保活シーズン直前!夫婦でチェックすべき「保育園のポイント」7つ

出典:https://www.shutterstock.com

来年、2018年度4月の保育園一斉入所に向けた申し込みが始まりました。

特に初めて申し込む方は、各園の見学や説明会などで本格的に忙しくなる季節です。
 
2歳差の2人兄妹を育てている筆者も、長らく待機児童生活をしているひとり。

認可外保育園やインターナショナルスクールに通わせた経験もありますし、来年度は認可保育園に落ちた時の受け皿として私立幼稚園の内定を2つもらって準備しています。
 
今回は、そんな筆者自身の経験を踏まえ、保活で押さえておきたいポイントをご紹介します。

「待機児童問題」は改善する!? 最新の保活事情

昨年、流行語大賞トップ10に「保育園落ちた日本死ね」がノミネートされたことでも注目を浴びた待機児童問題ですが、抜本的な解決策はないまま……。
 
野村総研が2017年9月に発表したレポートによれば、厚生労働省が4月時点での待機児童数を2万6,081人とカウントしているのに対し、2017年4月から保育施設などの利用を希望したが入れなかった子どもは実際には全国で34万6,000人と推定されます。

しかし、少しずつではありますが、改善の兆しもあります。

来年度から幼稚園で長時間の”一時預かり”枠を新設し、2歳児を1日8時間程度預かることができるよう、文部科学省と内閣府が動いています。

また、保育士のこどもを優先して認可保育施設へ受け入れるよう、政府が全国の地方自治体に要請し、保育士不足の解消を目指す動きも出てきています。

 

 保活開始の前にこれだけは夫婦で確認を!ポイント4つ 

上記のように、政府も改善に向けて動き出してはいるものの、今まさに保活をしている私たちにとってすぐに効果があるわけではありません。

厳しい保活を始めるにあたって、事前に夫婦で話し合っておきたいポイントは以下の4つです。
 
(1)いつから(子どもの月齢)預けるのがベストなのか

もっとも入りやすい0歳児で入れるのか、4月の一斉入所を狙うのか、育休満了まで待つのかなど、各ご家庭でベストな保活のタイミングを見極めましょう。

例えば、すぐに第二子計画があるのであれば、無理に第一子で保活をせずに、兄妹加点を狙ってふたり同時に申し込むという手も。

 

 (2)何を優先して希望順位を決めるのか

筆者が住む名古屋市では第1〜第6希望まで保育園を書くことができます。

第1希望に書いておかないと絶対に入れない人気の園などもありますので、そういった情報を区役所で確認しておきましょう。

その上で、通いやすさや園庭の広さ、給食の内容等を調べ、希望順位を決めます。

筆者は保活の前に、通える範囲にある園をすべて主人と一緒に見てまわり、立地や施設の雰囲気、周辺の環境などを調べましたよ。

 

 (3)落ちたらどうするかを決めておく&実際に準備しておく

認可保育園は本当に“狭き門”です。

以前、保育園は落ちる前提で準備しておくべきと他の記事で述べましたが、2月頃に不承諾通知を受け取ってから認可外保育園を探し始めると、認可外ですらキャンセル待ちということもあります。

保活激戦区では、認可は無理という前提で最初から認可外専願で申し込むケースも多い様ですので、せめて認可外の見学だけでもしておく等、落ちた時の準備も並行して進めましょう。

 

(4)3歳児以上の場合、幼稚園も検討するかどうか

これも以前ご紹介しましたが、年少の年次であれば、保育園だけでなく私立幼稚園に通わせ、預かり保育を利用するという手もあります。

ぜひご夫婦で検討してみて下さい。 
 

見落とさないで! 保育園見学でのチェックポイント7つ

出典:https://www.shutterstock.com

見学の際、自分たちに合った園なのかどうかを判断する基準として最低限以下の項目をチェックしましょう。

(1)立地
通いやすさ、周辺環境、駐車場の有無

(2)施設
衛生面、安全対策、教室の広さ、掲示物や整理整頓の状況、園庭の広さ

(3)先生の雰囲気
身だしなみ、挨拶

(4)子どもたちの雰囲気

どんな子が通っているのか、お友達になれそうか

(5)給食
手作りかどうか、アレルギー対応

(6)保護者の参加度合い
PTA活動、平日の行事

(7)各園の特色
布おむつ、課外授業、防犯対策、災害対策等

チェックポイントと言っても、例えば(6)の保護者の参加度合いに関しては熱心にしてくれるメリットもある反面、ワーママにとってはあまりにも回数が多くなるとせっかく保育園に入れたのにかえって負担になってしまう…ということも。

各家庭のライフスタイルに合わせてチェックしていくことが重要ですね。

 

いかがでしたか?

これだけ騒がれている待機児童問題ですから、初めての保活は不安でいっぱいですよね。

万全の準備をして少しでも良い方向に進められる様、夫婦で協力していきましょう。

 

【参考・画像】
株式会社野村総合研究所ニュースリリース「保育サービスに関するアンケート調査」
※ spass , SpeedKingz / Shutterstock

【関連記事】

もうすぐ保活…チェックすべき人気記事はコチラ!

見学すら定員オーバー!? 「保活成功」のために絶対やるべきこととは?

「保育園落ちた日本死ね」が流行語に…。激戦区保活ポイント5つ

保活でママがやりがち!選考に影響しない「意味ナシNG行動」って?

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る