これだけは知っておいて!【新宿区】の子育て支援おトク制度まとめ(超基礎編)

出典:https://www.shutterstock.com

日本で最も人口が多く、たくさんのママが住んでいる東京都。

そんな東京23区の子育て支援情報を紹介するシリーズで、前回は「品川区」をご紹介しました!

今回は、ショッピングはもちろん周辺には学校も多く、しかもどこへ行くにも電車・バスなどの路線が豊富で、毎日たくさんの人が集まる街、新宿区をご紹介します!

あまり子育てをするような街というイメージはありませんが、実は他の自治体にはないような子育て世帯を応援してくれる助成制度があるんですよ。

今日は新宿区の子育てに関する助成金について詳しくお伝えします。

新宿区の妊娠・出産・子育てに関する情報はここを見れば全て解決!

出典:https://www.city.shinjuku.lg.jp/index.html

区のホームページって開いてみると、色々と書いてあるけど、どこを見たら良いのかよく分からないってことありませんか?

新宿区の場合は区のホームページの「妊娠・出産」「子育て・教育」ページをチェックすれば、全ての情報が得られますよ。

 

「ゆりかご・しんじゅく」という制度がスゴイ!

出典:https://www.city.shinjuku.lg.jp/

妊娠期から子育て期まで安心して過ごせるよう、妊婦の方を対象として、お近くの保健センターで保健師などの専門職が面談を行う「出産・子育て応援事業(ゆりかご・しんじゅく)」を実施しています。

専門職と面談された妊婦の方には、後日、妊娠・出産・子育てを応援する品(ゆりかご応援ギフト1万円相当)をお送りします。

初めての妊娠の場合、どんなものから購入していけば良いのか全く分からないので、少しでもいただけるのであれば、とても助かりますね。

 

国・東京都の「超ベーシック助成制度」4つ&新宿区の助成内容

出産・子育てサポートの各種制度は国・都道府県・市区町村とそれぞれのメニューがあり、何がなんだかわからなくなってしまうことがありますよね。

今回は“超基礎編”ですので、国・東京都が定めた代表的なサポート制度の概要と、新宿区でのサービス内容を以下に記載していきます。

具体的には、(1)妊婦健康診査、(2)子ども医療費助成、(3)認可外保育施設の保育料補助、(4)私立幼稚園保育料などの補助、の4つについて触れていきます。

それぞれ助成を受けるための手続きが異なりますので、区ホームページの内容をしっかり確認してください。

 

(1)妊婦健康診査

その名の通り、妊婦健診などに要した費用の一部を負担してくれる制度です。

新宿区では

・妊婦健康診査受診票(14枚)
・超音波検査受診票(3枚)
・妊婦子宮頸がん検診受診票(1枚)

に対する助成制度が用意されています。

妊婦健康診査受診票等は都内契約医療機関で妊婦健診を受ける際に利用できるもので、妊婦健康診査に係る費用の一部を助成してくれます。(公費負担限度額を超えた部分の費用は自己負担となります。)

超音波健診受診票の配布は1枚という自治体が多い中、新宿区は3枚も助成があるので、かなり妊婦健診にかかる金額が安くなるはずです。これは嬉しいポイントですね。

詳細は、区のホームページ「妊婦健康診査のページ」でチェックしましょう。

 

(2)子ども医療費助成

15歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童が医療機関等で診療を受けた時、保険診療の自己負担分を新宿区が助成する制度です。(通院・入院・入院時の食事負担金)

東京都では6歳に達する日以後の最初の3月31日までの『マル乳(乳幼児医療費助成制度)』、と6歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの『マル子(義務教育就学児医療費の助成)』に分かれています。

下記のような場合は後日領収書と共に区に助成申請をすることができます。

・入院時に食事療養費を支払ったとき

・都外の医療機関等で診療を受けたときや、乳幼児医療証及び子ども医療証の提示ができず、 健康保険適用の自己負担分の医療費を支払ったとき

・医療証を取り扱わない医療機関等で受診したとき

・東京都外の国民健康保険及び国民健康保険組合に加入している方

・何らかの事情で医療費全額(10割)を支払い、その後、加入している健康保険組合等から 療養費の支給を受けたとき(申請に必要な書類等はお問合せください。)

詳細は区ホームページ「子ども医療費助成」をご覧ください。

 

(3)認証保育所保育料・認可外保育施設保育料の助成

新宿区では、認可保育園等の0歳児~2歳児クラスへの入園が不承諾となったお子さんが入園を待機する間、認可外保育施設(対象施設要件あり)を利用する際の保育料の一部助成を平成29年度から新たに開始しています(平成31年度までの予定)。

対象施設は、認可外保育施設指導監督基準を満たし、その旨の証明を東京都から発行されている施設です。

助成金額は月額4万円(現に支払っている保育料を上限とします。)ですが、住民税額(区市町村民税所得割課税額)の父母合計額が54万円以上であれば助成対象にならないなど、制限がありますので、詳しくは区のホームページの「認可外保育施設の保育料助成のご案内」のページをご確認ください。

また新宿区の認証保育所に対する助成額は下記の通りです。

(1)一部助成…月額4万円

年齢にかかわらず一律の金額です(現に支払っている保育料を上限とします。)

(2)全額助成…月額基本保育料の全額(入園料、延長保育料等を除く)

多子世帯やひとり親世帯等のうち、一定の要件を満たした世帯に対しては、月額基本保育料の全額を助成

詳しくは、「平成29年度認証保育所の保育料助成について(ご案内)」の4ページ表1でご確認ください。

また新宿区には都庁を始め、オフィスがたくさんあることが特徴ですがその地域性からか、事業所内保育施設というものがあります。

事業所内保育施設の利用種類としては、『地域枠』と『従業員枠』の2種類があり、新宿区では、『地域枠』の入園申込みを受付けます。

・キッズパオ防衛省市ヶ谷保育園

・とちょう保育園

・もみの樹園事業所内保育所

こちらの保育所は、地域枠で申し込む場合は通常の認可保育園と同じような申込みが可能で、また事業所で働く従業員は直接事業所に申込みをすることができるようです。

詳しくは区ホームページ「事業所内保育施設のご案内」をご確認ください。

 

(4)私立幼稚園保育料などの補助

新宿区の私立幼稚園の補助金は下記の通りです。

・入園料に対する補助金…80,000円を限度(所得制限なし)※ただし、当該年度に園へ納めた入園料の額まで。

・就園奨励費補助金…年額最大308,000円(特別区民税額、兄・姉の人数などで変動)

・保育料補助金…年額最大254,400円(特別区民税額、兄・姉の人数などで変動)

詳しくは区ホームページの「私立幼稚園等補助について」というページをご覧ください。

 

 

また、妊娠・出産・育児に関する助成金は、自治体によってかなり差があるので、もし引越しを検討されている方は事前に自治体のホームページで助成額など細かくチェックしておくことをおすすめします。

 

いかがでしたか?

子どもが産まれたり、兄弟が増えると共に部屋の広さが必要になってきて誰もが引越しを考えると思いますが、引っ越しには多額のお金が必要になり、広い部屋に移り住むには必ず家賃も上がります。

また、その点で金銭的な不安を抱え、なかなか妊娠や2人目に踏み切ることができないママも少なくないかもしれません。

このような新宿区の助成は、何かとお金がかかる都会での出産・子育てを応援してくれるものであり、区内に住み続けたいという大きな要因になるものですね。

※本記事で掲載する情報は、すべて2017年9月29日時点のものです。制度内容が今後変更される可能性もあるため、しっかりと自治体ホームページの最新情報を確認してください。

 

【参考・画像】
※ 妊娠・出産 – 新宿区公式ホームページ
※ 子育て・教育 – 新宿区公式ホームページ
※  wavebreakmedia  / Shutterstock

【関連記事】

大人気!? 東京23区の特集記事一覧はコチラ!

うわさの保活激戦区には便利なアプリがある!?【世田谷区】

オシャレスポットも多い人気エリアの助成金制度がスゴイ!?【目黒区】

産後ケアサービスや保育サービスが充実!教育制度も注目!?【品川区】

※ 驚き!育児参加「0時間」パパの心境の変化とは…!?[PR]

※ 愛され続け40年!パンパース史上最高※品質のオムツが登場![PR]

LINEで送る