「ママべったりっ子」は何歳に多い?自立を促す3つのコツ

出典:https://shutterstock.com/

周囲の子どもを見ていて、ふと「うちの子、他の子よりママ(私)にべったりかも……」と気づくことはありませんか?

せっかく出かけても、ママにしがみついて離れないわが子に困ってしまうこともありますね。

そこで今回は教育コンサルタントで教育業界に10年以上携わっている筆者の経験を元に、“ママべったりっ子”と“自立する子”について説明します。

「ママべったりっ子」は何歳頃に多い?

子どもは、生後6ヶ月には親しい大人の分別ができるようになり、いつも一緒にいるママへの執着が始まると言われています。

その後6~9ヶ月あたりから人見知りや後追いが始まると、キッチンはもちろん、どこにでも付いてくるようになります。(※1 P88)

ママは一日中、子どもから付きまとわれてしまい、家事も進まず気も休まらずで大変に感じる頃です。保育園や幼稚園の玄関で大号泣され、なかなか離れられないということもあります……。

1歳を過ぎると「自分で!」という自立心が芽生えてきて(※1 P91)、幼稚園に入る3~4歳頃には園の先生から「自分でできることは自分でやりましょう」と促されるので、自立心が強くなっていきます。

つまり、ママから離れられない、べったりという状況は1歳前後から4歳前後までが多く、就学に向けて徐々に落ち着いてくるのが一般的と考えられます。

 

ママべったりは「男の子と女の子」で差があるの?

出典:https://shutterstock.com/

幼児期の自立とは、食事や排せつなど基本的な生活習慣が身についているという“身辺自立”と、ママがいなくても耐えられる(ママが戻ってくることを理解している)という“精神的自立”がメインとなります(※2 P1)

筆者の周りでは「男の子のほうがママにべったりだわ!」という話も聞きますが、男の子と女の子、どちらがべったりになりやすいかの学術的な統計はありません。

特に精神的な自立では、“ママが一度いなくなっても再び戻る”ということが分からず、不安で泣いてしまうものなのですが、“ママは戻ってくる”ことが理解できるようになると、徐々に自立していきます(※2 P2)。

大切なことは、子どものペースに添って、依存(甘え)と自立(できることをやらせる)させることで、無理に自立ばかりを促しては逆効果にもなります。

子どもが「自分でする!」と言ったことは積極的にさせる一方、「やって」と甘えてきた場合は、その時の子どもの気持ちをママが受けとめ、手助けする受容の姿勢も求められているのです。

 

ママべったり期の「自立を促すコツ」3つ

(1)チャレンジ精神をあおる

筆者が3歳の子どもにやっていることは「自分で靴下をはくのは難しいよね。年長さんでも大変なことだよ。○○ちゃん、できる?」という感じで、背伸びした言い回しでチャレンジ精神を盛り立てる促しです。

子どもの気分にもよりますが、「靴下はいて」と上から指示するよりも、やる気を出してがんばってくれます。簡単なお手伝いもオススメです。

 

(2)ママ以外の人と「待つ経験」をさせる

筆者の周りには母子分離をはじめ、上手に自立を促しているママ友がいます。

そのママは公園でママ友に30分だけ子どもを見ていてもらうという、自分のママ以外の人と待つ経験をさせていました。

その間に自分は買い物を済ませ、子どもが泣かずに待てたら「ちゃんと待てたね~。」と褒めてあげていましたよ。

もちろん、預かってもらうママとの関係性を踏まえて、事前に相談が必要ですが、子どもも自信がつくと思います。

 

(3)過干渉にならず、そっと見守る

児童館などで見かけるのですが、子どものやることなすことに「○○だね」「こっちは△△だね」と声を掛け、手出しをするママがいます。

子育てに一生懸命で素敵な反面、度が過ぎると子どもをレールの上に乗せてしまい、ママに言われたことしかできない子どもになる可能性があります。

危険がなければそっと見守ることも大事です。

 

いかがでしたか?

成長ペースの違いはあるにせよ、いつかは子どもが自立します。

“ママべったり期”は大変ですが、子どもの気持ちに寄り添いながら無理なく自立を促せると良いですね。

 

【参考・画像】
※1 <参考> 0歳児から2歳児の発達過程」 – 東京都教育委員会
※2 「幼児の自立としつけについての親の意識」佐々木宏之『明星論叢 第57号』新潟中央短期大学
※ 9nong、George Rudy / Shutterstock

【関連記事】

ママっ子それともパパっ子…? 子どもの育て方・しつけの人気記事はコチラ!

【2歳】パパとの絆が重要?「パパっ子」になりやすい育て方

あなたの子どもはどっち?子どもが「パパっ子」に育つ家庭の特徴3つ

パパよ、いじけるな!「ママがいい!」発言の神フォロー3つ

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る