tokyo.jp/

区のホームページって開いてみると、色々と書いてあるけど、どこを見たら良いのかよく分からないってことありませんか?

渋谷区の場合は区のホームページの「子ども・教育」ページをチェックしてみてください。

 

妊娠が分かったら早めに窓口に申請へ行こう!

病院で妊娠が確実に分かったら、早めに区の窓口に申請に行きましょう。

・区役所仮庁舎第一庁舎東棟1階住民戸籍課窓口
出張所
・区民サービスセンター
・区役所仮庁舎第三庁舎1階母子保健・産前産後ケアセンター(渋谷区保健所)
・恵比寿保健相談所
・幡ヶ谷保健相談所

こちらの窓口に行けば母子手帳と妊婦健康診査受診票が入った「母と子の保健バッグ」がもらえます。

マイナンバーを記入する必要があるようなので、詳しくは区のホームページの「妊娠届」ページでご確認ください。

 

国・東京都の超ベーシック助成制度4つ&渋谷区の助成内容

出産・子育てサポートの各種制度は国・都道府県・市区町村とそれぞれのメニューがあり、何がなんだかわからなくなってしまうことがありますよね。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、渋谷区でのサービス内容を以下に記載していきます。

具体的には、(1)妊婦健康診査、(2)子ども医療費助成、(3)認証保育所保育料・区補助対象保育室等の助成、(4)私立幼稚園保育料などの補助、の4つについて触れていきます。

それぞれ助成を受けるための手続きが異なりますので、区ホームページの内容をしっかり確認してください。

 

(1)妊婦健康診査

その名の通り、妊婦健診などに要した費用の一部を負担してくれる制度です。

渋谷区では

・妊婦健康診査:14回
・妊婦超音波検査:1回
・妊婦子宮頸がん検診:1回

に対する助成制度が用意されています。

妊婦健康診査受診票等は都内契約医療機関で妊婦健診を受ける際に利用できるもので、妊婦健康診査に係る費用の一部を助成してくれます。(公費負担限度額を超えた部分の費用は自己負担となります。)

詳細は、区のホームページ「健診」ページでチェックしましょう。

 

(2)子ども医療費助成

中学3年生までの児童が医療機関等で診療を受けた時、保険診療の自己負担分を渋谷区が助成する制度です。(通院・入院・入院時の食事負担金)

東京都では0~6歳までの『マル乳(乳幼児医療費助成制度)』、と6~15歳までの『マル子(義務教育就学児医療費の助成)』に分かれています。

下記のような場合は後日領収書と共に区に助成申請をすることができます。

・入院時に食事療養費を支払ったとき

・都外の医療機関等で診療を受けたときや、乳幼児医療証及び子ども医療証の提示ができず、 健康保険適用の自己負担分の医療費を支払ったとき

・医療証を取り扱わない医療機関等で受診したとき

・東京都外の国民健康保険及び国民健康保険組合に加入している方

・何らかの事情で医療費全額(10割)を支払い、その後、加入している健康保険組合等から 療養費の支給を受けたとき(申請に必要な書類等はお問合せください。)

詳細は区ホームページ「子ども医療費助成」をご覧ください。

 

(3)認可外保育施設・認証保育所保育料の助成

また渋谷区では一定の基準を満たしている場合に、認証保育所・認可外保育施設の保育料の減額が適用されます。

認可外保育施設の場合は、

(1)東京都内の認可外保育施設であり、東京都に届け出を行っている施設
(2)認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が発行されている施設

に限って、また助成対象者の条件を満たしている場合には、月額で上限40,000円が助成されます。

詳しい条件などは区のホームページの「保育利用料の軽減制度」ページでご確認ください。

次に認証保育所の保育料の軽減についてです。

一定の条件を満たしている場合には、認証保育所の保育料と認可保育園に入園した場合の保育料との差額が助成されます。

世帯によって助成額は変わりますが、少なくとも25,000円の助成があります。(区内の認証保育所に通う場合は、契約時点で保育料が25,000円安くなります。)

また渋谷区は私立保育室に対しても助成があります。

認証保育所の場合と同様、保育室の保育料と認可保育園に⼊園した場合の保育料との差額が助成されるようです。

※軽減の対象となる認証保育所・保育室の保育料にはそれぞれ上限があります。上限額を超える分は軽減の対象にはなりません。

各助成の詳しい条件などは区のホームページの「保育利用料の軽減制度」ページでご確認ください。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

渋谷区では、幼稚園教育の振興と充実を図るため、通園している園児の保護者に、負担された入園料および保育料の補助をしています。

住民税額・兄弟の人数によって、助成額は変動しますが

・入園金 40,000円
・保育料(月額)12,000円~13,700円(限度額)
・就園奨励費(年額)62,200円~308,000円(限度額)

※所得制限があるため、住民税額によっては、保育料と就園奨励費のいずれか一方の補助金が支給対象外となる場合があります。

以上の保育料を負担してもらえます。

詳しくは区のホームページの「私立幼稚園」ページをご覧ください。

 

渋谷区ならではの、「ハッピーマザー助成金」

ここで渋谷区ならではの独自の制度をご紹介します。

出産時の経済的負担の軽減を図り、安心して出産ができるよう、出産した人にハッピーマザー出産助成金というものが支給されます。

妊娠12週を超えて(85日以上)出産し、出産日の3か月前から申請日現在まで継続して区内に住民登録があり、健康保険に加入している人が対象になるのですが、1人の出産につき最高で100,000円が支給されるんです!

経済的な不安から、出産の時期を遅らせる家庭もあるかと思いますが、このような助成があると妊娠・出産の後押しになるのではないでしょうか。

渋谷区近辺だと、出産一時金の420,000円で産める産院はほとんど無いでしょうし、妊婦健診にも意外と実費がかかっているので、100,000円の支給はかなり大きいと思います。

詳しくは区のホームページの「ハッピーマザー出産助成金」ページをご確認ください。

 

子育て支援情報は渋谷区公式LINEでチェック!

source:https://www.city.shibuya.tokyo.jp/

さらに渋谷区では、子育て支援に関する情報を公式渋谷区LINEで配信しています。

住んでいる地域や子どもの年齢等の登録すると、予防接種や検診のお知らせが届くのでぜひ活用してみてくださいね。

詳細は「LINE」のページをご確認ください。

 

いかがでしたか?

妊娠・出産・育児に関する助成金は、自治体によってかなり差があるので、もし引越しを検討されている方は事前に自治体のホームページで助成額など細かくチェックしておくことをおすすめします。

都会である渋谷区はやはり家賃も高めですが、渋谷区ならではのハッピーマザー助成金など、出産・子育てに力を注いでいる印象があります。

一見、若者の街のようで、実はファミリー世帯に優しい地域でもあることが分かりました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年11月6日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

【参考・画像】
※「子ども・教育」- 渋谷区ホームページ
※   Ivanko80 / Shutterstock

【関連記事】

大人気!? 東京23区の特集記事一覧はコチラ!

※ 2歳未満のママ必見!すくすくカード事業って何!?【板橋区】

※ 「ゆりかご・しんじゅく」という制度がスゴイ!? 【新宿区】

※ うわさの保活激戦区には便利なアプリがある!?【世田谷区】

※ 諦めないで!ゴマキもオススメの「産後ダイエット」とは[PR]

※ 新生児でも安心!平らな「ベッド型チャイルドシート」の魅力[PR]

LINEで送る