【妊娠後期】30分おきにトイレ…「臨月の頻尿」が起こる原因と対策とは

出典:https://www.shutterstock.com/

山あり谷ありの妊婦ライフも佳境に入る妊娠後期。

筆者も、3度の妊娠で様々なマイナートラブルを経験しましたが、共通して後期で少々ウンザリさせられてきたのが“頻尿問題”です。

今回は妊娠後期に起こる体の変化と頻尿について、筆者のエピソードと元助産師に聞いた原因と対策をご紹介します。

妊娠後期(臨月)の体の変化って?

体がお産の準備を始める“臨月”。

みぞおち辺りまであった子宮がだんだん下に下がってくるので、胃や心臓、肺への圧迫感が改善され、ムカムカ感が消えて食欲もアップ。1ヶ月前と比べると身体がラクに感じてきます。

しかし、子宮の下にある膀胱はこの時期さらに圧迫されるため、頻尿・尿漏れの症状は強くなる傾向に……。

 

30分おきに尿意が…頻尿で何度も途中下車!

出典:https://www.shutterstock.com/

筆者の妊娠は毎度頻尿との闘い(笑)というのも、第1子から第3子までの3人とも、35週前後まで逆子で、膀胱を蹴られまくってきました。

第1子の時は電車通勤中、たいした量も出ないのに排尿感が我慢できず、何度途中下車したことか……。

また、何か飲むと30分以内にはトイレに行きたくなることもしばしば。

第3子が妊娠38週に入った頃は逆子も直り、胎動も落ち着いてきたからか、日中は2〜3時時間に1回の排尿で済んでいましたが、夜中は決まって2〜3回ほどトイレのため目が覚めてしまい、まとまって寝られないのが少々つらい日々でした。

 

元助産師に聞いた!「頻尿が起こる理由と対策」

そんな、臨月の頻尿に関して、元助産師の杉本薫さんに“原因と対策”を聞いみました!

臨月の際に頻尿になるのは、子宮が大きくなっているのに加えて、お産に向けて赤ちゃんの頭が下がってきて、近くにある膀胱が圧迫されるためにおきます。

臨月の頻尿は生理的なものであるので、薬による治療法などはありません。

対策としては、体を冷やさないように気をつける、冷たい飲み物を避けて常温や温かい飲み物を摂るようにする、就寝前に水分を摂りすぎないようにする、利尿作用のあるカフェインが含まれる飲み物を避ける、などが挙げられます。

トイレに行くのを我慢するのは“膀胱炎”の原因にもなるのでやめましょう。無理をせず、医師や助産師に相談して下さいね。

 

いかがでしたか?

地味に辛い頻尿ですが、赤ちゃんとの対面はもうすぐそこ。一緒に乗り越えましょう!

 

【参考・画像】
※ 『初めての妊娠・出産 最新版 (たまひよ新・基本シリーズ)』 (2016) – ベネッセコーポレーション 
病気がみえる vol.10: 産科
※ antoniodiaz、Maxim Krivonos / Shutterstock

【関連記事】

【妊婦さんの基礎知識連載】#10 妊娠後期 9ヶ月 「胃の圧迫に頻尿…」知っておきたいトラブルいろいろ

5子のママが教える!「臨月ストレス」を解消する11の工夫

妊娠後期に起こりやすい「マイナートラブル」と腰痛改善ポーズ

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る